2009年12月05日

ぎょちゃんの死因について考える

ぎょちゃんが死んでしまって号泣した私ですが、
なんとか回復しております。
心配して励ましてくださったみなさん、有難うございました。

みんな直接Mailで声をかけてくれたのですが、
さすがにBlogにはコメント書きにくいよね(笑)

会社で「元気ないね、どうしたの?」との問いに、
「可愛がっていた金魚が死んじゃって…」と答えると、
たいてい、「は?…きんぎょ〜ぉ!?」と返されます。
なんか変か?ワシらにとっては可愛い金魚だったというのに。

そりゃさ、たくさんいるうちの一匹(メダカとか)だったら
寂しくないんだろうけど、ていうか、愛着も湧かないだろうけど、
一匹だけを大事にしてると、愛着湧きまくりなわけよ。
名前呼びながら飼ってみろ!って言いたい(笑)

金魚が死んじゃった〜と泣いていた私は、
きっと、小学生の子供のように思われていたに違いない。。。


今日、近くにあるホームセンターに、
金魚フードを買いに行って(これはコオロギの餌に使うのだ)、
壮絶な光景を見てしまいました。
青い水の中で、出目金や流金やらが、次々に死んでいっています。

うわっ、何ごと!?って思ったら、今日入ってきたばかりの金魚で、
消毒のために薬欲させたが、薬剤が濃かったらしいのです。
金魚たちは暴れる間もなく、次々に横たわっていきます。瞬殺です。

そんな可愛そうな金魚達を、無表情ですくい取り、
エンドリケリーの水槽に入れていくお兄さん。
「さすがに慣れました。餌としか見てません」と言います。
薬漬けの死んだ金魚なんか食って大丈夫か?と様子を見ていると、
心配無用で、あっという間に飲まれていきました。
「無駄にしません」と、アッサリ笑っています。

私は、金魚が一匹死んだだけでも大変だったというのに…(笑)。

さて。。。
ぎょちゃんの死因について考えていたので、ちょっと書いてみます。

ふっくら太ってきたので、また産卵かと思っていたわけですが、
お腹(特に下側)の鱗が浮き気味だったので、
てっきりエロモナス菌によるまつかさ病(初期症状)かと疑ったのです。

でも、死亡時の様子も含めて、総合的に考えると、、、

鱗が立ったのは主に腹側で、背中とかはそうでもなかった。
薬害かと思ったけど、投薬して数日間生きていた。
腹部がものすごく膨らんだ。
死んだあと、膨れた腹…というより肛門から浮いた。
(普通なら想像もつかない異常な姿)

まつかさ病なら全身の鱗がひどく逆立つし(まさにマツカサ)、
薬害なら効果もてきめんだし、横たわって死ぬはず。

歳をとった大きな金魚ほど、腹水などを起こしやすいみたいで、
その原因はわからないけれど、一か月前の怪我事件は、
その兆候だったのではないかなぁ…と思っていたりする。
(あのまま腹から血を吹いて死んでなくて、まだ良かったかな)

で、、、

結局、エロモナス菌は関係なかったんじゃん!?

ってことになるわけです。
あのまま濾過器をまわしておけば、綺麗な水の中で死ねたのかなぁ。


金魚を飼っている友達もココを読んでいるので、
こんな暗いことを改めて書いてみた、というわけです。

尾腐れ病や穴あき病なら治せるけど、
残念なことに、腹水は諦めるほかないです。
Netで色々なページを見て「怖っ!うちはこうなりたくない…」
なんて思っていたにもかかわらず、結局は。。。

ところで、、、
家族が、ぎょちゃんは5年以上いただろうって言うんだけど、
正確なところは、みんな忘れてしまっていて不明のままです。
だってとーさんが、ぎょちゃんを連れて帰ってきたとき、
「えー、金魚〜ぉ!?要らないよ〜。どーすんの〜?」
って感じでしたから。。。(爆)
 
posted by Misuzu at 17:43| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

さよなら、ぎょちゃん。

 
仕事から帰るなり、真っ先に水槽に向かいます。
ちょっとでも良くなってくれていないかと期待します。

相変わらず鱗は少し浮き気味で、水槽の隅でじっとしていたけれど、
私が傍に行くとスイっと近寄ってきて、いつものように顔を近づけ、
底をついばむ仕草を見せました。
そのあと水槽内をくるりとひと泳ぎして、また着底。

少し元気が出たのか。心配させまいと振る舞ったのか。。。

家族と食事を終え、お茶でも入れようかと振り向くと、
ぎょちゃんが横になりかけていた。
さっきは普通にしてたのに。

「ちょちょちょっ、、、なにやってんの!?ぎょちゃん!」

覚悟はしていました。
お腹は膨らんですごく苦しそう。
その直後、急激に弱っていき、痙攣までし始めた。

かーさんが、「どうせダメならお腹押してみよう」と言い出し…。
押すというよりも、語りかけながら撫でていました。
「お腹パンパンだ。硬くはないけど…ほら、寝ちゃダメでしょ」
と言いながら態勢を立ててもすぐに横になってしまう。
苦しがってのた打ち回り始め、その様子をなすすべなく見ていました。

恐れていた薬害が出たのか(特に老体には薬は厳しい)。
ひたすら腹水が辛いのか。

薬かなぁ。やめておけばよかったのか。激しく後悔する。
いや、薬害だったらとっくに死んでいるかも?わからない。
「良かれと思ってやってあげたんだから間違いじゃないよ」と、
かーさんは言ってくれます。でも、人間が判断を誤っちゃダメなのだ。

薬でなくて、腹水で苦しいにしても、原因が…わからない。

卵が詰まったためなのか。
便秘によるものなのか。
エロモナス菌にやられたのか。

元々の原因が何なのかわらないし、
一体もう、どうするのが正しかったのか。。。

魚の最後は壮絶です。見ているのはすごく辛いです。
せめて息を引き取るまで近くにいようと思ったけれど、
「あんたが近くにいると、泳ごうとして辛いだろうから、
水槽から離れなさい」と、かーさんに言われ、、、
それはもっともだろうけど、傍にいたい。

「見られてるのイヤだろうから、そっと死なせてあげなさい」
と諭され、風呂に連れていかれました。

なんか、風呂に逃げてきたみたいでイヤだと言うと、
「ああいう時は見ないほうが良いんだよ」と言います。

「あの子はココに来なかったら、あんなに大きくなってなかったよ」
確かに。貰い手がつかなったら、きっと川に捨てられてただろう。

「あんたに何度も命助けられたよ。
何度か病気になったけど、薬入れてもらってさぁ」
…いやいや、励ましてくれるのは嬉しいんだけど、
病気にならないように飼ってあげなくちゃいけないのだ。。。

一人で居間に残ったとーさん曰く、
私が風呂に行ってから、すぐに動かなくなったらしい。


一月前にお腹に怪我(?)した時に、もう最後かもと思った。
「人間でいうところの"なかなおり"ってやつだったんだね」
それからウルサイくらい元気にしてたのに…まさにそれかよ。
今思えば、あれは内臓疾患から来たものだったのか?よくわからない。

うちにきて4年半。その前にどれだけ生きたかわからない。
いずれにしても老衰ではない。それが悔しい。。。

すごく頭のいい子だった。
指先をちゃんと見るから、餌のある所へ誘導するのもラクだった。
騒いでいるのに耐えかねて振り返ると「あ、気がついた!」と喜ぶ。
あんなに大きな音を出せる金魚も珍しかったに違いない。

…もっと長いこと一緒にいたような気がする。

今までいてくれて、ありがとう。
私は楽しかったけど、ぎょちゃんは幸せだったのかなぁ。。。


風呂で散々泣いてきたはずなのに、
写真見てたら涙が止まらなくなった。

DVC00039 (2).JPG
 
posted by Misuzu at 22:07| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ぎょちゃん、まつかさ病に。。。

一日中うるさいくらい動きっぱなしのぎょちゃんが、
一週間くらい前から、じっと着底したままの状態です。
体もふっくらと丸みを帯びてきて…。

DVC00211 (2).JPG

もしかして、また産卵か!?

と、いつものことのように思っていました。
三日くらい前、一枚の鱗に、点っと赤く血が滲んでいたので、
また怪我をしたのかと、グリーンFゴールド顆粒を投入。

昨日の夜、ぎょちゃんに話しかけていると、
全体的にでっぷりしてる上に、顔まで浮腫んでいます。
しかも、なんか少し鱗が浮いているような気がしました。腹側が特に。
太ったから?いやいや違う。いつも鱗は浮いてなかったし。
まさか、恐怖のまつかさ病を発症したのか…?

今朝になって、鱗が更に浮いてきたので、まつかさ病と判定。
手持ちの本では「鱗嚢に水様物が貯留することによって惹き起こされる。
鱗立症状を呈する場合、腹水の貯留もみられることが多い。
エロモナス菌が関与しなくても生じることがあり、その場合の原因は明確ではない」とある。

赤斑ができたことも考えると、エロモナスの疑いが大きい。
しかし別の本には「鱗立は便秘が原因で起こることも…」とある。
たしかに便秘だ。最近ウンコしてない。食べてないってもあるけど。

↓お腹もだいぶ、でっぷりと、、、
この画像でも、鱗が少し立っているのがわかる。

DVC00213 (2).JPG

観パラDを投薬すべきか、便秘を解消させるべきか…。
同時に投薬できないので、どちらか一方しか選択できない。

15時頃、どうしたものかと、ぎょちゃんを見ながら考えていると、
臀鰭(しりびれ)がとんでもないことになっていた。
朝はなってなかったのに!?気がつかなかっただけ!?
根元から水様物なるものでパンパンに膨らんでいるではないか。

DVC00217 (2).JPG

うちには金魚の便秘薬(ヒマシ油とか)もないし、
困り果てて大型の金魚屋さんに行って相談してみた。

「恐らくエロモナスだろうから、観パラ入れたほうが良いですよ。
いずれにしても、まつかさ病は一番治りにくい病気です」

すんごい宣告を受けたような気がしました。
治りにくいのは確かに知ってたけど、、、

帰宅後、速攻で水槽を洗って観パラDを投薬。
立て続けに異なる薬に漬けられて良いことはないはず。
それでも、とにかく治ってほしい。藁にもすがる思い。
でも、薬を替えたら、少し動くようになりました。
薬害が出ないことを祈りながら、症状が治まるのを待ってみます。。。

↓投薬前。ふぅふぅ言いながら、苦しがっています。
食べ物を口にしても、飲まずに吐き出します。見てられません(泣)

DVC00219 (2).JPG
 
 
posted by Misuzu at 23:55| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

たまには、ぎょちゃんも。

元気になったら、うるささ復活です。
金魚のくせに、めちゃめちゃうるさいです。

どーやったら金魚がそんなにデカイ音を出せるんだ!?
ってくらい、毎日…ってか、始終うるさいです。

ちゅばっ!ちゅばっ!(餌を催促)
うるささに耐えきれず、ついついあげてしまいますが、、、
これが、あげてもあげてもエンドレス。

ちゅばっ!ちゅばば!じゅぼんっ!(エスカレート)

消化不良おこすから、もーダメ!
といってしばらく無視してテレビを見ていても、
家族の誰かが金魚の音に耐えきれず…あげます(^^;

元気でウレシイ証拠なんですけどね。
底に沈んでおとなしくしてるより、いいよね。

DVC00039 (2).JPG

「ぶーん」

ハチドリみたいに高速で動いてたら…怖いよ(^^;

posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

仁コレクション

元気になって安心した、、、

DVC00139.JPG

ひらひら…

DVC00156.JPG

「んむっ」

DVC00153.JPG

「んばっ」

DVC00155.JPG

posted by Misuzu at 23:49| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁(ジン)が危篤状態に。

お昼前。外出しようとしていた母が、
「この子なんかおかしいよ!」と、私を大声で呼んだ。
ギクリ。玄関にいるのは仁とオスカー。…どっちだ!?

イヤな感じを覚えながら、恐る恐る行ってみると、、、
なんと仁が横たわっているではありませんか!(@@

いったい、どーしたっていうんだ?
昨日まであんなに元気にしてたのに?
昨日はフィルターだけ交換したけど、変な餌もあげてないし、
病気の症状なんて全く出てなかったのに?

かろうじて生きてはいるけれど、弱々しく動き、すぐ横たわる…。
頑張って起きても、ぐったりと横になり、体は九の字に曲がる。
知っている人は知っている、魚の末期の姿。
凍りつきました。。。

もうダメかもしれない。
急いで飼い主に電話をして状況を報告。
無加温だったから寒さにやられたのかもしれない。
でも金魚だし、これくらいの寒さでダメになるんだろうか?
とりあえず、危篤だから会いに来てほしいと伝えてみる。

「旦那の実家にいるから今は行けないんだ。
金魚だけど、病気してから温度変化には敏感な子だったからね。
病気併発してたから、もしかしたら内臓までやられてたのかな。
今まで色々やってくれたし、もう何もしなくていいからね。
夕方会いに行くから…」と、寂しそうに言いました。

でも、本当に何もしないで見ていたら後悔しそうなので、
ダメモトで出来る限りのことをやってみることに。

まずは、飼い主の言う"穴あき&尾腐れ"の時に大暴れした、
エロモナスの悪さを疑って、オキソリンを少量だけ投薬。
でも、内臓疾患だったら助かるハズはない。
薬は気休めにしかならない。
てか、ヘタすりゃ薬のショックで死亡してしまうので危険だけど、
とりあえず、色々なことを試してみる。

次に、一番疑いの強いヒーター。
ヒーターを入れ、少しずつ水をまぜながら、金魚を動かす。
動けば餌を食べたがる素振りをし、でもまた沈んで横たわる。
餌を食べたがるってことは、内臓疾患じゃないってことだ。
横になるな、頑張って動けと励ましながら、徐々に水を温めていく。

少し温まり始めると、動きもマシになってきて、
餌を欲しがったのであげてみた。弱々しいけどちゃんと食う。
もし死んじゃうのなら…と、禁止していたキャットをあげる。
すると、元気が出たのか、沈んでも横たわらなくなってきた。
もしかして、本当に寒さに弱かっただけ…!?(^^;

怖くてまだまだ目は離せない。
水が温かくなるまで傍にいて観察を続ける。
そのうち、元気に餌を欲しがるくらいに回復した。
後悔しないようにと、また動画をたくさん撮りながら見守り、
大丈夫そうだよと、飼い主にMailで報告。

その間、私は玄関で冷えと闘っていた。
いつの間にか手足が悴み、Mailも打ちにくくなっていた(T_T)

足湯をして温まってから仁のところに戻ってみると、
ヒトを発見して、いつものように「餌をくれ」と催促する。

良かった、もう大丈夫...(T▽T)

ってか、金魚のくせに、コレくらいの寒さで死ぬなよ〜!
と笑いながらも、内心冷や汗出まくりで大変でした。
今日の関東地方は夏日を記録しているのに?
この超絶冷え性の私でさえ、玄関で一時間も過ごせたのに?

よく考えてみたら、仁は小さい頃から"お湯"にしか住んだことがなく、
冷たい水には抵抗がないのだった。。。

夜になって、飼い主が必死な形相で会いにきた。
さすがに今回はもうダメかと覚悟していたらしいけど、
元気な姿を確認したら安心したようで、
色々なことを話して帰って行った。

温水育ちの仁。「私が甘やかしたんだねー」と言ってた。
本当に、寒さに弱い金魚だったらしい。

母曰く、仁は母が自分ですくったのではなくて、
近所の子が母にくれたのだそうだ。自分の分はあるからと。
こんなにヒレの長い綺麗な金魚を人にあげるなんて、
どうして選ばなかったんだろうね?と笑って話した。

それにしても、母が気づいてくれなかったらヤバかった。
ってか、もしかすると、夜中から横たわっていたのかも…。
そう考えるとゾッとするよね。。。
そんな会話で終った。

仁と妹に大変申し訳なく思った、恐怖の一日だった...(T▽T)

↓元気になった仁

DVC00148.JPG

↓本当は、尾ヒレはもっと長い。早く元通りにならないかな。

DVC00146.JPG

posted by Misuzu at 22:47| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

ぎょちゃん、回復

一時はどーなることかと思ったぎょちゃんの具合も、
日に日に良くなってきています。
赤みもすっかりとれて、腫れも治まりました。

観パラDが効いたみたいで、
買っておいて良かった〜と、つくづく思う。
治してくれたこの薬が神様のように思えます。アリガタヤ...

結局、事前に何かで引っかいていたのか、
あるいは水換えの時に誤ってウロコを引っかけてしまったかで、
浮き上がった根元に雑菌が入り、炎症を起こして腫れあがった。
という見方で正しかったようです。
内臓疾患とかじゃなくって良かった。。。

死んだら後悔すると思って、写真を撮りまくっちゃいました。
ってか、元気な時に撮らないでどーすんだよ!
とか自分に突っ込みを入れてみたりする。

一番大好きな顔を載せておきます。

DVC00072.JPG

間抜け顔。
posted by Misuzu at 22:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

ぎょちゃんの様子

朝の様子です。
相変わらず真っ赤で心配です。

DVC00126.JPG

生きているのだから、いつか必ずサヨナラは訪れます。
だから、死んでしまったらどうしよう…とは思いません。
死んでしまったら、すごく悲しいけど。

魚って、死ぬまで苦しそうに、
のたうちまわったりするじゃないですか。何時間も。
あの姿は見たくないです。。。

帰ったら苦しんでいないことを祈りつつ仕事に出かけます。

ぎょちゃんのことが心配で心配で、一日中ションボリしてました。
どうしたの?と聞かれ、素直に「実は金魚が病気で…」と答えると、
たいてい笑われます。なんかオカシイか!?(^-^;
「たかが金魚でしょ」とか、
「金魚なんて丈夫なんだから大丈夫だろー」とか言う人もいます。

他人にとっては「たかが金魚」でも、
私にとっては可愛いくてしかたない金魚なもんで、
いったい励まされてるんだかどーなんだか、
とっても微妙でありました(涙)

所詮、よそ様んちの生き物なんて、
他人にとっては「どーでもえぇ」ってコトなんでしょうか(^^;

もし、ぎょちゃんが死んでしまったら、
ペットロス症候群にでもなってしまいそうなくらい可愛いのに。
悔しいので、「彼女が死んだら寝込むから!」宣言してきた。

帰ってきてから、居間をそ〜っとのぞき込み、
遠目でチラリと水槽の確認。横たわってたりしないよね?

、、、

…って、あれ?
ヒトの心配をよそに、元気に泳ぎ回ってました。
餌までねだって、すっかりいつものように振舞っています。
赤みも退いてきています。腫れはまだだけど。

良かったぁぁぁぁぁ....

精神的に落ち着いたのか、
ホっとしたら激烈眠くて仕方ありません(-_-)ウトウト...
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

ぎょちゃん、病気になる?

水換えをした翌日の晩…。

お腹の一部のウロコの付け根が充血し始めた。
数時間で、あれよあれよと腫れてゆき、
患部は真っ赤になってしまった。

DVC00063.JPG

ぎょちゃんは着底したままダンマリで、
時々、苦しそうに体をくねらせるようになった。

水換えした後、なんか一部だけウロコが浮き上がってる?かな?
なんて、気がついてはいたのだけれど、
まさかこんなに腫れあがるとは思ってもおらなんだ(>_<)
フツーに元気にしてたのに。

この腫瘍は一体なんだ!?
ウロコの下に寄生虫でも着いたのか?
このまま充血が進んだら出血するかもしれない。
もしかしたら内臓疾患とかで、このまま死んでしまうのか?

こんなケースは初めてで、
一体どう対処したら良いのやら、皆目見当もつかない。

とりあえず塩水に泳がせるか…
エロモナスが巣くったなら観パラD浴か…
皮膚病を疑ってグリーンFゴールド顆粒を投薬するか…
原因もわからないのに、投薬は危険なんじゃ…

家族と協議の結果、観パラDに決定。
内臓疾患による腫瘍ではなく、細菌による炎症かも?と疑い。

いちかばちか。。。

効いてくれますように。
とりあえず、強い薬で怖いから少なめに投与。
posted by Misuzu at 23:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

ぎょちゃんの水換え

久々に水換えをしました。
ここのところ、カニムシやサソリやイエコで大変で、
ちょっと放置しすぎていました。
いつもはウルサイぎょちゃんが、水質悪化でイヂケてしまい、
下に沈んだまま黙っています。

こりゃマズイ!

この子、すぐ皮膚病になっちゃうから、
こまめに変えないといけないのに…ごめんね(>_<)

水槽にも茶色いコケがたくさんついてるし(^^;

とうとう金魚網でもすくえないサイズになっちゃったので、
水ごとビニール袋に入れてしまい、そのまま水槽の水を抜きます。

DVC00017.JPG

水槽を洗っている間、鍋に入っていてもらいます。
鍋の半径は26p。いっぱいいっぱいです。

DVC00040.JPG

掃除が終わったらそのまま入れて、しばし水温合わせをします。

DVC00041.JPG

「早く出して〜」

DVC00124.JPG
タグ:金魚 水換え
posted by Misuzu at 22:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

次は鍋に移動か…?

水変えの時はいつも洗面器…
というか大きなボールに入っていてもらったんですが、
ちょっと窮屈になってきました。。。

DVC00183.JPG
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

仁(ジン)が病気になる

妹の金魚(仁)が重い病気にかかりました。
穴あき病と尾腐れ病の併発です。
体には穴があき、充血の末に出血までするし、大変でした。

あれこれ調べながら、長期にわたって病気と戦いましたが、
長くて立派だった尻尾はボロボロになり、短くなっていきました。

DVC00168.JPG
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

ハッとする金魚の図

ん?いったいどーした?(^^;

DVC00058.JPG
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

金魚の変顔

くれくれダンスの時に撮れた、ぎょちゃんの変顔です。
こんな決定的瞬間が撮れると嬉しいですね♪

DVC00056.JPG

宇宙人か、おまえはっ(^^;
タグ:金魚 変顔
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

ぎょちゃん

2005年の春。
父が知り合いから、金魚を押し付けられて帰ってきました。
当時我が家には、余分な水槽なんてなかったため、
飼うことは反対だったのですが、、、
実はこの金魚、可哀想な理由で貰われてきたのでした。

「コイツ暴れん坊で、
 水槽のレイアウトぐちゃぐちゃにするから要らない」

と、飼い主が言っていたらしいのです。
確かによく動く。実に良いことではないか!
可哀想にね。うちで可愛がってあげるね。
…なんか尻尾変形してるけど(^^;

ということで、
"お祭り出身のフツーのフナ型の金魚"を飼うことに。
「金魚だから"ぎょちゃん"」という母の一言で名前が決定。

↓2007/08/25の写真。
 貰われてきた時は、たしか10p弱でした(^^;

DVC00018.JPG
posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

妹の金魚

母と甥がお祭りで、金魚を3匹すくってきてしまいました。
もうこれ以上は飼えないっちゅーねん!(>_<)
でも、尻尾が長くて立派で素敵…手放すの惜しいよ。

子供には情操教育も必要だ、金魚は良いぞと丸めこみ、
一匹だけ妹のところに貰ってもらいました。

↓2006/08/20の写真。
 写りきってないけれど、こんなくらいのサイズでした。
 この2匹は近所の人達に貰われていきました(T_T)元気かな?

DVC20042.JPG

↓2008/03/02の写真。これが妹の金魚。
 たくさん食うから成長早すぎ(@@;

DVC00015.JPG

↓30cm水槽では、もう窮屈です。。。

DVC00028.JPG

posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。