2011年02月13日

手作り☆粉牧草ペレット (1/2)

 
本当は、ずっと前に書こうと思っていたお話(T△T)

うさフェスの時、某社長さんと、
兎糞について楽しくお話しさせて頂いた際、
牧草の残りクズの話になりまして、、、(なぜ?)

「小麦粉と蜂蜜を混ぜて焼いちゃえばいいんですよ」
と仰っていたので、これは是非ともやってみなければ!
なーんて早速、ワクワクしながら試してみたのです。

ただし、小麦粉を素人判断で使うのが怖いので使用はせず。
持論的に蜂蜜を使うことにも激しく抵抗があったので、
代わりにメイプルシロップをチビッと入れたのでした。

そしたらね、、、

たった一分のチンで焦げちゃいました(T△T)
牧草クッキーから立ち上る焦げくさい香り。
ほうじ茶を煎りすぎたかのような。。。

どうやらが繋ぎがいけなかったようです。
それならやっぱり蜂蜜ならどうね?
と思って再度挑戦しましたが、また焦げました。
糖分を入れると焦げちゃうんですねぇ。

ていうか、繋ぎが水で薄めた糖分だけって…、
失敗するのは目に見えてますよね〜。アホです。
もういい、難しいからやんない〜(T△T)
餅は餅屋に任せるのがよろし!

その後、小麦粉をカンで使うのが怖いなら、
ペレットを混ぜれば良いのだと思いついたけれど、
なんだか面倒で、ずっとやる気が起きませんでした。
そうして長い間放置していたのです。

でも今回、がじゅうさんが2月8日に
牧草クッキーの話を書かれていたのを見て、
またまた試してみようと思いたった次第。
しかもオリジナルの「超〜手抜き版」です(^^;
あれ読まなかったら、もう絶対やってなかったかも。

がじゅうさん、いつも有難うございます♪

***

さてさて、
手抜き版の作り方を公開しちゃうよ〜(^-^*

・ペレット40粒(約5g?)
・水ちょびっと
・牧草の粉

うちには精密秤がないので、詳しいことはわかりませんが、
大雑把に10gだけ計ってから、数を数えてみたら約80粒でした。
これを単純に割ってみると、一粒あたり0.125g。
一回の牧草クッキー作りに使用するペレットの分量は、
うちの場合、一日の摂取量の1/4にあたります。


まずペレットを少量の水でよく練ります。
釣りの練り餌みたいです(笑)

牧草ペレット1.jpg


適当な硬さ(ギュッとしても水が出ないくらい?)に
練ったら、牧草の粉を投入します。

牧草ペレット2.jpg


ペレットの中に粉を混ぜ込んでいきます。

牧草ペレット3.jpg


混ざったら、ギュッと押し固めながら平らにのばします。
お皿に押し固めながら伸ばした時は、
ヘラ等で皿の底から剥がしておきます。

(これをしないと、固まった時に皿から取れないのです)

それよか、ラップの上に押し固めてから、
ひっくり返してお皿に置く方がラクチン
です。

牧草ペレット4.jpg


馬糞みたいです。。。

牧草ペレット5.jpg


一回目はレンジで一分加熱しましたが、
牧草の栄養分が壊れそうなので、
二回目は加熱せずに、自然乾燥にしてみました。
意外と、自然乾燥でもイイ感じに出来ましたよ(^-^*

仕上がり後の厚さはこれくらいです。

牧草ペレット6.jpg


某社のペレット牧草(黄色い矢印)との比較。
新鮮な粉牧草をそのまま混ぜ込んで、
自然乾燥させただけなので、色も綺麗で香り豊かです。
これなら、次回は買わなくても済むんじゃね?
…はい、ゴメンナサイ(>▽<;

牧草ペレット7.jpg


オイラはマメではないので、可愛らしく型は使わず…(^_^;
オトコらしく大雑把に作って、
更に、与えやすいように手で小さく分割してみました。

牧草ペレット8.jpg


果たして馬糞のようなこの…「粉牧草ペレット」、
(焼いていないからクッキーとは呼べず。。。)
美味しく食べてくれるかなぁ?と不安だったので、
試しに自分でも食べてみました。

香り豊かで、イイ感じです☆(>▽<)

ペレットが更に美味しくなったような感じです♪
うちで与えてるのは三晃商会の「ラビットプラス」なんですが、
「バニーセレクション」より繊維質が少ないので、
切り変えようか悩んでいたんです。

でも粉牧草Mixバージョンが作れるなら、
安くてお得な「ラビプラ」のままいけそうです♪
(成分的には対して違わないとの噂だし…?)


「今度は"馬糞クッキー"なんぞ食っちゃったの〜?(爆)」
のポチをヨロシクお願いします(^-^;
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ 
 

「変なもんばっか食って、お腹壊さない〜?」
いえいえ、心配ご無用でございますよ。
ヤフオクのお友達がね、岡崎神社さんにお参りされた際、
オイラの分も祈ってきて下さったそうです。
「Misuzuが変なものを食っても腹壊しませんように」と。
そして、可愛いウサギのお御籤などを送って下さったのです。

だからね、オイラだいじょーぶだよ♪(>▽<)
 
 
 

 

 
posted by Misuzu at 12:17| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼うさぎの食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらずデスネ
いっそペレットも作ってみては?
Posted by haininarumade at 2011年02月13日 16:40
毛呂山にペレット工場が建つの巻(^O^)
Posted by よっしー at 2011年02月13日 21:59
あわわわわ、記事読んで今朝捨てた美浦チモシの粉袋を
急いでゴミ箱からサルベージしたよ!!
ウチのおぼっちゃんには水の代わりに
りんご果汁でペレットを溶いてみようと思ってます。
Posted by GONZO at 2011年02月14日 00:56
GONZOさ〜ん、それじゃまんま「ペレット牧草」じゃない?
Posted by のり@わんこ商会 at 2011年02月14日 03:47
★haininarumadeさん>
面白そうですよね。
実を言うと、いつぞやは、本気で
ペレット会社への転職を考えたほどでした。

★よしを>
実現しませんて(^_^;

★GONZOさん>
その後どう?作ってみた?
てか、食べてくれてると良いけれど。
面白いから色々試してみよ〜。
ヒトによる試食も大事ぞ♪

★のりさん>
え、リンゴなんて入ってたっけ!?
改めてパッケージを確認しました。
(すっかり忘れていました。。。)
Posted by Misuzu at 2011年02月20日 09:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。