2011年05月18日

綴化たんぽぽ


先週末、うさ友さん達と会いました。
お留守番を頑張る兎様へのお土産には野草を…と思い、
5月4日に近くの田んぼへ出かけました。

ここは、カブトエビやホウネンエビがたくさんいる、
自然豊かな恵みの田んぼです。
彼らがいるということは、完全無農薬である証。
この場所で摘んだものなら、安心してオヤツに出来ます♪


野草を摘んでいると、
ブマコフが面白いものを見つけました。

たんぽぽ1.jpg


この特大ネギボウズは、綴化(てっか)したタンポポです。

綴化とは、本来"点"のように小さな生長点が"線"状に変化したものです。
生長点が虫や菌の被害に遭ったのか、はたまた遺伝子が突然変異したのか、、、
このタンポポに何があったのかは、神のみぞ知る…(^^;

綴化は色々な植物で珍重されますが、
なんだか可愛そうな気がしてしまうのです。
ごく普通な姿で子孫を残せないのは、
本人達にとっては残念無念に違いない。。。


たんぽぽ2.jpg


たんぽぽ3.jpg


たんぽぽ4.jpg


たんぽぽ5.jpg


タンポポの茎は"中空"になっているので、
こんな極太の茎の中だって、もちろん中空。

割れて向こう側が見えていても、
ちゃんと水分や養分を吸い上げられることにビックリ☆

たんぽぽ6.jpg


普通のタンポポ何本分?何輪咲いたの?
花が咲いている時に見てみたかったな〜(>▽<)
 
 
 
 
posted by Misuzu at 23:27| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スゲー!でっけえ!!

アメリカの原子力発電所の近くでは一つの葉の大きさが50cmとかに巨大化したタンポポがあるらしいね。
Posted by よっしー at 2011年05月20日 08:30
綴化したタンポポ、初めて見ました。
てか、綴化という言葉もその意味も、
初めて知りました。
Misuzuさんも、ブマコフ氏も、お二人とも
それを知っていることが、またスゴイ。
ホウネンエビとか、カブトエビとかも、
想像がつかないので、後で検索してみよっと。
Misuzuさんのブログは、何気なく見過ごす日常の中に、豊かな世界があることを教えてくれますね。

Posted by Edy at 2011年05月21日 09:36
綴化した多肉植物はよく聞きますが、タンポポにも同じことが起こるのですね。びっくりです。

先日あぜ道を歩いていた時、靴ひもが解けたので、結び直そうと跪いたその地面にびっしりとノイバラが…。私の膝小僧は速やかに穴だらけになりました。今も少しジンジンと痛いです(泣)。
Posted by katsuya_yamanaka1001@hotmail.com at 2011年05月21日 16:20
Misuzuさんには色んな事を教えられるな
この年まで生きていても 知らない事はいっぱいありますね
タンポポ 最近見て無いな〜
Posted by たろさママ at 2011年05月21日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。