2014年01月26日

うーちゃん、完全自由生活者です。


皆様こんばんは。
色々とバタついていたり、ゴタついていたりと大変でした。
少しずつ片付いてきていますので、
そろそろこちらにも時間を使いたいです、はい。。。(-_-;

うーちゃんも元気ですよ〜。
ってこれ、去年の9月の写真ですが。

u.JPG


実は彼女、去年の8月から完全に自由生活者となっています。
ケージで留守番する機会は0となりました。
レオと同じように、日がな一日、自由に過ごしているのです。
暖かい所、涼しい所、日の当る所、自分の好きな場所、
気分に応じて好きなように選べるように。
快適に過ごせるように。

会社で一日中冷房漬けで身体を冷やし続けていた私。
(冷房は11月頃まで続いていましたから地獄でした。。。)

「自分が望んでいない環境に身を置かねばならない理不尽さを、
自分ちの子にも強いていいわけがない」

という考えから、完全自由放牧に至ったのでありました。

「一日中ウサギを部屋に放しておくのってどうなの!?」
「目の届かないところで何か誤飲したらどーするの!?」
「高い所から墜ちて骨折したらどーするの!?」

色々な考えがあると思います。
人の話をちゃんと理解出来る頭の良い子なので、
その辺の声かけは、充分に行っています。


うーちゃんのおかげで、
足の踏み場もなかった隣室も、断捨離されて綺麗に片付きました。

うーちゃんは、自分の限界を超えた無茶はしない子なので、
高い所に乗ったらちゃんと降りられるように鍛えられています。
だから「危ないよー!」よりも「くれぐれも怪我のないように」と
声をかけられるほうが好きです。

自由に駆け回っているので体力も充分あり、うっ帯知らずです。
しょっちゅう激しく便秘に陥ってもんどりうっている私は、
よく「運動しなさい」と冷たい目で見られています。
食べ物に気を付けていても便秘は全く改善しないので、
いかに運動が大切かを思い知らされています。


自由に生活していても、全然ワガママには育っていません。
「飼い主がウサギのワガママに気づいていないだけなのでは…」
という声が聞こえてきそうな気もしますが、
如何せん、飼い主自身も超絶ワガママですから、
本当に気づいていないのかもしれません(^_^;

「よそはよそ。うちはうち」
幼少の頃よく母から言われた言葉ですが、
自分ちの子に適した過ごし方があるので、
一概に「あれはダメ」とか「これはダメ」とか
言いたくないし、したくないです。
うーちゃんが喜んでいるなら、私はそれで良いのです(^^

というわけですので、
我が家の飼育方法に関しては、そっとしておいて下さいね。
こんなお宅もある…という一例です。


一応、レオに見張りをお願いしていますが、
どう見ても猫より兎のほうが優勢。。。(^^;

ハート
anigif.gif

 
posted by Misuzu at 22:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーちゃん賢いですね。そして理解者Misuzuさんも素晴らしい(^-^) ストレスなしで長生きできそうですね。
で、違う部屋や外が気になったりはしないのかな?
そして、見張り番れお君によろしくです^^;
Posted by marunana at 2014年01月28日 20:17
ミッフィーもずっと自分の部屋の中ではフリーな生活をしてましたが、特に危険なことはありませんでしたよ。

赤ちゃんの頃は怖いもの知らずだから、危ない事もあるけど、大人になったら、自分で危ないことはしなくなりました。
そうなれば、好きな時に好きな場所に居られる方がストレスもなくっていいんじゃないかなって思います。

もちろん、危険なものを置かないとか、制約されることも多くなるので、そのお家、お家に合った飼い方がベストなんでしょうね。

Posted by もふもふミッフィー at 2014年01月28日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/386187997

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。