2011年05月31日

うーちゃんの「ぶーぶー動画」

皆様っ、うーちゃんバナーのポチ、どうも有難うございます♪
おかげさまで、初めて8位になっていました。
とっても嬉しい思い出ができました。
(実はホントはランキングを抜こうと考えていたのです…)
本当に有難うございます(T△T)

***

先日、ウサ友さんとお話していた時のこと。
うーちゃんが「ぶーぶー」怒っていた時の話になりまして、、、

その節はみなさん、散々ご心配をおかけしました。
今ではうーちゃんと喧嘩するコトも「全く無くなり」、
平和な日々を過ごしております。

強く怒りすぎて怖かったコトに加えて、
オイラが兎を好きになりきれていなかったコト、
もしかしたらうーちゃんは、それを察していたのかもしれない。

こっちが怒るのをやめたらね、
うーちゃんも全く怒らなくなったんですよ。
「あ〜ぁ、まぁた粗相しちゃったの〜?
オネェチャン困っちゃうなぁ〜(^^;」って感じです。
オシッコされても拭きゃぁ済む。出ないほうが問題なんだし。

何かをガジガジされて困った時は、
兎様に『お願い』をするようにしています。
「これっ、ガジガジしないでおくれ」と言い聞かせて、
胸元に手を入れて、そっと引き剥がしています。

温和になったうーちゃんが足ダンをするのは、
ブマコフが部屋に入ってきた時や、
爪切りをされる前だけ…(爆)。


久々に自分でも、
うーちゃんが怒ってる動画を見てみようとYoutubeを見てみたら。
あらいやだ!閲覧数がめっちゃ多くてビックリでございますよ(@@;

当時の動画を見ていると、
とっても、とぉっっっても恥ずかしくなります(>_<)
こんな時があったんだなぁ。よくない思い出だなぁ…。
できることなら記憶から消し去りたい。
でも、そんなコトもあったからこそ今があるんだけどね。

もうこんな悲しい動画を撮るコトなんてように、、、
戒めの為に再UP。らすさん命名「ぶーぶー動画」たち(笑)。


怒って鳴き疲れるウサギ
再生回数 5,415 回





怒るウサギをなだめる
再生回数 5, 499回





怒るウサギ(鳴き声&ウサパンチ)
再生回数 24,187 回





怒られたら機嫌が悪くなるのは、ヒトもウサギも同じこと。
バブ期〜ちびっ子の可愛い盛りがダイナシだったもんな〜。
あぁ、マヂで消し去りたい悲しい記憶(T▽T)

植物もウサギも自分を映す鏡なり。
兎の気持ちを知らなかったら、まだ噛まれていただろうか。。。


ランキング参加中☆バナーをポチっと↓お願いします♪


ハート
anigif.gif

 
 
 
「あ」で始まる苗字の人さん>

件名の頭に▲、■、◆、★とか目立つ印を付けて、
usneoides@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。。。



 
 
posted by Misuzu at 23:44| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

ウサギの許し時って、いつ…?


皆様、コメント有難うございます〜。
時間がないので記事だけ先にUPしていきます。
コメントへのお返事は週末にまとめて、、、の予定です。
いつもスミマセン〜(>_<)


一昨日の晩、うーに噛まれてケージに帰してから、
いつも声かけをしている「ねんね」の言葉もなく、
黙々と就寝準備をして布団に入りました。
オヤツモもらえず、シカトもくらい、
さぞかしケージで暴れるだろうと思っていたら、
意外なコトに朝まで静かでした。

夢には、うーと過ごす楽しい場面が出てきました。
寝がえりで目が覚めて、
あ、今はうーをシカト中だった。寂しいなぁ…。
とか何度か思って、ますます眠りが浅くなったのでした。

昨日の朝、、、

さて、一晩明けたし、許して声をかけたら良いかね?
と、ちょっと悩みました。
正直、腹立たしさと裏切られた感で一杯で。
せっかくイイ子になったと喜んでいたのに。
オイラ怒らなかったのに。ふんだ、ウサギなんて…。
と、完全にやさぐれモードに突入していました(^^;

ふと、みーまん君とみーままさんが出てきて、
ママさんだったら、きっと「わざとじゃなかったんだよね」
って許すんだろうなぁ。。。なんて想像しながら、
自分がスゲーちっさい人間に思えました。

とりあえず、うーを部屋で遊ばせましたが、
声かけもナデナデも一切せず、トイレの掃除と牧草の追加、
その他いつものお世話をして、時間通りにケージに帰しました。
ケージに帰った時のオヤツもナシで、
いつもの「行ってくるね」の声かけもせずに、
無言のまま部屋を出ました。

面白くない気分のままで仕事をしながら、
オイラは色々と考えていました。

動物が人間に「ごめんなさい。ごめんなさい、、、」って、
話しかけていたとします。
でも、殆どの人間には聞き取る力がないんだぁね。
悲しいかな、オイラにもそんな力はないわけで。
何度も謝っているのに許してもらえなかったら…?

帰ったらオヤツをあげよう(T_T)
仮に、うーが謝っていなくても、もう許してあげよう。

いつも通りに寄ってくるかな?
それとも、怒ってロフトに上がるかな?
とか想像しながら帰宅してみると、、、

牧草殆ど食ってね〜っ!(@@

さてさてこれは…。

A.今朝開封した新しいロットの牧草が、
  枯れ葉だらけで美味しくなかった。
B.怒られてショゲている。
C.お腹の具合が悪い。

とりあえず仮説を立てて検証(笑)

いつものように、声をかけながら小松菜を差し出したら、
すごい勢いで食べたので、Cの疑いはナシ(^^;

牧草が不味いのはあり得るのかも。
ということで、居間で牧草の選り分け作業を敢行。
ほとんどが硬〜い茎と枯れ葉ばっかしで、
三分の一くらいしか残らず…(TT

そんな苦労を経て部屋に戻ってみると、
予想を裏切って、牧草を半分くらい食べていた。
なんだ、不味いわけでもなかったんぢゃん…(^^;

というわけで、シカトをくらって寂しかったのか、
はたまた、しっかり反省していたのかは、
ウサギのみぞ知るトコロなわけだけど、
とりあえずはフツーの関係に戻っています♪


グッタリしてなくって良かった。。。
人も動物も、喧嘩したままサヨナラなんてやだもんね。

高校生の時、同級生の男子が、父親と喧嘩をして、
バイクに乗って家を飛び出して交通事故に…。
お互いに謝ることもできないまま。
うっかり死んじまった本人はともかくとして、
お父さんは、さぞかし辛い思いをされたことでしょう

生きてるからこそ喧嘩ができる。
そう考えれば、噛みウサギでも、
生きててくれて有難うって思えるや〜(^^

喧嘩.jpg


にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
 
 
posted by Misuzu at 22:47| 埼玉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

布団齧りを注意して噛まれた…

 
またやられてしまいました。
布団齧りを注意したら向かってきました。
やんわり言い聞かせて近づいたら。。。

噛まれた.jpg

めっちゃ痛ぇ!

兎の咬み傷ってのは、どーしてこうも痛むもんなのかね。
傷の周りまで、熱を伴ってズックンズックン疼く感じ。
ザックリいったわけじゃないのに…。

もうイヤだよ。

兎に対して憎しみの念が起きないように、
怒りを抑えるので必死です。

ひたすら、痛む手とウサギに意識を集中して、
オイラが痛がっているコトを理解してくれたら、、、
なんて思いながら、しばし目を見つめてみましたが、
まったく無駄だったみたいです(-_-)

オイラの様子を窺いながら布団に向かい、
破壊活動に励もうとします。
それを阻止して後を付けると逃げ回るし、
ケージに帰るそぶりも見せない。
まるで「邪魔したアンタが悪い!」と言わんばかり。
根気よく歩いて追い回して、
ようやっとケージに帰ってくれました。

今度噛んだらお腹をグリグリと、、、
なんて思っていたけれど、
たぶん憎しみ一杯になっちゃいそうなので、
ただケージに帰ってもらうだけにしました。
もちろんオヤツもナシ。

もう、マジ痛いんですけど…(TT
今晩は寝入るのに時間がかかりそう。。。

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ

 

posted by Misuzu at 23:23| 埼玉 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

兎と本気で喧嘩した日のコト


悩める兄貴のために、
隠すことなくこの記事を公開します。。。

GONZOさんの記事を読んでいたら、

うーちゃんが噛みウサギになって、
ほとほと困り果てていた時のコトを思い出しました。

ナデナデしようとして、ちょっと手を出すだけでも、
ことごとく噛みついてくるウサギ。
仲良くしたいのに拒否られて、怪我までさせられて、
我慢の限界に達していたオイラ。

「完全にナメられちゃってるね〜」
「人間のほうが偉いのだと思わせないとダメだよ」
「オンナどうしだからナメられるんじゃない?」
とか、色々な意見がありましたっけ。

それでもオイラは、
人間なんか動物より下なのに…って、常日頃から思っていたので、
うーに御仕置きをするなんて、とんでもないと思っていました。

だけど、あの日は違っていました。

何もしてないオイラを噛んだあの日(8月6日の記事参照)、
ついに我慢の限界に達しました。

えぇ、そんなこともあったんですよ。
ウサギ愛好家の方はドン引きしちゃうのかな。
それでもいいの。オイラは書くよ。書いちゃうよ。


どうしたら、この攻撃的な態度を変えられるのか。
悔しくて、ウサギの前で泣きながら悩んだ末に、
一つの賭けに出てみたのです。

うーと本気で喧嘩をしよう。

とはいえ、本気噛みされるとひとたまりもないので、
ウサギの歯が通らないくらいの薄い手袋をして、
うーをガッチリとホールドし、、、

上にかぶさって、うーの背中をガブガブ噛みました。
ウサギどうしの喧嘩の要領です。
ウサギの世界でボス決めの喧嘩は、欠かせない儀式です。

だけどこの方法、きっと紙一重だと思いました。
仲の悪いウサギさんどうしは、絶対一緒にはいられない。
ヘタをすれば、オイラ一生本気で嫌われるのかも。
そういう思いもありました。

吉と出るか凶と出るか。
致し方なく試みた結果、意外なコトになりました。

何度噛んでもヘッチャラなうーに根負けしそうになりながら、
効果ないんじゃないか…と空しくなったりして、
いやいや、負けてられない!と、
正面に向き直ってから、強めに耳を噛みました。

オイラが噛んでるんだよ。
噛まれると痛いんだよ。

オイラに噛まれたうーは、
「キィィィ」と、耳を劈くほど甲高い声を張り上げて逃げ、
部屋の隅で丸くなって硬くなりました。

普段鳴かないウサギさんが悲鳴を上げるのは、
よほどの非常事態です。
その断末魔の悲鳴を、飼い主自らがあげさせてしまったのです。
オイラはかなり凹んでしまいました。


その後、ブリーダーさんに相談したら、
「別に、それで良いと思いますよ」とアッサリ。
彼は「どっちが上かを思い知らせないと」派でした。

オイラ自信は、それからしばらくの間、
ずっと悲鳴を引きずり続け、心の中でうーに謝っていました。

そして、お互いにギコチナイ日々が続いていましたが、
オイラが怒らないことを心がけたためか、
うーの態度も変わってきました。

やたらと攻撃しなくなったし、
頭を突き出して甘えてくるようになりました。
しばし「噛まれるんじゃないか」って怖かったけど、
オイラが怖がると、うーも身構えるので、
噛まれたら噛まれた時…。そう思いながら手を出しました。

今でもオイタの「御齧り」の注意の後は、
怒られると勘違いするのか、身構えて口から向かってきます。
それでも怒らずに頭に手をかざすと、
「あ、なんだ、自分の勘違いだったのね」という感じに、
そのままおとなしくナデナデを受け入れています。

口から向かってこられて、
たまに歯が当たる時があります。
精一杯加減して、威嚇してるつもりなんでしょう(笑)

次に本気でオイラを噛んだら、ひっくり返して、
あんたが降参するまでお腹をグリグリするからね…
と、かるく脅しています(笑)

オイラにも、こんなコトがあったんです。そんでもって、
こんなアグレッシブなウサギ嫌だなぁ。
ハズレ引いちゃったのかなぁ。
って思っていました。

兄貴、どうか凹まないで接して下さい。
目を見て言い聞かせると、結構言うこと聞いてくれるから。
個々の性格なんだもん、「はずれ兎」だなんて言わないで。
(コドモーラズへ)
「ハズレ」と呼ばれているのを考えると、
自分ちのコトも重なって、すごく悲しくなるのです。

噛みウサギだけど、
オイラの元にいる子がうーちゃんで良かったって、
思えるようになっているから。

宇宙のお導きとやらで、
必然性があってココにいるのだもの。
噛みウサギから教えられたことが、沢山あるから。


臆病で、ケージの隅で丸くなって震えて、
イジケ続けちゃう子よかイイじゃない?(^^
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ

posted by Misuzu at 00:06| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

ウサギから学ぶ

 
ウサギを飼ってからというもの、色々と考えさせられています。
今日は一気に色々書いちゃいます。…長いですよ〜(^^;

ここ最近、ウサギに噛まれるコトが多い私。
機嫌が良かったと思ったら、急にひとりで勝手に怒り始めたりして、
意味がわからなくて悩むコトが増えていました。 

ケージのお掃除、美味しいものの支給、ナデナデ。
それらを拒否して、近づくだけで「ぶーぶー」怒られて。
「ぶー!」って鳴いて、前足でバリバリっと引っかかれ、噛まれ。
こっちが怒っていなくても、怒らざるを得ません。
そのうちこっちも、「あんだよー!」ってなってしまいます(涙)
お互い怒るからエスカレートするんですね。たぶん。

「ナメられてるからだよ」とか言われると、かなり凹みます。
噛みつかれると、もっともっと凹みます。
オイラが優しくないから嫌われるんかな?
飼っているウサギ一羽さえ、まともに管理できないダメな人間。

そんなふうに、精神的に自分を追い込んじゃって、食事もできなくなる。
ウサギには食え食え言いながら、自分は食べてなかったり。
良く考えりゃ、ウサギだって、そんな奴から飼われたくないよなぁ(^^;

引きよせの法則に基づいて、こういう困った出来事も、
実は自分で引きよせているのだとか何だとか。
それならこれは、オイラにとっての試練でもあるらしい?

克服せよ。
ってコトなんですかね?

苦手な人も、苦手なコトも、全て自分が引きつけたもの。
なら頑張って、少しでも仲良くなれなくちゃダメなのかな。。。

…ついには、そんなことまで考えてみたり。

DVC00184.JPG

***

動物が自分の傍にいるのには理由があるらしい。
自分が学ぶべきコトを学ぶために人間の元に来る。
人間に何かを教えて、良き方向に導いてくれる先生でもある
、と。

それなら、うーちゃんが"ウサギという姿"で、
"元ウサギ嫌い"な私の所にいる理由はいったい何?
私に何を教えようとしてくれていて、
うーちゃんが私のところで学ぶコトってなんだろう?

この答えは、誰かから教えてもらうことじゃなくって、
自分で気づいて行かなくちゃいけないことで。。。

DVC00185.JPG

***

うーちゃんの性格は、びっくりするくらい自分とそっくりです。
家族からもツレからもよく言われます。

・負けん気が強くてよく怒る。
・イヤなものは絶対イヤ。何が何でもイヤ!
・食わず嫌い。
・水分をあまり摂らずに便秘になる。
・etc...

このうち、最初の2点はオイラが絶対改善すべきところで、
うちのウサギを見ていると、改めて考えさせられます。
うーちゃんが怒っている時は、
自分を見ているようでホント腹が立ちます(恥)

ウサギ語訳:

「なんだよテメェ、やんのかよ〜!」
「やめろよー!何度やられたって絶対負けないかんなー!」って感じ?

だから、ウサギが怒っていると、余計に怒ってしまうのかも。
そして私の怒りが、ウサギの怒りを助長させ、、、
人間でいうところの、水かけ論(…無言の)なのかもしれない(^^;

それなら、、、と、行きついた結論。

怒ってる時は近づかずに無視する。それが一番。

ムリに言うことをきかせようとするのは逆効果。
自分だったら、絶対そうだもん。そう考えれば腹も立たない(笑)

自分の気持ちを落ち着けて、ウサギの怒りが静まるのを待ちます。
そのうち、自分からケージ外に出てきて、飛びはね始めます。
さっきまでの怒りは、いったい何だったんだ!?(@@)と拍子抜け。
でも、近づくと「ぶー」って鳴いたりして、もう少し放置プレイ続行。

ウサギが横になった傍で、自分も横になって寝たフリをして、
相手の緊張を解いてから、もう良いかな?と、様子をみながら
ナデナデしはじめます。

ナデナデに成功すると、やっと仲直りできた気分になって、
すっごく嬉しくなります。

DVC00189.JPG

***

動物は、人間の言っているコトを良く聞いていて、
言葉をちゃんと理解している。


とも言われているので、もちろん鵜呑みにしてたんだけど、
それならどうして噛んだりするんだ〜!?(--メ
と、謎だったんですが、、、

スピリチュアル系のDVDを見ていて謎が解けました。

言葉を理解しない子もいるんだってさ。…あら。なるほど納得(^^;

その代わり、そーゆー子は、
映像で伝わったり、直感で悟ったりするそうで、
いろんなパターンがあるみたい。

うちの うー は、、、言葉は理解してないみたい。
じゃー、なにで伝えられるんだろう?

ウサギのおかげで、まだまだ課題が山積みです。
あぁ、嬉しやらツライやら。。。(涙)
   
DSC01311.jpg
 
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 室内飼いへ

ブログランキング・にほんブログ村へ



 
posted by Misuzu at 20:58| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月06日

また噛まれた…(涙)

 
悲しいかな、もう3度目ですよ。
どうして噛まれてばかりいるのでしょうか(T_T)

一週間ほど歯のチェックをしていなかったので、
今朝はしてあげなきゃと思いまして、、、

朝5時30分からの、ウサギにとって楽しみな放牧タイム。
外のトイレで用を足し終えるのを待ってから、
ゆっくりとケージの扉を閉めました。

すると うーちゃん、察知したのか、
目の色を変えて「ぶーぶー」怒り始めました。
これこれ、怒ってもダメなもんはダメです(-_-)b
君の健康管理はオイラの務め。。。

「歯のチェックするよ〜」「怖くないよ〜」優しく声をかけながら、
逃げるウサギを捕まえようと、手を伸ばしたら…このザマです。

DVC00203.JPG

…もうイヤだよっ!(泣)

DVC00197.JPG

最近、怒らないように努めてきたのに。
ストレスを少しでも緩和させてあげようと思って、
部屋全体をお散歩エリアにしてあげたのに。

どうして噛むんでしょうね?
そんなにオイラのコトが嫌いなのかな?
オイラ、すっかりナメられちゃってるんですね。

良かれと思ってやっているのに、攻撃されちゃたまりませんよ。
悲しいです。しょんぼりです。。。


***


開き直って短パンでウサギの手入れをしているので、
モモが引っかき傷だらけになっています。
さすがに恥ずかしくって、足を出して歩けません(^^;

DVC00208.JPG


***


うーちゃんに腹を立てながら、気分が晴れないまま仕事へ。
そしたらお茶入れの時、うっかりこんな誤りを。。。

急須にコーヒー投入っ(爆)

DVC00207.JPG

精神的ストレスって怖い…(^^; 


そんな可哀想なオイラに愛の手を…(涙)
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 うさぎブログへ
 
posted by Misuzu at 20:32| 埼玉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

ウサギが噛むワケ。。。

 
最近、立て続けにウサギに噛まれている私です。
甘噛みなら良いんですけどね…。ウサギが必死な証拠です。

どうしてもされたらイヤなコトがあって、捕まりたくない。
たぶん、私の声も顔も態度も怖いのかもしれない。
だから必死に抵抗するんです。

噛むウサギが悪いんじゃなくって、
噛まれる私が悪いんです。

ウサギの不安を取り除くような、
優しい態度で接することが出来ていれば、
怖がられずにすむのかもしれない。
要するに私は、優しくないってことなんですね。

「甘やかしてるからじゃない?」という人もいますが、
甘やかすと噛むんですか?
私は、動物が噛むのは怖いからなのだと思います。

私がケージの前に座るだけで「ぶーぶー」と威嚇されます。
「何か嫌なコトをされる」って思っています。
これが、回を重ねるごとに見事に刷り込まれていて、
なかなか記憶から消えることはないのだと思います。

ナデナデの最中に、ハッと我に返ったように飛び起きて、
「ぶーぶー」言いながら逃げていくこともしばしばです。

久々にブリーダーさんに会いに行ったら、
「すっかり信頼関係が無くなっちゃいましたね〜」
と言われてしまいました。
自分でも解っていたけれど、改めて言われるとショックで。

良かれと思って、歯のチェック、腹部のブラッシング、投薬、
…やっていますが、ウサギにとっては全てただの迷惑行為。

さらに、顔の周りの毛が全部抜けちゃった例は、
うちで3件目だとか。異例なんだそうで、不思議がってました。

…ストレスですか?

DVC00046 (2).JPG


きっかないこのウサギは、
自分に良く似てしまったからだ〜!と笑ってネタにしてたけど、
ここまで信頼関係が壊れてしまうと、もう笑って話せない。。

仰向けにされること、イヤな薬を飲まされること、
そんなにイヤならもうやらない。飲まなくっていい。
お腹に溜めずに自分で出してくれれば。
 

シリンジを置いて様子を見ていたら、ナデナデ要求してきた。
長い時間撫でていても、怒って逃げることはしませんでした。
ちゃんとペロペロ舐めてくれたりします。

ウサギだって、好きで怒ってるわけじゃないんだと思います。
本当は寂しいし、気持ち良くナデナデされたいんです。
イヤなことは要らないんです。

嫌がることはせずに、望むことばかりしているから、
ワガママになるのだと言われるかもしれませんね。
可愛がっている家族に心底嫌われて、怪我までさせられれば、
イヤでもそう考えてしまう。それはオカシイことでしょうか。


ウサギに噛まれたら、自分ならぶっ叩く!という人がいますが、
犬や猫と違って、飼い主を噛んではいけないのだという
理性はあまりないのではないかと思います。
叩いたりしたら、それが元で関係は悪くなる一方で、
ウサギも必死に抵抗してくると予想できます。

「人間のほうが上なのだと教えなきゃダメだ」と言うけれど、
ウサギが好きで人間の元にいるわけじゃない。
人間がウサギに傍にいてもらっているのに。
人間の都合で一日中ケージに閉じ込められているのに。
どうしてそんな傲慢なコトが言えるのか。
いかに相手のご機嫌を伺いながら接するか。
それがウサギというイキモノとの付き合い方なんじゃないかと。。。

「ウサギに対して神経を使い過ぎだ」と、
大切な人と大喧嘩になりました。
繊細なイキモノ相手にご様子伺いで疲れてしまい、
ウサギに噛まれた手も半端じゃなく痛むし、
変な人と関わって疲れ、会社で疲れ、喧嘩で疲れ、、、

ウサギに安心感も与えられず、
信頼もされない自分みたいな人間は、
ウサギなんて飼っちゃダメだったんじゃないかと。
 
なんか、色々疲れすぎた。。。
 
  
 
posted by Misuzu at 21:32| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

ウサギに噛まれて怪我をする2

 
今朝6時の出来事です。
 
シリンジを見せても、素直に飲んでくれません。怒りまくりです。
数日前は、覚悟を決めて自分から飲んでくれていたのになぁ。。。

やっぱり仰向けにするしかないのか。
仕方ない、オイラも覚悟を決めて…っと。
いつもは自分から機嫌良く飛び出してくるんですが、
薬を飲ませるようになってからは、
警戒してなかなか出てこず、待っていると時間がかかります。
まずケージから出てもらわないことには始まりません。

で、ウサギに手を出して、また噛まれて怪我をしてしまいました(>_<)
…横着をしたオイラが悪いんです。
ちゃんとケージの天蓋を開けてから、押さえつければ問題なかったんですけどね。

ケージの二階にいる場合、ウサギの頭上に隙間が少ないです。
そこにサッと手を入れて頭を押さえようとしたのが無謀だったんです(笑)
意外に力が強くって、手を跳ねのけられてですね、その後ガッツリ噛まれました。
正面からやっちゃダメですねぇ。

やんちゃウサギの押さえ方:
ウサギの口が届かないように、すばやく真上から頭を押さえましょう(先手必勝)。

暴れウサギを仰向けの刑にして、薬剤を口に流し込み、
ついでにお腹のブラッシング。ボフボフと抜けるわ抜けるわ。
さらに便秘解消に腹部のマッサージ。…受け入れず(涙)

今日の怪我は、、、
親指の内側。運悪く稼働部分。しかも結構深いです。痛いよぅ。痛いよぅ。

DVC00143 (4).JPG

思ったより傷が深いので、キップパイロールを塗って対応するよりも、
自分の治癒力でなんとかしよう!ということで…。
ジョンソンのキズパワーパッドの助けを借りながら様子をみます〜(涙)。
 
 
posted by Misuzu at 09:14| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

ウサギに噛まれて怪我をする

 
昨日の夕方から、腸の働きを整える液体のお薬を飲ませています。
もともと抱っこも、ひっくり返されることも、
口元に触れられることも大嫌いな子が、
得体のしれない変な味の液体を、強制的に口に流し込まれ、
ついでにお腹のブラッシングまでされるのだから、、、

かなりご立腹です。

もう、近づくだけで威嚇されます(TT
昨晩の様子。「ぶーぶーぶーぶー」抗議してうるさいです。

 


ウサギが絨毯で寝そべっている時に、近くに手を置こうものなら、
わざわざ自分から噛みつきに向かってきます。
「この手がイヤなんだよ」と言わんばかりです。

完全に嫌われましたね〜(号泣)。

今朝、投薬の後で、いつものようになだめようとして、
「はいはい、落ち着いて…」と手を出した瞬間。。。

がっぷり噛まれました。流血もんです。

なかなか止まらない血を何とかしなきゃと思いながらも、
記録として撮影するワタシ(…おぃ)

ウサギに噛まれるとこうなります〜という、恥ずかしい見本です。
上下の歯でガッツリいってます。噛まれた直後の様子を3枚公開。

DVC00018.JPG

DVC00006.JPG

DVC00003.JPG

米軍?御用達?のキップパイロールという薬を塗って、
今はなんとか傷は塞がっていますが、か〜な〜り痛いです(涙)
軽く腫れて熱を持っています。

誤解しないで下さいね。
ウサギが凶暴なんじゃーありません。
イヤなコトばかりされて超絶ご立腹なところに、
いつものようにと、侮って簡単に手を出した私が悪いんです。

噛まれたからといって叱りつけたら逆切れです。
なので、私はウサギの目を見て言ってみました。

「お姉ちゃんは、うーちゃんに痛いコトしてないよ」
(図々しく「オネエチャン」とか言うワタシ)

いたた…とティッシュで拭いているところを見ていたウサギは、
ケージの中で急に大人しくなり、ぺたりと寝そべりました。
「やっちまった」と思ったのか「してやったり」と思ったのか。。。
ウサギの気持ちは、よく解らんです〜(^^; 


今晩も投薬されて、とってもご立腹なうーちゃん。
近づくと怒って逃げるし、ナデナデしてても心臓バクバクしてるし、
全然気が安まっていないみたい。なので、放置プレイ中です。 

いまそこに、サカッた猫(レオ)が登場したんですが、
ご機嫌斜めなウサギが、部屋に入ってきた猫を威嚇して追い払いました。
すごいところを見てしまった…(@@;
  
 
posted by Misuzu at 23:33| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

【動画】怒るウサギをなだめる



先ほどUPした動画の続きです。
怒ったウサギを無理やりなだめます。
(ウサギを優位に立たせないために、あえて手を出しました)

さすがに噛まれると痛いので、こっちも神経使います。
ちょっと「ふぅふぅ」言っちゃってます(…かなり恥ずかしい)。

最後のほうは、ウサギは怒りながら歯ぎしりをしています。
まだ怒ってるけど気持良いらしく、、、

一体どっちなんだい!?

と、笑いをこらえながら撮りました(笑)。

この日以来、手を出すコツがわかったので、なだめるのが早くなりました。
なんでもかんでも、最初は大変ですね。。。 

   
 
posted by Misuzu at 15:39| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画】怒るウサギ(鳴き声&ウサキック)



先日書いた記事の続きです。
朝起きた時から、ワケもわからず不機嫌だったウサギ様(笑)。
怒っている様子を撮ってみました。

鼻の音が、「ぷーぷーぷー」から「ぶーぶーぶー」って変わります。
そのうち、前足でダカダカッ!と、ウサキックしてきます。

最後に聞こえる音は、携帯の目覚ましの音。
知ってる人は知っている曲です(笑)

 
 
posted by Misuzu at 14:34| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

怒りんぼなウサギ

残念ながらウサギって、可愛いだけじゃーありません。
すんごい怒りんぼなイキモノです(笑)

きっと原因はオイラにあるに違いないんですが。
ちょっとほったらかされたとか、怒られてイヤだったとか、
遊んでほしかったのにPCに向かっちゃった、とかとか、、、

ケージの隅で、「ぷーぷーぷーぷー」と鼻を鳴らしながら身を屈めて、
攻撃態勢に入ります。

え、さっきまで機嫌良く遊んでいたハズなのに、急にどうした…?
と思うことがしょっちゅうです(困)

こんな状態の時に手を出すと、
噛まれるか、前足でウサキックが炸裂するか、
狂ったように逃げまわるか、とにかく面白いことになってしまいます。

今朝は、起きてすぐ放牧してあげようとケージに近づいたら、
「ぷーぷーぷーぷー」言い始めました。ちょ…何もしてないのにっ!

「なんもしてないでしょ〜?怖くないよ」って言ってみてもダメ。
一度このモードに入ってしまうと、まったく聞く耳を持ちません。
でっかい良い耳を持ってるくせにねぇ(笑)

こんな時は、ひたすら放置プレイすると(人も動物もコレが一番)、
いつのまにか機嫌がなおっていたりして、
「ぶぅぶぅ」言いながら、ぐるぐる駆けまわったりします。

が、、、

今朝はムッときたので、捕まえてひっくり返して、目を見て説教(笑)。
「大丈夫だから落ち着いて」と、イイコイイコして、自由にしました。

困ったことに、どうにもこうにも機嫌がなおりません。オヤツでもだめ。
「この怒りんぼっ!もー知らん!」…こっちまで超不機嫌に。

モヤモヤした気分で仕事して、帰ってもまだ怒ってたらどうしよう?
なんて胃を痛めながら悩んでいたら、ウサギはすっかりケロリとしていて、
頭をつき出してきて、ナデナデを要求してきました。
良かった、いつもの う〜ちゃん に戻ったぁぁぁ(嬉)

まるで、喧嘩中の家族と仲直りできた時のような感じです。

こんな感じで、うさぎはワケ解らないことも多いですが、
こういう状態の時も含めて楽しんでいます♪

↓今朝の抵抗の痕。
 傷つくのは別に嫌じゃーないので、これくらいはヘッチャラ。

DVC00068.JPG

DVC00067.JPG


今日はこのまま会社に行きました(笑)


ちなみに、これは別の日。
茶色くなった傷跡と、新しくこさえた、ミミズ腫れ十字架バージョン。

DVC00065.JPG


暴れウサギを押さえつける時に、
両手首に横方向に傷ができるもんで…、

リストカット症候群

なんて間違われたりするとイヤだな〜(^^;
って、常々思ってたんですが、先日、ペットコーナーの店長さんも
おんなじコトを言っていたので、すっげーウケたのでした。。。
 
 
posted by Misuzu at 20:26| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。