2013年09月05日

昔の恐怖コミック

こんにちは。
長期休暇の後半は、ダラダラと過ごしておりました。

今日で休みもお終いですが、
色々と細かいコトも片付いて良かったです♪

休暇中は、母が昔集めていた恐怖コミックを
ちょっと見返したりしていました302346.gif


30年くらい前から集めてた本達が200〜300冊くらいあったのです。
立風書房のレモンコミックスや、ひばり書房の
ひばりヒットコミックスなんて、知ってる人いる!?
先ほどリストを見てみましたが、殆ど持っていました。
かなりのコレクター度にびっくり!

母は長年「絶対に手放さない!」と頑張っていたのですが、
ある日ふと、手放すことを決めたそうで、、、
売るのは面倒だからと、既に第一陣を親戚に送っていたそうです。

なんてこったい!!!213890.gif

私はあまり読んでいなかった(画が気に入らなければ見ない)ので、
殆どが見覚えのないものばかりでしたが、
中には手元においておきたいくらい好きな作品があるので、
第二陣が送られてしまう前に慌てて箱を漁りました。

妹は殆どの作品を何度も何度も読んでいたらしく、
表紙を見ただけで内容を思い出したりしてスゲェのです。

「この作者は〇〇な描写がすごくて…」と、
読んでいなかったことを後悔させるような解説のオンパレード。

comi1.JPG


あれっ、日野日出志さんの本がなーい!
既に旅立ってしまっていたか。
あのグロさはトラウマものだったなぁ。
ん?これは見返しちゃダメってコトっすか(>_<)

とかヒトリゴトを言いながら手元に残したのは、梅図かずお、
森由岐子、さがみゆき、古賀新一、西たけろう、好美のぼる、
etc...各数冊と、そして、ほとんどが浜慎二さんの作品でした。
浜慎二さん大好き。もう中毒213870.gif

なんかねぇ、これぞ恐怖マンガ!って感じで
いい味出てるんですよねぇ。不気味さ満載っていうか。
コマ割りも独特でセンスが素晴らしいのです。

↓幼少期のオイラに絶大なインパクトを与えてくれた作品。
 実はこの作品は同い年なのです213870.gif

comi2.JPG

comi3.JPG

comi4.JPG



それにしても、2〜30年前の恐怖マンガってのは、
ウサギが犠牲になる場面がとても多かったりします。
色々な作家さんがウサギを〇×△しています。
アッチにもコッチにも、そんな場面ばっかし(^^;

↓これはほんの一部分。

comi5.jpg


昔のウサギの扱いって、、、
当時はこんなのフツーで、ちっとも驚きゃしませんでしたが、
今じゃあり得ないやね(^^;



小さい頃からこんなの読んでいたおかげで、
この手の類のコトには、まったくヘッチャラに育ちました。
母に感謝…?



ハート
anigif.gif

posted by Misuzu at 16:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。