2014年06月22日

うさぎに芸を「仕込まない」

こんにちは(^^

先日、芸をするうさぎの動画をUPしましたが、、、
はたして皆さん、どのように思われましたでしょうか?

芸を仕込んだの?
強制的に働かせたの?
うーちゃん可哀想に。。。

なんて思われたりしてないか、
ちょっとドキドキしています(^^;

言い訳ではないですが、
我が家では、強制も仕込みもしていないのです。
うーちゃんが持っているこれらの芸は、
うーちゃん自身が、ある日突然行い始めたものなのです。

おっ、それいーじゃん!?
固定化したら『芸』って呼んでもイイかもよ?

じゃあ、どうやったらそれを繰り返してくれるのか?


その時に至った考えが、

ひたすら褒める

ことでした。

行うたびに「いいねー!」って、

褒めて褒めて

これでもかっちゅーほど

大袈裟なくらい褒めまくる


ただそれだけです(^^

単純なことなんですが、褒め褒めすることで、
気を良くして繰り返してくれるようになりました。
人間の子供ちゃんと同じような感じです。

もうね、こっちが恥ずかしくなってくるくらい、
め〜〜〜っちゃ褒めまくって下さい。


うーちゃんからすれば、
ただオヤツが欲しいから〜ってだけだったのかもしれません。
最初のうちはね。

でも、飼い主の私が喜ぶから行ってくれているのかなと、
今ではとても強く思っています。
ただの思いあがりかもしれませんけどね(^^;

だから、うーちゃんの芸は、
芸というよりもコミュニケーションの一環
とっても過言ではないと思っています。

っていうか、きっと、絶対そうに違いないのです213870.gif


これは、お互いにとって大切な時間。
毎朝、毎晩、忘れることのない(ほとんど)日課。
日課というより儀式なんですかね、うーちゃん先生。


20140622.JPG



ちなみに、オヤツの入った私の手の平は、
いつもうーちゃんには見せていません。
だから、最初から何個入っているかも彼女には解りません。
(その時々で異なります)

うーちゃんはオヤツに気を取られているというよりも、
「いい、ちゃんと見ててね」と
私に意識を向けながら行っているのです。
つくづく、凄いウサギだなぁって思います。
こっちがトレーニングされているような気分ですよ。


皆さんも、
いっぱい褒め褒めしてあげて下さいね。
ウサギに限らず、猫ちゃんもワンちゃんも、みーんな同じですよ♪
金魚だってちゃんと覚えますから。


はい、今日も親バカ全開ですよ〜。

ハート
anigif.gif




posted by Misuzu at 16:12| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

多芸なうさぎ


明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年一年、
皆さまにとってより良き年となりますように〜♪(^^


さてさて、、、
随分と放置プレイが続いておりましたので、
年明け一発目は、可愛い画像をお届けします
うーちゃんがとっても可愛いので(親ばか)、
3本ともご覧いただけたら嬉しいです213870.gif


■ 多芸なうさぎ1

うーちゃんのペレット皿は、
普段はケージの下にしまってあります。
ある日、ケージの下から自分で引っ張り出したので、
その時にペレットを一粒お皿に入れたのです。
(おやつはNATURAL FIBERを小さく千切ったものです)
食べたらまた、お皿をケージの下にしまって。
うーちゃんは、欲しいがためにまた引っ張り出します。

それを繰り返していたら、
いつの間にか毎朝の日課になってしまいました。
ホントに賢い子です。




このまま、ず〜っと続くように思えるでしょ?
「もうオシマイだよ」の合図は、
「あと3回だよ〜」「あと2回だよ〜」「次が最後だよ〜」と
カウントダウン的に声かけをしていって、
最後は「はい、オシマイでーす」と、身体にポンポンと触れています。
こうすることで「もう無いのだな」と理解して、
お皿から離れてくれます。


■ 多芸なうさぎ2(前篇)

お次は、上記の木皿より先に行っていた芸(?)ですが、
今回改めて動画を撮ることに成功したので
ついでに公開することにしました。
ぜひご覧ください(^^

30日の晩に、年賀状用の写真を撮影している最中だったので、
蛇のヌイグルミがあったり、レンズキャップが転がってたり、
牧草やウン粉、絨毯はシッコ染みだらけ213890.gifという、
なんともミスボラシイ状態ですが、、、
気にしないで下さいね302346.gif


ワンコがオネダリをするように、
うーちゃんも顔をお皿にズボッ☆とやっています。
可愛くて可愛くて、繰り返させていたら、
いつの間にか毎晩の日課になっていました302346.gif

横着して "浅いズボ" の時は、
「あれ〜?」と言うと、再び深くズボしてくれます。
自分でも、今のはダメだなって解っているのです。
おやつは、NATURAL FIBERを小さく千切ったものです。




■ 多芸なうさぎ2(後篇)

ズボッのオシマイの仕方を紹介しています。
声が入るのがイヤだったので、
声かけはしていないのですが、ポンポンはいつもの通りです。

ん〜、、、
特に声かけが無くても、ちゃんとヤメにしてますねぇ302346.gif




うーちゃんの場合は他にもあって、、、

トイレに行った時にも貰えるのです。
が、トイレに駆け込んで、何も用を足さずに、
ダッシュでドヤ顔して戻ってくる時も多々あります。
ウンコ一個だけポロンして「ぶぅぶぅ♪」ってやってきたりします。
(こんな時でも一応進呈しています…)

そして、ケージの掃除の最中に、
肩に飛び乗ってきた時にも貰えます。
マイブームのように、これにばかり集中する日もあります。

こんな感じで、
色々なシーンでオヤツ稼ぎを頑張っています。

※ペレット時間に与える量(三光のラビプラ)を減らし、
このような遊びの時に食べ過ぎることのないよう、
ちゃんと調整しているので、どうかご心配なくなのです。



うさぎさんでも、
これだけ色々なコトが行えるのです。
飼い始めた当初は随分と侮っていたオイラですが、
とても頭の良い動物さんなのだと勉強になりました。。


楽しんで頂けましたら、
右のうーちゃんバナーをクリック☆
よろしくお願いしま〜す♪

 
 
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

噛み兎な思い出

 
オイラは愛兎に対して「噛みつき反撃」なる「暴力」を振るい、
かつ、それをヒトに勧めた乱暴者です。
オイラがやった「兎式喧嘩法」は、ウサギ愛好家の方にとっては、
とんでもない暴挙に思われたコトと思います。

人それぞれ考え方も違うし、
それぞれのお宅での飼育環境も、ウサギさんの性格も違う。
ヒトに勧めるべきではなかったのだと後悔してます。
たくさん寄せられていた、暖かく優しいコメントの中で、
オイラの意見だけが過激でした。
冗談でも茶化して言うべきではなかったな、と。。。

オイラに対して批判的な考えを持っている方は、
とても沢山いらっしゃると思います。
それを隠しながら笑顔で対応するのが人間。
直接批判は受けていないけれど、
ヒトの心の中が一番ワカランものなのです。
うさフェスでお会いした方々も、
実は心の中ではどう思っていたか解らない。
そんなことを考えていたら、心が急に疲れてきて。。。

あれこれと色々悩んだ末の、ぷち復活です。

***

ヒトの傍にいる動物さん達は、なんらかの目的を持って生きています。
その目的が何かは解らないけれど、
無目的にノラリクラリと生きている人間なんかより、遥かに崇高です。
うーが、こうしてオイラなんかの傍で生きててくれている限り、
色々な経験を積ませてあげたいのです。

食べ物にしても、しつけにしても、色々学ばせてあげたい。
人間と暮らすには、ある程度のルールは必要で。
可哀想だけれど、それを強いることも時には必要で。
君の管理者は誰?その相手に怪我をさせてはいけないよ。
それは最低限理解してもらわなければなりません。
ココはオイラの部屋。一緒に仲良く過ごそうね。

可愛いだけじゃ〜飼ってられない。
自由奔放過ぎて、躾をされない子のほうが可哀想かもしれない。
悩みぬいた末に、「兎式喧嘩法」を取らざるを得なかった。

兎さん同士の喧嘩であれば、、、
耳を失ってもおかしくないほど強烈なバトルになるのでしょう。
オイラは人間だから、怪我はさせまいと理性で加減した。
でも、完膚なきまでに思い知らせてやろうと思った。
だから、うーが痛みを感じるくらい、思いっきり噛んだ。
自分もとっても辛かったけど。

人間に噛まれた。。。
そんな経験も、うーにとっては貴重なものかもしれない。

動物さん達は死後の世界で、
自分が経験したことを報告しあっているらしい。
そして、その経験を生かして、
次に何に生まれ変わるのかを決めるのだとか、どうだとか。

「ねぇ神様。オイラね、兎なのに人間に噛まれちゃったよ…」

その"ご報告"の様子を、妹画伯に絵にしてもらったら、
こんな感じになりました。

ほうこく.jpg


妹の頭の中の想像では、
神様は必ずしも人間の姿をしている必要はなく、
あくまでも異形なのだとか。。。

そして、こんなチッコイ紙じゃ書き足りない!
本当はもっと色々と書きこみたかったけど、
赤ちゃんをおんぶしながら書くのは辛い…。

っちゅーわけで、このへんで断念したのだそうです(^^;
(あやしながらで、総計6時間かかったらしい)

「噛みウサギ」がヒトにもたらす影響は、計り知れないほど大きい。
うーが噛みうさぎだったおかげで、オイラも色々と考えさせられたし、
兎と接する術も身についたように思う。

痛い思いはするけれど、悪いコトばかりじゃない。
きっとお互いに、良い思い出になるに違いないのだ。。。

にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
  
 
 
posted by Misuzu at 18:39| 埼玉 ☀| Comment(20) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ちょっと言葉を変えて…


先日は、うんコレクションについて、
沢山のコメントを有難うございました♪

「ヘンチクリンな不具合うんち」の詳細は、
ちゃんと後日UP致しますね。お楽しみに〜(^^

さて、今日は時間がないので、
簡単に書けるネタから、、、

DVC00396.JPG

 
うーってば、オイラの気を引こうとして、
わざとオイタをしたりします。
(どこのウサちゃんも、きっとそうかな?)

例えばPCに向かっている時、
家の一部を齧ったり、
入っちゃイケナイ所に潜り込んだり、
ビニール袋に棄てておいた、
使用済みの湿布を食べようとしていたり…

や〜め〜れ〜!(@@;

毎日コレのオンパレードです。


うーが噛みウサギになったコトで、オイラも反省して、
怒りすぎない努力をしてきました。

うーはオイラが怒ると怒る(笑)ので、
言葉を変えて、諭すようにしています。

たとえば、

「こらっ!」と言うと、「あ」の音で強く発音して、
大きな声になってしまいがちなので、
「これっ!」に変えてみました。
すると、意外と大きな声にならずに済みます。

そして、「ダメ!」って言うのも簡単で言いやすいけど、
ついつい感情的になりがちなので、
「いけない!」に変えてみました。
ちょっと言いにくい分、自分も落ち着いて発声できます。

「これっ、いけない!いけないよ。」

そう言うと、、、
うーは、一瞬ハッとした顔で動きを止めますが、
その後で身を屈めて頭をそっと出してきます。
可愛いんだな〜、これが(^^

怒るというよりも、注意といったところでしょうか。
一応これで、素直に聞いている感じです。


愛兎ちゃんを、ついつい怒りすぎちゃう〜(><)って方、
ぜひ一度お試しください。。。



噛みウサギで、ひたすら勉強☆
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
 
 
posted by Misuzu at 20:22| 埼玉 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

抱っこ出来なくなったウサギ

良い感じに仰向け抱っこを練習出来ていたのに、、、
全く抱っこ出来ないウサギになってしまいました(笑)
手を出すと、狂ったように逃げ回ってしまいます。

おそらく「捕まる=爪を切られる=痛い」
の図式が成り立ってしまっているのかもしれません。
猫用の切れ味の落ちた爪切りを使ったのがマズかったかな〜。
あの可愛い顔を見られなくなってしまって、残念無念です。。。

きょとん とした顔。

DVC00176.JPG

なでなで、、、

DVC00178.JPG

この顔、たまんないですっ

DVC00173.JPG

なに、この足(笑)

DVC00171.JPG

その様子、全景

DVC00170.JPG

ずるずる、、、

DVC00177.JPG

落ちちゃう落ちちゃう!

DVC00175.JPG
 
  
 
posted by Misuzu at 16:35| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝の放牧が日課に…

ウサギのワガママをきいて外用トイレを認めてからというもの、
かなり面倒臭いことになりました。

「外のトイレでオシッコしたいんだから、ここから出してよ〜!」

と言わんばかりに、中のトイレで用を足さなくなりました。
トイレは夜掃除してるんですが、朝までオシッコをしません。
(●はしてるんですけどね…)

オシッコの我慢は身体に良くない。
おかげで、毎朝の放牧が日課になってしまいました。

この、トイレタイムのためだけに出してあげます。
ついでにナデナデの要求にも応えます。
朝は時間がないってのに(涙)。

で、ですね、困ったことはまだあります。
朝までおとなしく過ごしてくれていた子なんですが、
夜中の3時でも騒ぐようになりました。

「外のトイレに行かせろ〜」って抗議です(涙)

しかし、その要求だけは無視します。
どんなに騒いでも、朝までは出してあげません。
オシッコ我慢しないで、中のトイレでしてね。。。

そんでもって、耳栓復活です。

さらに困ったのは休日です。
具合悪いし、休みの日こそお布団でウダウダしてたいよ〜。
そんなオイラのささやかな要求は見事にブッ壊されました。

外のトイレに行かせてあげないと。
というわけで、一度6時に起きて放牧してから布団に戻ります。が…

どんだけウルサイの!?
ってくらいの暴れっぷりです。よく動きます。破壊活動も激しいです。
イエコハウスに入ろうとして、囲いを必死に壊そうとします。
それだけならまだしも…ウサギエリアの仕切りを壊そうと必死です。

先日、このダンボールの仕切りを、
端から上手い具合に押しのけて入り込んできました。

げっ!こりゃいかん!

と思った瞬間、コード類の沢山ある机の下に潜りこみ、
そこからイエコハウスめがけて突っ走りました。
ハウスはビニールがかかってて入れないのに。こっちも捕獲に必死。
机の下に仮置きしていたピートの蒔き床をぶっ散らかされるし、
えらいめに遭いました。

かと思えば、今度はケージの上に乗ることを覚えてしまう始末。
消臭剤やらオヤツやらも置いてあるので放っておけないし、、、

そんなこんなで、普段と違う音がするたびに布団から出て、
改善しては戻り、また布団から出て…を繰り返しました。

寝てらんないよ、もうっ

仕方なしに起きてくると、毎回こんな感じ。
●だらけだよ。。。

DVC00025.JPG


 
 
posted by Misuzu at 16:04| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

ウサギに消灯を教える

ウサギがうちにきてから、毎日していることがあります。
ちょっと恥ずかしいけど書いてしまいます(笑)


ウサギと遊んだあとケージに帰し、電気を消す時に必ず

「ねんね」

と声をかけています。

「ねんね」=ケージに戻される=部屋が暗くなる=寝る

のを覚えてもらおうという考えです。
小さいうちは、ケージに帰されたことを怒って、暫く暴れていました。
(耳栓がないと眠れないくらいうるさかった)

やがて、私がケージに返さなくても、「ねんね」の言葉を聞いて、
自分からケージに帰っていくようになりました。
時間はかかるけど、何度も言い続けてやっと帰るという感じでした。

ウサギだって理解できんじゃん!

嬉しくて、このタイミングでオヤツをあげました。
自分で戻れたね、偉いね、って感じです。

今度は、「ケージに戻るとオヤツをもらえる」と覚えたからか、
「ねんね」を聞いたら、すぐに戻るようになりました。
ウサギは、オヤツが欲しいがゆえに、ちゃんと帰っていきます。
ケージに戻ってすぐ振り返り、オヤツを要求します。
これがまた可愛いんです。

消灯して数分は、ガリガリ、ガタガタ!と騒ぎますが、
すぐにおとなしくなります。
消灯したら寝るのだと、ちゃんと解っているようです。

朝まで静かにしていてくれる理由は、
もしかすると、ケージに帰る際に"ちゃんと納得しているから"
なのかもしれません。。。
 
DVC00151 (2).JPG 

posted by Misuzu at 15:33| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

ウサギを飼って…妥協する。

 
なんだかんだ言いながら、、、

先週末から外用トイレを設置しています。
とはいえ、躾に失敗したわけじゃーないんです。
ことの経緯はこうです。

相変わらず、自分で決めた場所でオシッコをしたいようで、
私の様子を伺いながら、決まった場所に近寄っていきます。
私の目を盗んで(PCに向かってる時)は粗相をしましたが、
Taco社長のアドバイスの通り、怒らずにいました。

睨むか、低い声で「こ〜ら〜」と言うと、走って引き返してきます。
怒られるのは解っているんです。でも、したい…(笑)

で、我慢した結果、酷いことになりました。
慌てて戻ってきて、私の隣の牧草の袋の中で遊び始めたと思ったら。

牧草の袋の中で粗相!

なんちゅ〜暴挙じゃ!(笑)
ごっそり捨てる羽目になりました。
袋の中にもオシッコの匂いが残っているので、マズイ予感はしていました。
案の定、数日後に2度目の暴挙。
怒られると察して戻ってきて、牧草の袋に飛び込んで粗相。
そこまでして、自分の決めた所で用を足したいか。
我慢しなくても、ケージに帰ってすればいいのに。こりゃまいった。。。

考えてみたら、私の都合でケージから出したり閉じ込めたり。
「まだ外で遊びたいのに、ケージに入ったら閉じ込められるかも」
と思って不安なのかもしれません。

ケージ内も、餌場やトイレは私が勝手にレイアウトしたわけで。
随分我慢を強いられ、ウサギは一方的に耐えています。
何かひとつくらい、ウサギのワガママが通ってもいいハズ。

トイレの我慢は体に良くない。。。
ということで、折れました(笑)。

↓外用トイレ設置。
でも、そんなに変わらない場所なんだけど…なぜこだわる!?

DVC00024 (2).JPG

↓設置後、速攻!

DVC00138.JPG

ケージ内のトイレと同じものなので、すぐにトイレと認識したようで、
瞬時に馴染みました(笑)。「そこでして良いんだ」と解ったのがスゴイ。

これでトイレを我慢せずに済んだわけですが、
ケージ内トイレと外用トイレ、毎日2箇所の掃除が面倒です。。。(涙)
 
 
タグ:モコうさ。
posted by Misuzu at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

ウサギの騒音、その後。

ウサギが夜中にケージの中で暴れて眠れず、
騒音対策&寝不足解消として耳栓は欠かせないモノになっていました。
快適に眠れて幸せな日々を過ごしていたわけですが、、、

最近、夜中の様子を知らないけど、どうしてるんだろう?
夜中に怒らなくなった分、ケージの噛み癖が酷くなってるんじゃ…。
という不安もあって、先週末、試しに耳栓ナシで眠ってみました。

様子見1日目。
ケージに戻して消灯した後、少しの間暴れていました。
が、いつの間にか静かになっていて、気がつけば私も眠っていました。
そして、2時頃にトイレに起きた時、ウサギも起きてしまい、
暫く暴れておとなしくなり、朝5:30に騒ぎ始めました。

様子見2日目。
ケージに戻してすぐ眠って、朝5:30までずっと静かでした。

様子見3日目。
ケージに戻してすぐ眠って、朝5:30に騒ぎ始めた。

様子見4日目。
ケージに戻して暫く騒いでから眠り、朝5:30に騒いで私に怒られて、
6:30にケージから出して一人で遊ばせておき、私は9:30まで寝た(笑)。

という感じで、夜中は静かにしていてくれるようです。
お陰で耳栓は不要になったんですが、5:30という早起きだけは勘弁です。
せめて6:30だったらちょうど良いのに…。なんて勝手なコトを言う私。

日中は殆どダレていて、ケージの扉を開けていても、
中でグータラしています。具合が悪いのかと心配になるほどです(笑)
それが夕方になると、何事もなかったかのように急に活発になります。
ウサギって、こーゆーもんなのかな?

そんなこんなで、いろいろ楽しいです。。。
 
DVC00109.JPG 

posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

ウサギを飼って苦しむ5

最近、ブログが更新できなかったり、メールの返信が遅いのは、
ウサギで困っているからです(涙)。いま、一番の苦しみです。
今回は一気に愚痴ります。読むの疲れますよ〜(笑)。

「ウサギがワガママになるから、時間を決めて遊ばせる」

というのが正しいようですが、私が部屋にいる間は、
極力ケージの外に出して遊ばせてあげています。
一日中狭いケージに閉じ込められているのだし、
ニンゲンの都合だけを押しつけたら可哀想だと思うからです。
ウサギに嫌なコトを強いている代わりに、
遊べる時はいっぱい遊ばせてあげようという考えです。

そんなわけで、ウサギをケージの外でヒトリで自由に遊ばせながら、
仕切りの向こうでPCに向かって作業する私。
そんな私が気に入らないのか、遊ぶのをやめてケージに戻り、
ジッとこっちを見つめています。

DVC00114.JPG

そんな可愛い姿を見ると、傍に行ってあげたくなります。
「きっと寂しいんだよね、ごめんね」と傍に行くと、
また急にヒトリで活発に遊び始めます。
呼んでも無視して遊んでいるし、傍にいても意味ないんじゃ…。
と思ってPCに向かうと、またおとなしくなって見ています。

要するに、きっと小さい子と同じなのかも?
「マ〜マ〜!みーてーてー!」って感じなのかも?
と解釈して、ウサギの傍について、遊びを見守ることにしました。

やがて、70cmある仕切りを飛び越えてくるようになりました。
まだ生後二カ月なのに!走り回っているので、筋力がついたのでしょう。
それはそれで良いことだけど、越えてきてもらっちゃ困るのよ。
寂しいとからいうより、イエコハウスの裏や下で遊びたいので、
「ココを飛び越えれば遊びに行ける」と解っているのです。

前科2犯です。
晩飯を摂っている間に放牧しておいて、仕切りを飛び越えられ、
イエコハウスのコード類をガジガジやられました。

私が傍についていても飛び越えようとすることが増えたので、
全く油断ができません。私も跨ぐのが毎回ひと苦労なのに。。。

そんなこんなで、結局ウサギの傍にいることが多かった私ですが、
しかし、そればっかりやってられんのです(涙)。
ピグミー本の作成も期限が迫っていたし、色々な問題があって滞るわで。
可哀想だけど、つきっきりではいられませんでした。
ときどき傍に行って撫でたり、抱っこの練習でオヤツをあげたりと、
完全放置ではなかったんですが…。

3日くらい前から、連続で粗相をするようになりました。
最初は怒っていましたが、なんか無駄っぽいので、怒るのをやめて、
粗相をしたらすぐにケージに戻すことにしました。
消臭剤で匂いを消しても、外に出せば必ずそこにオシッコをします。

これはきっと、寂しいことへの抗議なのかも。。。
と思い、今日はずっと傍にいてあげていました。ところが。
新聞紙は、しゃがみ難いようにボコボコに山を作っていたにもかかわらず、
ちょっとの窪みにしゃがんだ瞬間にオシッコをチビ、、、

またかよっ!

慌てて抱えてトイレに戻すも、続きのオシッコをしようとしません。
あくまでも、ケージの外の新聞紙の中がトイレなのだと言わんばかり。

今までちゃんと出来ていたのに、
どうして急にダメになってしまったのか解りません。

新しい新聞紙でもダメ。
トイレの匂いが周囲に籠っているからかも?と、
掃除をしてから出してみてもダメ。新聞紙に凹凸の細工をしてもダメ。
あらかじめ、新聞紙に消臭スプレーをかけてもダメ。

縄張り主張のマーキングなんでしょうか。
生後三か月たらずのメスなのに。

トイレには新聞紙をひいているので、
「おんなじ匂いがする=トイレ」なのかもしれないので、
遊び場の紙を、他のものに替えてみることにします。

第二の外用トイレを設置しておけば良いのでしょうけど、
ちゃんと決まったトコロでしてほしいので、
とりあえず設置は見送っています。
 
粗相さえなければなぁ。。。

DVC00108.JPG 
 
 
posted by Misuzu at 00:02| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

ウサギを飼って苦しむ4

ウサギに一番悩まされていること、それは夜中の騒音です。
人が寝ている時に、もんのすんご〜くウルサイ!

ひとしきりケージの外で暴れまわって、体力を消耗している時は、
消灯して暫くの間はおとなしくなるのですが、0時を過ぎてから、、、

…ガリガリガリ…ドタンドタン!…ガガガッ!
…ゴトッ!…ガリガリガリ…ガンッ!…ガリガリガリガリガリ…

やかましいっ!!!

まったく、ケージの中で何が起きているのやら。
給水器に八つ当たりして、ガツンガツンやってるのは構わんのですが、
ケージ齧りだけは、なんとしても止めさせたい私です。

学生の頃、バイト先で、ケージ齧りがひどくて、
前歯を失っているウサギたちを何羽も見てきたからです。
だからちょっと神経質。

「うるさい!」と怒鳴ればすぐに止むのですが、
暫くたつと、またガリガリガリガリ…

うるさいっつの!

毎晩、寝返りのたびに起きてしまうし、
ちょっとの物音でもすぐに目を覚ましてしまう私。
ホント、いい加減にしてほしいです。うるさすぎてマジ眠れんです。
ウサギを飼う時は、同じ部屋には寝ちゃいけませんね(涙)。

飼ってからというもの、毎晩眠りながら怒鳴っています。
きっと、一晩で10回は怒鳴ってます。
朝4時半を過ぎた頃が最もピークで、助けて〜って感じ。
もしかして、構ってもらえてると勘違いしてるのかな?

↓「あそんでよ〜」

DVC00362.JPG

というわけで、もう半月ほど、まぶたが激しく痙攣しっぱなしなもんで、
先週末、親から耳栓なるものを借りて初めて使ってみました。

すげぇ、なんも聞こえん…

低い物音は、聞こうと思えばかすかに聞こえる程度。
イエコの鳴き声など、甲高い音は全然聞こえません。
こりゃ快適に眠れそう♪なんて期待を込めて、、、

寝過ごしたぁぁぁ...

体の痛みで気がつけば11:30!
休日とはいえ、なんてこったな事態です。
植物の撮影は、日が出ている間しかチャンスがないのに、
こんなに時間を無駄にしてしまうとは。耳栓恐るべし。。。

でも、ものすご〜く良く眠れました。その反面、ちょっと長く眠ると、
背中や腰の痛みがひどくなるんで大変なんですが。ババですねぇ(笑)。


携帯を枕の下に入れておけば、バイブで起きれることが判明。
でも、電磁波は頭に悪いかも。あ、もともと悪いから関係ないか(笑)。

ケージ齧りは、恐らくヒトが不在の時に散々やっているかもしれない。
きっと、夜だけ怒ったって意味がないのかも。
諦めるつもりはないのだけれど、眠りながら何度も怒鳴るのも疲れるし、
ウサギも5年くらいしか生きられないのだし、
出来る限り怒らないで接してあげたい。
というわけで、今日から耳栓使って寝ます〜。。。

  
↓「バカボンのパパなのだ〜」(来て3日目のとき)

DVC00364.JPG
  
posted by Misuzu at 23:04| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

仰向け抱っこ克服

苦しみばかりを立て続けに書いていてもなんなので、
たまには嬉しいコトでも。。。(おとといの晩の話です)

ウサギに頑張ってもらっていた"仰向け抱っこ"ですが、
慣れてきたので、試しに添え手ナシでやってみました。

今までは、わきの下に手を入れて、かるく腕を押さえていたんですが、
ナシでも出来るんじゃないかと思って…
話しかけながらひっくり返してみました。

DVC00079.JPG

本人はキョトンとしていますが、
なんだか人形みたいじゃないですか?

可愛すぎます!

…13秒後に飛び起きました。
すごい進歩です。えらいえらい。
 
 
posted by Misuzu at 22:54| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギを飼って苦しむ3

今日は苦しみの3話目です。
長いから「もういいよ〜」って感じですよね。
書くのも大変だけど、さすがに読むのも疲れそうです。。。

ケージの真横に、餌、トイレ砂、チモシーの袋を置いていました。
ウサギを放牧(?)しているとき、これらの袋の角をガリガリ齧るので、
チモシーだけ残して取りあげました。(ケージの上に置くことにした)

そのうち、チモシーの袋を倒し、顔を突っ込んで食べ始めました。
チモシーなら、自由に好き放題食べてもらって構わないし、いっか。
なんて思って放っておいたら、絨毯が牧草のクズでスゴイ状態に!

DVC00013.JPG

最初のうちは、好き勝手食べて、トイレに走っていって、
また戻ってきて食べて…を繰り返していましたが、
そのうち、トイレに戻らずに、その場にウンチをするようになりました。
「まったくも〜」なんてつまみながら、ポイポイ捨てていました。
そんなある日、油断していて、部屋の角にオシッコをされました。

トイレのしつけは完璧だったはずなのに、なんで!?

ちょっと呆然としましたが、
ここで、どうしてウサギが粗相をしてしまったのかを冷静に考えます。

ケージの中では、チモシーを食べながらトイレに座っています。
「チモシーを食べる=ウンチをする」なわけです。

DVC00386.JPG

ケージの外では、遊びながらチモシーを食べることができます。
遊び場の真横には、ケージ越しにトイレがあり、オシッコの匂いがします。
そんでもってうまい具合に、なんの妨げもない"角"がちょうどあって、、、

こりゃー、トイレと間違えるのも無理はない。
ついウッカリの粗相だったのか、勘違いをしたのかは謎ですが、恐らく後者。
とりあえず、遊ばせながらチモシーを食べさせるのはやめました。

しかし、取りあげたら、ものすごい怒っています。
「今までここで遊んでたのに!食べてたのに!」って感じなんでしょう。
でも、トイレ以外の場所でオシッコされると困るんです。

必死に、絨毯についたオシッコの匂いを掃除したけれど、
粗相を再発したらどうしよう?でも、積極的に食べてほしい牧草を
取りあげてしまうのは不憫だ…と考えた末にこうなりました。

↓2/12の様子
「齧りたい・掘りたい」対策に、新聞紙コーナーを設置。

DVC00019.JPG

ここに、ぐしゃぐしゃにしたロール紙と、牧草を投入。
牧草の散らかり防止に、新聞紙の端を少し折って、トレイ状にしてみた。
(ガムテープを使ったら、面白がって齧って飲んだので慌てて剥がした)

部屋の角の部分は、しゃがめないように、新聞紙でコブを作っておいた。
こんな単純なものでも気に入ったようで、大喜びで遊んでいます。
新聞紙をものすごい勢いで豪快にビリビリ破って大はしゃぎ。
たまにチモシーを食べながら休んで、ちゃんとトイレに行って、、、
とりあえず、粗相はしなくなりました。
 
↓2/15の様子

DVC00025.JPG

↓今日の様子 

DVC00084.JPG

さて次は、もっとも苦しんでいるコトについて書きますよ〜。

posted by Misuzu at 22:27| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ウサギを飼って苦しむ2

さて、今日は苦しみの2話目です(笑)。

買った日はおとなしく抱っこされていたうちのウサギですが、
翌日からは、てんでダメになりました。
(最初は、怖くて我慢して様子を見ていただけだったみたいです)
抱き上げようとすると、ひどく暴れて逃げまわります。

ちっとも可愛くないっ

ウサギって、「頭を撫でて」と寄ってくる、
おとなしくって可愛いイキモノじゃーなかったの?
なんか、"ウサギ苦手モード"に一気に戻ってしまいました。

「抱っこは良いこと」と覚えさせると良いと、
marunanaさんから教わったので試してみてもダメ。
そもそもナデナデすらさせてくれません。すぐ逃げます。
自分本意に駆け回って、自分だけで楽しんでいる感じです。

仕方ないよ、慣れてないんだもんね。
自然界ではウサギは捕食される立場のイキモノだし、
「捕まる=食べられる」なんだから、ほんと仕方ないんだよね。

なんて寛大に思っていても、、、
人に触られることに慣れていなかったのか、
人が触った所を全部自分で舐め直す始末。

これ、けっこう腹立たしいもんです。

こりゃいかん。。。

とりあえず、すぐさま「食いつきが良い」というオヤツ
(ミルケットという小さなビスケット)を購入して、
餌づけ作戦を試みることにしました。

↓プラナリアみたいな顔だねぇ。。。

DVC00360.JPG

ところが、、、
中途半端に齧って、すぐさま慌てて逃げ出します。

どこが「食いつきいい」んだよ〜っ

このままオヤツが全部無駄になるんじゃないかと心配しました。
試しに食べてみたけれど、とても美味しいとは思えない味です。
きっと、このウサギには美味しくなかったんだな〜。とか思ったら。
妹のコドモが喜んで食べました。
まだ喋れないくせに、身振り手振りでおかわりを要求します。
妹も、「甘くて結構うまいじゃん」とか言うし…信じられん!

「一回で一個あげちゃうんじゃなくて、
一個を何個かに割って、回数多くした方が効果的じゃね?」
と妹が言うので、早速試してみることに。
本格的に、「抱っこされるとオヤツをもらえる」作戦開始です。

一週間経たないうちに、自分からモモに乗ってくるようになりました。
ですが、問題はここからです。
どうやらヤツは「人んとこ行けばオヤツくれる」と思っているらしい。
で、用は済んだとばかりに、食ったらすぐモモから降りてしまいます。

それじゃいかーん!

というわけで、、、
自分から乗ってきた場合はナデナデのみ。
人から強制的に抱き上げられて、ナデナデに耐えたらオヤツ。
というふうに切り替えてみました。

最初は怒って人の服を噛みまくっていたウサギですが、
なんかだんだん理解できてきたようで、
おとなしく抱き上げられるようになりました。

やればできんじゃん!

だけど相変わらず、食べたらすぐに降りてしまうんですが。
とりあえずはヨシとしてあげよう。

…な〜んて、甘くはないです。

食い終わって降りようとしたら、
すぐさま阻止して、抱き直してナデナデ。
そして、ある程度我慢したら釈放。

そうこうしてるうち、ナデナデ=気持ちが良いと覚えたのか、
自分から要求してくるようになりました。
最初は、ちまっと丸まっているんですが、そのうち頭を床にくっつけて、
ぺちゃ〜んとした状態になってしまいます。可愛いです。
努力が報われて嬉しかった。

↓ナデナデ要求中

DVC00068.JPG

↓ハムスター?(笑)

DVC00064.JPG

↓不細工なウサギ。。。

DVC00065.JPG

↓"ぺっちゃんこ"の例

DVC00035.JPG

それなりに学習能力があると解ったところで、
次は"仰向け抱っこ"の練習に突入です。これまた難易度高し。
嫌がって、暴れて、もがいて、ちっともひっくり返りません。

でも、ここで諦めて放したらオシマイです。
「逃げれば済む」と学習してしまうので、一度捕まえたら放しません。
もし逃げられたら再度捕獲してやり直し。
そして、嫌なことを頑張ったら、ご褒美にオヤツを。

何度、正しいやり方で、ちゃんとした抱き方から
ひっくり返してみてもひどく暴れるもんだから、
アタマにきて、強制的に仰向けにしました(笑)。
ちょっと可哀想なんですが、出来ないとイザという時困るってことで。
これは無理にでも練習して慣れてもらわなければなりません。

一日一回、数日後は二回…とやっていたら、
意外なことに、一週間くらいでちゃんと出来るようになりました。
最初はほんの数秒だけど、こりゃ〜すごい進歩です。

昨日は私も面白がって、5回仰向けにしましたが、
ウサギ的には「オヤツがもらえる」と思っているからか、
おとなしく応じてくれます。
ひっくり返っている時のウサギって、けっこう可愛いです(笑)。

そして、昨日はもっと進歩があって、、、
いつもはオヤツを食い終わったら、さっさと降りてしまうんですが、
自分から体勢を直して、ナデナデモードに入りました。
モモの上で歯ぎしりをしながら、おとなしく撫でられていました。

よ〜しよし!いいこ♪

と、このタイミングで、ボーナスオヤツをあげることにしました。
今日もちゃんとできたので、たて続けにオヤツをもらいました。
仰向け抱っこも2回出来たし、結構食べてます。

といっても、ビスケットは一日2個までと決めているので、
それぞれ4分割して、8回までなんですけどね(笑)。

抱っこは3カ月くらいまでに出来れば良いらしいですが、
いまのところ、仰向け抱っこ含めて3週間でこなしてくれています。
無理矢理ってのは可哀想だし、そこまでする必要あんの?
って自分でも思うんですが、、、なんか微妙な気分です。

近々、爪切りも自分でやってみる予定です。

そんでもって、苦労はこれだけじゃ〜ないんです。
またまた3に続きますよ〜(涙)。

posted by Misuzu at 23:01| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ウサギを飼って苦しむ

というわけで、迎えてからしばらくの間は苦しんでいました(笑)。
最近ユトリが出てきたので、ちょっと纏めて書いてみようと思います。

初日は、猫を被ったように大人しかったんですが、
2日目以降は環境に慣れたのか、だいぶ動き回るようになりました。
一日中、狭いケージに閉じ込められっぱなしで可愛そうなので、
まずは室内を自由に歩かせてみました。そうしたら、、、
「あっちに行きたい、こっちに行きたい」と、
色々な隙間をみつけては潜りこみ、その先にあるコード類に齧りつき…

もう、やーめーてー!の連続。

きりがないから、部屋の3分の1くらいダンボールで仕切って、
自由に動いても良いスペースを与えてみました。
が、そこにはイエコハウスがあります。
あろうことか、イエコハウスの下3〜4cmの隙間を、あっさり潜っていきます。
そしてそこには、イエコ達のためのヒーターのコードが…。

DANGER!

というわけで、潜りこめないように詰め物をするも、
それをどかそうと、掘ったり齧ったりするので、目が離せません。
ある日、隙をついてイエコハウスの中に侵入したこともあったりして、
パネルヒーターで火傷しやしないか、冷や汗が出ました。
イエコハウスの横にあるちょっとした隙間も、
ビニールを押しのけて進んでしまい、裏側に潜って出てこない、とか。
何度ダメだと言ったところで聞くわけもなく。。。

ウサギってバカなんだと、本気で思いました。

でも、「掘る・潜る・齧る」は、本能だから仕方ありません。
それをやめろと言ったところでムリな話です。
人間のほうが知恵を絞って、齧られてはいけないものは守り、
掘られてはいけないところは掘れないように工夫すればいい…
いうわけで、イエコハウスの下部はダンボールで覆いをして、
水の入ったペットボトルを横にして置きました。
ハウス横の隙間も、ペットボトルを立てておいたら、効果てきめん。
ペットボトルには歯がたたないので、簡単に諦めました。

すると、ダンボールの仕切りにターゲットを変え、
ビリビリにし始めました。

DVC00004.JPG


こんどはそっちかよ!

仕切りに穴があいたら大変です。
というわけで、そのポイントには、追加のダンボールで補強。
すると、掘る・齧るポイントは別の場所に…と切り替わっていきます。
八つ当たりをして、ティッシュが掘られたことも。。。

DVC00354.JPG

そんなに噛みたいならと、リンリンボールなるものを与えてみた。
が、たいして遊ばず…紐を壊してオシマイ。
この子の母親は、ものの数時間で破壊するというのに。。。

DVC00346.JPG

何か新しいものを置くと、すぐに興味を示して近づいてきます。
それなら、別なものを置いて興味を引けばいい。
ということで、ロール紙をぐしゃぐしゃにしたものを置いてみた。
これも効果てきめん。すぐに噛み始めました。

DVC00027.JPG

うちのウサギは、ガサガサと音のするものが大好きなようで、
紙にまみれて元気に遊んでいます。
ビニール袋も大好きで、トイレの掃除の時には寄ってきて、
しつこいくらい纏わりついて、カジカジ始めるので大変です。


と、、、苦労はこれだけじゃーないので、2へ続きますよ〜。
 
 
posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。