2010年11月12日

ウサギ、爪が折れて流血。。。

 
昨晩の話です。
ついに、我が家でも起こっちゃいました。。。


ケージの脇で、毛布のお齧りを始めたヤンチャなうー。
やれやれ…と思いながら近づいたら、
ビックリして、ダンッと激しく床を蹴って逃げてった。

「うわ、スゴイ音がしたけど大丈夫?」
トイレでガタッとなってたから、怪我してなきゃいいけど。
そう思っていたのに、布団とかに血が付いてて、、、

はいっ!?(@@;

ってなりました。
足か?口か?けっこう血が…。

言い聞かせても、おとなしく見せてくんないので、
試しにティッシュを噛んでもらいました。
食われる前に引っ張ったら、前足でキックくらったし(TT
ティッシュには血がつかなかったので、
やっぱり足。っていうか爪の疑い。。。

気にして観察していると、右前足をやたらと舐めてる。
内側の爪っぽいので、見たくてもよく見れないやぁ。
どーしたもんかと考えた末、仕事帰りにブマコフに寄ってもらい、
うーを押さえてもらいました。

良く見ると、爪がバッキリ折れちゃってて…。
爪が折れて流血してても、
走り回ったり、ホリホリしたりするんだもん。
どんだけ我慢強いの!?って思っちゃう。
ニンゲンなんか、ちょっと深爪しただけでも、
痛くてくじけてしまうってのにねぇ(^_^;

爪折れ1.jpg

良く考えたら、すぐにケージに返すべきだった〜!(-_-;

慌てて携帯で撮った画像で参考にならんけど、
こんな感じで流血しっぱなしで…。

爪折れ2.jpg


爪が折れて流血!な事件の話は、
以前に他のブログで見たことがあるので、
慌てずに対処が出来ました。
こーゆー情報を載せて下さったコトに感謝です。


そして、爪切り失敗の時に備えておいた止血剤。
いよいよ役に立つ時が来てしまいましたでよ。

爪折れ3.jpg


痛いかもしれないけれど、
止血剤(黄色い粉)を適量まぶして、軽く押さえました。
すると、みるみるうちに爪が黒くなっていきました。

爪折れ4.jpg


折れた爪を探してみると、絨毯に落ちてました。
見事に半分くらいから折れちゃってる〜。
爪が長くなってくると、折れるコトが多くなるようです。
可哀想なコトをしちゃいました(>_<)

爪折れ5.jpg


オマケ。中はポッカリ空洞です。。。

爪折れ6.jpg


反省な出来事でした。
皆さんもお気を付け下さい。。。(TT
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
posted by Misuzu at 19:43| 埼玉 ☀| Comment(11) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ためしに一晩、自由放牧っ

 
昨日の晩、、、
うーちゃんの様子がいつもと違いました。

いつもなら、ケージから出てきて走り回る子なのに、
なんだか動きがおとなしい。

いつも完食するペレットを、なぜか食べ残す。

ぜんぜん横向きには寝転がらず、
お腹をかばうようにしてしゃがんで丸くなるのみ。

手を出すと唸って、頭以外触らせようとしない。
(ナデナデだけは受け入れる)

暖かい日だったのに(室温24度くらい)、
撫でても撫でても、耳が冷たくなってしまう。

お腹がゴロロ〜、
ぎゅる〜〜〜って、大きく鳴っている。

どうしたの?お腹痛いの?

明日病院だよっ!

とりあえず、下痢が怖いので、下痢止めの処置をしてみました。
乳酸菌と麦ふすまをまぶしたペレットを食べさせようと勧めると、

食いしん坊が完全無視!

あり得ない。。。(-_-;

微微たる気でも送ってあげようと、
横からお腹に手をかざすと、居心地悪そうにして逃げてしまう。
傍に来られるのも神経に触る!って感じなのかな。
人間にも、そういう時ありますもんね。
「今は具合が悪いから、そっとしといて。。。」って。

ガスが溜まってて苦しいなら、ヘタに触らないほうが得策。
でも、ガスを発生させるようなものは、
なにも食べさせてなかったつもりなんだけど、なぁ?


心配だけど、オイラも眠さの限界で。
とりあえず布団を敷いて、ねんねを伝えました。

お腹が痛い時くらい、自由な姿勢で寝たいだろうな。
でもそれは、狭いケージじゃムリだろうから、
今夜は(…怖いけど)自由に過ごしてちょうだい。
下痢が心配だから、特性ペレット食べてね。
明日こそは、病院に行こうね。そう伝えて電気を消しました。

いつもと違う様子に、ポカンとした様子の うーちゃん(笑)
何をしでかすか解らないウサギにハラハラしながら、
聞き耳を立てながら眠るオイラ。ほとんど「仮眠」(^_^;

飼いウサギの真夜中の行動を知る良いチャンス!

これがまた、
みーまんくんのように大人しく過ごしてはくれなんだ。

暫く様子を伺っていた うーちゃん。
そのうち、ぶぅぶぅと鳴きながら散歩を始めました。
喜んでる。ちょっと元気が出てきたね。
ウトウトしながら確認して、そのうち眠りに落ちて。

そのあと、、、

突然手を舐められて起きて、
枕元で敷き布団をバリバリ掘られて起きて、
身体を思いっきり踏みつけられて起きて、
齧っちゃイケナイものを齧る音が聞こえてきて起きて、、、

全然眠れないよっ!(涙)

挙句の果てには3:30頃、、、

いつものように、部屋の入口のあたりから勢いよく走ってきて、
オイラの頭を飛び越えて、頭の傍の壁を蹴り飛ばし、
そのままオイラの腿を踏みつけて、入口に向かってダッシュ!
大きく雫を描いているような軌道で、グルグルと走り始めました。

あぁ、良かった。元気になった。。。

オイラは喜びながらも、眠いのに寝れないし、
でも、楽しんでるウサギをケージに戻すのは可哀想で。

頭の傍をバリバリ掘られてウルサイので、
敷き布団を内側に折り込んで、手で抑え込んで寝たり、
今まで目を付けられなかった、温室の電源コードを齧られ、
齧られまいと攻防したりと、変な体勢で寝ていたのでしょう。

首を寝違えました。。。

これがまた結構重症で、右側を全く向けません。
普通にしてても激痛で、針を打ちに行った方が良かったかな?
と思わせてくれるほどの痛さ(涙)

ウサギの自由と引き換えに、オイラは不自由に。。。
それでも、うーちゃんが元気になったからヨシ(^_^;

朝起きたら、特性ペレットは完食されてました。
とりあえず元気に復活したので、
病院には行かずに様子を見ています。


…睡魔に祟られてるオイラを励まして〜(TT
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 室内飼いへ

人気ブログランキングへ
posted by Misuzu at 18:42| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

便秘で多飲多尿?

 
うーがちょっと不具合を起こしたので、
気が気でなかったオイラです。
訪問して来て下さっていた方々、すみません。

病院を嫌がるうーのコトが心配だし、
お友達のブログも覗けないし、
参加したいと強く思っていたセミナーと、
うさフェスが運悪く重なっていて、、、
もう、どうしたら良いか解らなくなっていました。
結局、今年はうさフェスを優先して楽しみます。
セミナーは、また1年後。次こそは。

以下、個人的MEMOとして不具合日記を記します。
対処法などは絶対にマネなさいませぬように。
考え方や対処法やに賛否両論色々あると思いますが、
恐れずに公開します。。。


9月22日
朝のオヤツ…乾燥ニンジン(5片程度)
夕のオヤツ…葛の葉(生3枚)
夜のオヤツ…乾燥レンゲ(指先ひとつまみ分)
乾燥パパイヤ計5本くらい。

9月23日
5:30に放牧してトイレの掃除。黒ぽいウンチをしている。
水気が多い証拠?水は表面のみ。中の状態は普通。
大きさも、いつもより少しだけ小ぶりな程度。
就寝前に変えたハズの水が空っぽになりそうだった。交換。
9:00に多尿につき、再度トイレを掃除。
9:00〜21:00頃まで、殆ど水を飲まず、牧草も食わず。
9:00〜18:00までウンチの数はゼロ。

昼頃、急いで病院に!と思えども、
前回の忌まわしい記憶(笑)が蘇ります。

便秘&牧草食わず=メトクロプラミド(プリンぺラン)の処方
=激しい抵抗=咬傷事件発生。。。

「うーちゃん、病院行くよ」と言うと、
ロフトに上がって怒り始めました。
ちゃんと解ってる。やっぱりイヤなのだ。
それなら本人の意思を尊重して、一晩様子を見よう。

18:30頃、小粒のウンチを10粒程度(色は黒っぽい)する。
20:00頃、クヌギの葉を食べながら大きなウンチを20粒程。

多飲で下痢を起こすコトを恐れて対処。
ペレットはよく食べるので、粉状の乳酸菌少々を水で溶き、
麦ふすまと一緒にペレットにまぶしたものを与える。
初の納豆菌も、様子見で2滴使用。

食欲がないわけじゃない。
何も食べないよりはマシと、食べれる物を与える。
朝のオヤツ…乾燥パセリ(指先ひとつまみ分)
昼のオヤツ…大麦2粒、枇杷の葉
夜のオヤツ…タンポポ(生2枚)
乾燥パパイヤ計5本くらい。

朝も晩も、走り回ってて、いたって元気。

もしかすると、換毛期真っ只中のウサギさんにとっては、
こういう症状は当たり前のように起こることで、
驚くべきことではないのかもしれない。
人間が一方的に勝手に慌てているだけで、
「何もおかしくないのに、どうして病院に連れてかれて、
人間の作った変な薬を飲まなくちゃいけないの!?」
と怒っていたのかもしれない…。
あの事件以来、オイラは常にそう考えていました。

今回、下痢を恐れて止めちゃったんですが、、、
それも、もしかすると、お腹に毛が溜まって苦しいから、
それを強制的に押し流すために大量に水を飲み、
わざと一時的に軽く下痢を起こしてから、
下痢を止めるための何かを、徐に口にする…?
一時的な下痢は問題なくて、長引くと命に関わる?
野生のウサギさんは、そういうふうに過ごすのでは?
なんて、素人考えで勝手に想像していますが、
じゃー、それって一体なんなのか?
というのは、皆目見当が付かないのです。
下痢にして腸内をリセットすると、
良い菌も全部流れていっちゃって大ピンチ。
それを急いで補う食べ物…さて、なんでしょうね?
ソレが見つからないから、病院へ行かねばならんのですね。

9月24日
夜中にしっかり牧草を食べていた。
黒っぽくて、表面に水気のあるウンチ。中身は普通。
ペレットに納豆菌を12滴振りかけて与える。
朝、水の減りはボトルの3分の2くらい。
牧草は細々と食べている。

17:30頃、牧草の食べ方が変?なコトに気付く。
普通の硬いチモシーはスムーズに食べれるのに、
柔らかくて細いバミューダは、口に咥えたまま進まず、
頭をういっ、ういっ、と傾げながら目を細める。

歯の問題なら病院だ!と、診察券を出して
病院に電話しようとすると、ロフトに上がって怒ります。
「歯が痛いの?舌が痛いの?どこか痛いの?
ただ単に食べたくないの?」ゆっくり色々聞いてみても、
リアクションがなくてサッパリ解りません。
ただ、病院には行きたくないのは良く解った(^^;
歯の問題なら、ペレットも枇杷の葉も食えないハズ。
ウンチの数も普通になってきたので様子を見る。
夜、ペレットに納豆菌12滴振りかけて与える。

朝のオヤツ…パパイヤ1本
夕のオヤツ…小松菜3枚、青紫蘇小サイズ3枚、
枇杷の葉少し、乾燥レンゲ指先ひとつまみ
夜のオヤツ…ケージの外に飾ってた団栗の葉を盗み食い!
乾燥パパイヤ計5本くらい。

朝も晩も、走り回ってて、普段と変わった様子ナシ。

9月25日
5:30、朝の水の減りは3分の1程度。
ウンチの黒っぽさ(&表面の水っぽさ)は続いてるけど、
ウンチの数は増えてきている。
牧草は、チモシーの葉の部分をこのんで食べてる。

朝のオヤツ…納豆菌12滴振りかけたペレット(夜も)
夕のオヤツ…水菜適量
夜のオヤツ…クヌギの葉1枚
乾燥パパイヤ計3本

朝も晩も、走り回ってて、とっても元気。

9月26日
朝の水の減りはいつも程度。
ウンチの量もだいぶ戻ってきた。
朝から昼にかけてのウンチの量は普通。
大きさも、いつもとそんなに大差ナシ。
朝のペレットに納豆菌を12滴。

朝のオヤツ…乾燥パパイヤ1本、枇杷の葉少々
昼のオヤツ…タンポポ(生)3枚
夜のオヤツ…小松菜2枚
乾燥パパイヤ計5本(予定)

「牧草食べないと、病院だよっ」と脅すと、
その時だけは食べるのが笑える(^^

もちろん、さすがにヤバイ!と言う時は、
ウサギの気持ちを無視して病院に走ります。。。

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 室内飼いへ

人気ブログランキングへ
posted by Misuzu at 20:05| 埼玉 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

ウサギを預ける

 
新潟行きの間、ウサギをペットショップへ預けました。
うーちゃんを作ってくれたブリーダーさんがいるので安心です。

お互いに今まで離れたことがなく、、、
5泊もさせて、はたして大丈夫!?って感じでした。

うーちゃんの弟や妹達、にぎやかなオウム、チンチラなどなどの、
小動物コーナーの裏側にケージが置かれました。

隣には、ライオン(ウサギの品種)の子供のケージがありました。
その子がすんごく懐っこくって、人見知りせずに傍に来るんです。
もー可愛くて可愛くて。連れて帰りたくなるくらいでした(笑)


旅行中もずっとウサギが気になっていて、
ちょこちょこ携帯の写真を見てしまう始末(^^;
毎日、ショップに電話をかけようかと思ったほどです。
(…さすがに阻止されましたが)


無事に生きてくれていることを望みながら、
16日のお昼に、会えることを楽しみに迎えに行きました。


生きてくれてはいたものの、、、

食いが悪かったそうで、
たった4〜5日間で痩せこけてしまっていました。
この違い、触ってわかるのは飼い主だけだと思います。

さらに、隣の子ウサギが先に帰ってからは、
機嫌が悪くて大変だったようです(笑)。

ドライブが苦手なうちのウサギは、鼻水を垂らしながら帰り、
ナデナデとへやんぽを楽しみました。

その時にした問題のウンチがコレ。
(左下のでかいのが、いつもの大きさです)

DVC00247.JPG


なんじゃこりゃ〜!!!

もう、冷や汗ものです。
今は元気に走りまわっているけれど、
鬱帯をおこして、急〜に具合が悪くなったりしやしないかと、
気が気じゃありませんでした。

置いていってごめんね。
ご飯が食べれなくなるくらい、相当ストレスだったんだね。

DVC00249.JPG

おぉ、なんて不揃いで、ちょびっとなウンチなんでしょう!(>_<)

食べられるだけ食べさせようと、まずキャベツとシソを与え。
琵琶の葉を与え。気分転換にレモンバームを。。。


いつもの部屋に慣れて、だいぶ機嫌が良くなったうーちゃん。
オイラの枕元でスッポリ寝るのが気に入ったようです。

DVC00251.JPG

足と手を枕にかけています。

DVC00260.JPG


生きててくれてありがとう。

DVC00266.JPG

体調が悪くなって、急に死んだりしませんように。。。
 
  
 
posted by Misuzu at 21:05| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

不正咬合の危機がやってきた!


数ヶ月前からの悩み事です。

うちのウサギはケージを斜めに噛むためか、
下の前歯が片側だけ斜めになってしまいました。
上の歯まで一緒に斜めになったらマズイ!

ケージを齧るなと言っても無駄なので、
ケージを齧っても良いように…と考え方を切り替えて、
良く噛む場所に、チモシーをしつこく結んでみました。

「なにこれ、邪魔〜っ!」

DVC00052.JPG

DVC00051.JPG

DVC00050.JPG


数分で全て毟り取ってしまったので、
次は、チモシーの硬い茎で作ったオモチャをつけてみました。

DVC00025.JPG

…瞬殺です。

「ふん、こんなの付けたってムダなんだから」

DVC00062 (2).JPG


散々考えた末に、
今度は、壊されたチモシーお座布をくくりつけました。
(ついでに、松ぼっくりも進呈)

DVC00076 (3).JPG


良い感じです。が、、、
しばらく経つと、ほつれた端からボロッボロにされます。

DVC00098.JPG

DVC00099.JPG


色々やってみましたが、それでもお座布作戦が一番のようです。
壊すのが楽しいのか、回転が速いので何枚か買い溜めしています。

***

そんなこんなで、歯も無事に元に戻ってきたな〜♪
なんて思って安心していたのですが、
思いっきり油断していました。。。

お座布でお気に入りの場所を塞がれて自由に噛めなくなったので、
違う場所を齧るようになってしまいました。
でもそこは、よりによって座布団を付けにくい場所で…。

足りない頭でアレコレ悩んでいる間に、
どんどん下の歯の片方が斜めに削れてしまい、
そのため、斜めになった側の歯の上の歯までもが、
一緒になって斜め傾いてしまいました。
これは奥歯に影響するかもしれない…。

由々しき事態です!

DSC01531.JPG


一度歯のカットなんてしようものなら、
今後ずっと歯の治療を続けることになりかねません。

先日、腸の検診の時に先生に相談してみると、
なんだか頭を悩ませている様子でした。

「今のところ奥歯に問題はないですが、
前歯は一か月様子を見て、もし酷くなるようなら考えましょう」と。

今朝もケージ齧りが酷かった(しかも引っ張っている)ので、
歯のチェックをしてみると、、、

なんじゃこりゃぁぁぁっ!

ってくらい、削れてしまっていました。
もしかして、欠けちゃったんじゃないの?って感じです。

DVC00165.JPG


さすがに噛み合わせの大ピ〜ンチ☆です。
前歯だけはまっすぐにしておかないと、奥歯に影響しそうなので、
週末にダイヤモンドヤスリを買ってきて、
ちょっと対処してみようと思います〜。。。(涙)

posted by Misuzu at 22:11| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ウサギの再診結果

 
昨日はウサギの再診日でした。
ウンチも日に日に数が増えていってて、元気そのものでした。
元気ならヘタに刺激したくないので、病院には連れて行きたいくないのですが、
さすがに、そーゆーわけにもいきません。

おかげさまで、すこぶる快調です♪

という、嬉しい報告が出来ると思っていたのに…。

朝9:30頃〜夕方4時までに出たウンチの数は10粒弱で…。
食べているのに出ていません。

また"お便秘ちゃん"かいっ!(--;

というわけで、どっちにしても行くことに決定です。

↓キャリーの中で鼻水を垂らしながら、
口を半開きにして放心状態っぽくなってる うーちゃん。

DVC00087 (2).JPG


先生は、お腹を触診しながら、神妙な表情をしています。
「ガス溜まってるなぁ。腸というより胃…。念のためレントゲン撮りましょう」

…またですか。ていうか、やっぱりですか。3000円覚悟だね(TT)

レントゲンを見ながら先生は、
「腸のガスは深刻ではなさそうですが、問題は胃ですね。大きく膨らんでます。
体重も増えてますし…。内臓に脂肪がついています。
脂肪がつくと腸の働きが悪くなるので、オヤツは控えて下さい

朝あげたのは、ペレット少量、小松菜(小)一枚、サニーレタス一枚、パセリ少量、
シソ一枚、乾燥ニンジンを指先ヒトツマミ、乾燥タンポポを指先ヒトツマミ、
乾燥パパイヤ数本。クッキー類は、あれから全くあげていないし…。
あとは、ダンボールや新聞に悪戯してたけど、
それほど食べた様子はなかったことを伝えました。

「乾燥パパイヤは…うーん、確実に毛球症に効果があるとは言いきれないので、
とりあえずは止めてみて下さい。
胃の膨らみは、もしかしたら一時的なものかもしれないので、
前と同じお薬で様子を見ましょう」

…またですか。ていうか、やっぱりですか(TT;
またウサギとの格闘が始まるのか。やっと落ち着いたっていうのにぃぃぃ。

なんで便秘になんかなるんだよっ!

と、思っちゃうんですが、ウサギのことは言えません。
そんなところも、万年便秘症の飼い主に似てしまったのだと思うしかない(涙)。


気になる、今日の診療費は、

・再診料 900円
・レントゲン撮影 3000円
・内服薬(メトクロプラミド) 2000円
・消費税 295円

合計6195円でした。。。

 
posted by Misuzu at 08:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ウサギに薬を飲ませるのは一苦労


飲み薬を処方されてからというもの、、、
毎朝毎晩、ウサギと格闘です。ウサギも人間も、かなり疲れます。
ウサギは死にもの狂いで抵抗するし、何が何でも飲ませようとする私。
激怒してナデナデさせてくれないし、すっごく寂しい気持ちになります。

↓超絶不機嫌中。近づくと「ぶーぶー!」

ふてくされ.jpg


「うーちゃんのお友達」は、すんなり飲ませることが出来ます。

くすり.jpg


爪切りも、ウサギを上手に抑え込んでサクサクできます。

爪切り.jpg


飼い主である私が満足にできないのに…(悔)
きっと、ヤツの力が強いので、暴れても無駄だと悟るからなのでしょう。

私が真似しようとしても、何度も逃げられてしまいます。
ウサギが暴れ疲れて大人しくなってから、
やっっっとマトモに飲ませられるって感じでした。

日に日にコツを得てきたと思っていたところ、
「仰向けでの飲ませ方は、器官に入る恐れがあって危ない」と、
何ヵ所かのブログで読みました。

う〜ん、それなら!
と、ウサギが腹ばいになっている時に、モモの内側で抑え込み、
上から頭を押さえつけて飲ませようとしてみました。

が、、、

もがくもがく!(笑)

シリンジを口に当てようものなら、首をブンブン振るもんで、
目や歯ぐきを傷つけそうで、怖くて怖くて…(>_<)

これなら、いつものように仰向けにして、
暴れるのを抑えながら飲ませたほうが早いんじゃ、、、
と思って、この一回だけで諦めました(笑)

そして、私も「仰向けの刑」を覚悟してケージの前に座り、
まずはウサギにシリンジを見ませました。

怒る怒る!もう、見ただけで…(^^;

ケージから出てくるのも拒否って「ぶーぶー」言い始め…。
困り果てながら、でも、ちょっとだけ期待を込めながら、
ケージの隙間からシリンジを差し込んでみました。
案の定、シリンジに敵意むき出しで口から近づいてくるウサギ。

うわっ、ちょっ、噛まないでぇぇぇ(@@;

とか思ったら、ぺろぺろと舐めはじめました。ナイスうーちゃん!
ウサギをホメながら、そのまま少しずつシリンジを押して、
嫌がることなく飲ませることに成功しました♪

その後、これを3回続けてやってくれているので、
精神的にも肉体的にも、ウサギもヒトも疲労せずに済んでいます(^^
ナデナデも喜んで受けてくれるし、やっと仲直りできた気分です。
 
…でも今日の夕方は、ズルして途中で飲むのを止めちゃった。
ウンコも大量に出るようになってきたから、きっとウサギにとっては、
ヒトが作った薬なんてものは、もう必要ないのかも。。。 
 
 
posted by Misuzu at 22:12| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

ウサギ、ついに動物病院へ。。。


うーちゃんのウンチには、小さい頃から、
小粒なものや涙型のものが混じっていましたが、
普通に大量に出ていたので、問題視していませんでした。

DVC00088.JPG


でも、ここ二週間ほど、、、
なんだかウンチの数が少なくなっていました。
牧草もペレットも良く食べているのに…?

こりゃまずい!
もっともっと牧草を食べて、ビッグなウンチをしてくれ〜。
なんて祈る日々。。。

絶好調の時は、こんなに大きなウンチが出るんです。

unti.jpg


喜んでいたのもつかの間。
昨日の朝、とんでもない形のウンチが出てしまいました。

DVC00145.JPG


これは、ずっと恐れていた、
「毛を大量に飲みこんだことを表すウンチ」です。
今は換毛期の真っ最中なので、ブラッシングは欠かしていません。

でも、抱くと嫌がるので、寝そべったままブラシをしていました。
お腹は自分で何とかしてね。…それがいけなかったのだ。。。

DSC01440.JPG


嫌がろうと何だろうと、ウサギの為に無理矢理にでも抱っこして、
ブラッシングしなかったことを後悔しました。


昨日の晩のウンチです。
腸に残った毛が出たのか、ビッグになりました。

DVC00146.JPG


けど、、、

あんまり水を飲んでくれない!


由々しき事態です。生死に関わります。
というわけで、今日の午後連れて行こうと様子を見ていました。


相変わらず晩から水を殆ど飲まず、ウンチの量も激減!
今朝7:30〜15:20分までで、たったこれっぽっち。。。

DVC00147.JPG


これらのウンチは、病院に持って行ったもの。
粉々に崩れているのは、先生の検査を受けたからです。

レントゲンを撮ってもらったら、あまり毛は溜まっていないけれど、
盲腸が停滞気味とのこと。腸内にガスが溜まっています。
(ちなみに、頭が左です)

DVC00139.JPG


原因は、ストレスだったり気温の変化だったり。
糖分の摂り過ぎでも腸内のバランスが狂うらしく、、、

…もしかして!?

ブラッシング初心者の私は、毛球症の予防にと、
乾燥パパイヤに加えて、サンコーの「ヘアボールリリーフ」なるものを、
乾燥リンゴに塗って毎日食べされていたのですが、
もしかすると、逆にこれがマズかったのかな?って思いました。
舐めてみると結構甘いんですよね、これ。。。

絶対あげちゃダメってわけではないと思うんだけど、
食べさせなくても、毛球症にならない子はならないらしいし…。
当分の間は控えて様子をみることにします。


胃腸の動きを良くするというシロップを処方されました。
「3日程度で改善されるでしょう」とのことでした。
頼むから、水もちゃんと飲んでほしいよ〜(>_<)  

もりもり大量にウンチ出してくれ〜
 
   
posted by Misuzu at 21:39| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

うーちゃん、夏バテ…?

すごく長いので、ウサギに興味のない方は読み飛ばして下さい〜。

昨日の朝、新しい高温対策を試みました。

いままでウサギのケージは、自室のドアの陰にありました。
部屋の外の板場と、自室の温度には差があって、
入口を半開きにしているにも関わらず、
室内に一歩入るとムッとします。なんじゃこりゃって感じです。
温室が隣にあるせいで、熱がこもってしまうのです。

板場は、今はウサギの遊び場でもあるので、
日中はケージを板場に出してしまおうかと考えましたが、
いきなり環境を変えるとストレスになるかなー…と思い、
ちょっとずつ慣れてもらうことに。

まずは、部屋のドアを全開。もう、完全開放です。

ドアを全開して、いつもの場所にケージを置きました。
階段を上がると、ものすごく散らかった汚い部屋の中が丸見え。
自分でもすごくイヤだったんですが、いたしかたなく。。。

ウサギも、いつもあったドアがなくなり、ケージの横が全開になっちゃって、
ちょっと気が休まらないかな?と心配でしたが、
けっこうケロリとしているようでした。

会社ではかなり暑く、私は軽い熱射病になりかけました。
うちの二階も灼熱地獄なんじゃ…。と、ウサギが心配で心配で。
でも、かーさんが凍ったペットボトルを乗せてくれているので、
なんとか大丈夫と思っていました。

家に帰ると、暑かったせいか、ペレットを沢山残しています。
それに、牧草を殆ど食べていません。
きっと暑くて食べられなったのでしょう。
ここのところ、食いが悪いと思っていたけれど、今までで一番です。
自分も暑い夏は、モソモソしたパンが全く食べられなくなります。
気持ちはわからないでもないけれど、
でも頑張って食べてくれないと、歯が伸びてしまうので心配です。

更に、ウサギを撫でコ撫でコしていて、ある異変に気がつきました。
なんかお尻のほう、骨がゴツゴツ浮いてきた…ような。。。

痩せてしまった!?これはマズイ。
もう、そんな余計なとこまで似ないでくれよ〜(涙)。
バナナを食べてた時は、数日でふっくら太ったのに。落ちるの早過ぎ!

トイレの●の数も少ない。食べてないから出ないんだよね。
暑いのが堪えてしまったのかもしれない。ごめんね、うーちゃん。
とか思っていたら、更なる驚きが。

盲腸糞とは違う、柔らかめの●があるじゃないですか。
こりゃまずい。下痢に発展してしまったらどうしよう!
しかも、肝心の盲腸糞は食べずに捨てられています。
…いてもたってもいられない気持ちでいっぱいになりました。

食欲が完全に落ちたわけではないみたいで、人参も結構食べました。
牧草も、細々と食べています。
走り回ったりして元気はあるので、とりあえず様子をみます。 

夜も暑いと可哀想だと思って、部屋を大開放したまま就寝しました。
アースノーマットが効かない…とか言ってられないのだよ(笑)。

 
ということで、今朝。
●は普通に戻っていましたが、日中会社が暑すぎたもんで、
グッタリしていたらどうしよう!
と、気が気でなくて、昼休みに家に戻りました。昼食も摂れずです。
でもウサギは、心配なんぞ無用なほど平然としていて、
昨日よりも食事を摂っていました。
安心してこっちがグッタリしました(笑)。

取り越し苦労かいっ!とか突っ込みを入れつつ、
部屋のドアを閉めて、試しに24℃設定でエアコンを入れてみました。

…もしかして昨日は、ドアがなかったことがイヤだっただけですか!?


仕事後、駐車場から家に向かって歩いていたら、近所の方に会いました。
数年前までウサギを飼っていたそうで。夏場の温度対策を尋ねてみたら、、、
「うちは年中外だったわよ〜」と、アッサリ。
うそー!って感じ。寒いのも暑いのも平気ってことじゃん。
うちの玄関の外の温度計の記録、最低-2℃〜40℃ですよ!?
「雑種だから丈夫だったのよ〜」…う、うちのはお嬢様だ(泣)
猫でも犬でも植物でも、雑種が一番強いのだ。。。

部屋に入ったら結構涼しくて、25℃に落ち着いていました。
エアコンにかなり負担がかかったのでは?と思えるくらい、
相当必死に稼働したに違いありません。

でも、良く考えてみれば最悪の場合、、、
エアコン代より、電気代より、病院代のほうが高くつくに違いない…
ヘタすれば命はないのだから、ケチケチ言ってられないんだよね。

でも、あまり過保護にしてしまうと、
ちょっと暑いくらいでもダメになりそうで、加減が難しいです。


さっき栄養補給に、大好きなバナナを食べさせました。
カロリー高いんですが、ちょっとポッチャリしてほしい(^^;
人も動物も、女の子はポチャリが可愛いのだよ。

…(涙)←激しく痩せ型個体のオイラ 
 
  
posted by Misuzu at 20:53| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。