2011年01月04日

兎が大嫌いだったワケ

 
早いものでもう4日です。正月三が日もすぎたので、
ボチボチ重たいネタを公開していこうと思います(^^;
今日は、うさ友さんが一気に引いてしまうであろう話を、
あえて暴露しちゃいます。

オイラは学生の頃、
歯科大学の実験動物センターでアルバイトをしていました。
休みに入る職員さんに代わって動物の世話係。
夏休みと冬休みの短い期間で、4シーズン程です。
家から近くて。時給がそれなりで。動物が好きで。
そんな、誰でも思いつくような安易な理由でした。
「実験動物」という点が引っかかりますが、
医療系の世界にも興味があったので、
興味シンシンだったのです。

ラック一杯に並べられた沢山のネズミケージ。
四方八方ネズミに囲まれるという、滅多にない貴重な体験。
これ、地震が来たらどうなるんだ?(−−;
とか考えてみたり。

ハツカネズミ、ラット、モルモット、砂ネズミ、、、
どの子も可愛くてメロメロでした。
なかでも、砂ネズミが欲しくてたまらなくなったんですが、
エアコン不完備では飼育不可と教わり、敢無く断念(TT
(後に「動物のお医者さん」で人気爆発)

1キロ以上あるラットを抱いてみたり。
老衰で、自力で食えないラットに給餌したり。
ケージの中であっ!という間に増えていくネズミ達を、
適当に分けながら、ケージ内の頭数を調整したり。
毛のない可愛い赤ちゃんネズミを愛でたり(^^

生まれた子供を食い殺したお母さんネズミにビックリしたり。
またまた、共食いにビックリして職員を呼びに行ったり。
そういう光景を見慣れている人にとっては、
あぁ、またか…とサクッと処理できることでも、
素人には、最初は驚きと動揺の連続でした(@@
でもね、慣れると処理出来るようになるんですよね。
これくらいで驚いてちゃ仕事にならんって。
そして次第に、イキモノというよりも、
モノみたいな感覚になっていきます。
酷い言い方だけど、本当にそんな感じでした。
ネズミをポイポイって扱えるんです。
一匹一匹に思い入れてない証拠なのかも。

たまに先生達が、ネズミを取りに来ます。
何をするのか見ていると、尻尾の先を切って採血したり、
ネズミにわざと何かの細胞を埋め込んで、
大きな腫瘍を作ったり、といったものでした。
ボコボコになったネズミを見るのは辛かったけど、
そういった実験もなければ、医療って発展しないんですよね。
医療行為を受け、薬も服用している身としては、
「動物実験反対!」と、声高らかには言えんのです(TT

お盆のころ、動物の供養塔の前で、
関係者全員が黙祷を捧げる式が行われました。
殺すだけ殺して、放ったらかしじゃなかったんです。
カタチだけかもしれんけど、一応そういうのがありました。

そして、ウサギの話です。…長っ!

ウサギ達は、暗くて狭い部屋にいました。
ゾッとするような陰湿な部屋でした。
(今の自分ではきっと入れません)
トイレは水洗で管理されていましたが、、、
個々のケージはギュウギュウでした。
向きを変えるのがやっとなんじゃ…それくらいの狭さでした。
ケージの底は金網で、足が痛そうでした。
殆どが赤目の白ウサギ。隅っこで怯えながら斜に構えて、
ジッとこちらを見つめています。
ケージに手を伸ばそうものなら、
カッチカチになって、カタカタと震えはじめます。
あの怯えたウサギ達の目が怖くて怖くて、、、
しばらく忘れられませんでした。
無理もないです。彼らは怖いんですもの(TT

ご飯は大粒の配合飼料のみで、
(当時のオイラは、牧草が必須なのも知らなかった)
お腹を空かせた一部のウサギは、
とても激しくケージを噛んでいました。
ケージを噛む金属音ばかりが響いていて、
とても異様な雰囲気でした。
ケージを齧りすぎて歯を失い、
口から血を流しているウサギが何羽かいました。
それでもケージを齧ろうとするんです。

ウサギ、怖っ!!!Σ(◎◎

可哀想だと思うと同時に、本気でそう思いました。。。
大丈夫か?と近づくと、「ぶー!」と言いながら、
前足でケージをドカドカッ!と蹴ってきます。

ウサギって、きっかないんだー!(@@;

「かわいいうさぎさん」のイメージが、
音を立てて崩壊した瞬間でした(TT
顔はめっちゃ可愛いのに、怒るときっかない。
(どんな動物さんでもそうなんですけどね)
うさぎって、うさぎって、、、なんなの?
とか思っていたら、今度は違うことでビックリすることに。

ある日、先生がウサギをケージから連れ去りました。
何が行われるのかと見ていると、
職員さんが抑え込み、先生は採血を始めました。
その子は、目の赤い白ウサギでした。
「ちょっと抜くだけだから」と。それなのに、、、
大人しくしていたそのウサギは、だんだん力が抜けていき、
赤かった目と爪は、みるみる紫色になっていきました。
えっ?ウサギに何が起こってるの?そう思いました。
グッタリして、終には動かなくなったウサギ。
ふぅっと、眠りに落ちるように死んでいきました。
「ストレスかかると死んじゃうんだよね」って。

なんてデリケートなイキモノなんだ!Σ(@@;

もうダメ〜って思ったら自ら死んじゃうらしく、
あぁ、可哀想に…と思う反面、怖くて仕方なかった。

ウサギのそれらの様子を見てからというもの、
大嫌いになってしまったのです。
ウサギが悪いわけじゃないのにね。。。
見た目は確かに可愛いけど、でも飼うのは絶対イヤ!!!
ネズミとウサギだけは、絶対一生飼わないイキモノ。
ずっとずっと心に決めていました。

それなのに、、、

いま、自分の傍にウサギがいます。
でも、自分で飼おうと決めたわけではありません。
はい、暴露第二弾です(^^;

ブマコフが欲しいと言ったんです。(買い主です)
いつか一緒に暮らすでしょ、と言いながら進展ナシ(爆)
残業が多くてウサギが可哀想!ということで、
うーは最初からオイラと一緒に暮らしています。
どう接したら良いのかも解らずにスタートしました。

本当に行きたかったのは、ブマコフのところなのかも?
とか思いながらも、オイラは手放す気はないのです(^^;
かつて別れ話が出た時なんかは、
まさに人間の親権争いと同じような状態だったのでした(笑)

そんなこんなで、ウサギと一緒に迎えた卯年。
アニコミュの結果を活かして、楽しくいきたいものです。。。


アニコミュの結果を公開するための序章〜
ってことで書いてみました。
重たいのに、読んで下さって有難うございました(TT
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
 
 
posted by Misuzu at 13:53| 埼玉 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も元ウサギ嫌いですが、misuzuさんの理由はトラウマものですね…。

ブマコフさんとの別れ話は、読んで、もし別れる時にはどうするかという内容の書類を作っとく方が良いかもしれませんね。

しかし、このテの話を聞く度、男って勝手な生き物だなぁ(←人の彼に対して失礼過ぎ;)と…本音では思ってしまいます。実際、彼女や妻任せになる男性の話をよく聞くんで…(T_T)

それでも、ウチみたく立てたくなるようなケガさせたり、首締めて殺しかけたり、全力で家外へブン投げたりすることがないなら、ずっと良いんでしょうね……(結局、私が心中の用意するまで追い詰められて、縁が切れたからご安心下さい。今、ウチのウサギ達は元気です)
‥って、非道い話で申し訳ありませんm(_ _;)m

今回は序章ですか…ドキドキします。どう繋がって行くのかしら…。


ところで、アニマルコミュニケーションの結果が気になるあまり、わたくし、夢内で結果を記したエントリーを読んでました(笑)←どんだけ読みたいのよ;

うーちゃんは夢の中で、何故か「激怒中のヤンキー」口調…(・_・;)
現実は違いますよねっっ!?(T∀T)あせあせ(飛び散る汗)
Posted by メリル at 2011年01月04日 16:00
ああ・・それはトラウマになりますね。
実験動物の現実は、本当に悲惨ですもの。
(この件に関しては書くと長くなるので割愛させていただきます)

相方さん優しそうな方ですよね。
とても仲が良くて羨ましかったけど
そういう過去もあったのですね。

ウチは番頭が小学生の頃、うさぎを飼っていたので、すんなりでしたね〜。
わたしも飼育委員で世話していたので
うさぎに抵抗なかったし。
まぁこんなに頭がいいとは思わなかったけど・・


アニコミュ・・受けてみたいとは思うけど
凹む結果だと立ち直れないから
きっと今後もしないと思います。
Posted by のり@わんこ商会 at 2011年01月04日 18:22
あぁ〜、それはツライ記憶だなぁ・・・。
でも、かくゆう私もかつてはラビットファーを持ってたりしたんだよな・・・。
今は、そういううさぎ達の分もはなを可愛がるしかできない私です。
Posted by はなまま at 2011年01月04日 21:47
やぁ、いい湯だったかい?笑

切り込み隊長、よくぞ書いてくれた!
知りたくないという方もいらっしゃるでしょうが
私は全てのうさぎの事情を知った上で、うさぎと向き合っていきたいと思っています。
こんな子たちもいるから、今の人間ドモの健康が成り立っている。
そして自分のサイトでは、うさぎってただ可愛いだけではないということも訴えていきます。
ウチのもうーちゃんも「きっかない」タイプ。
先程我ブログにいらしてくれた方が、「かみうさぎ」と「兎魂」を見て、うさぎを迎える事を踏みとどまるという方がいらっしゃいました。
赤裸々な意見も絶対必要なんですよ。
ウチのなんか初心者にとって格好のうさぎ嫌いのトラウマアイテムになりそ。笑

ブマコフ氏との事、驚きました。
Misuzu嬢、うさ嫌いなのになぜ飼うのか?ずっと気になってました。
そっかー。進展を祈るゾ♪
続編乞う。
Posted by GONZO at 2011年01月05日 01:10
飲食店で仕事をしているとすべてが「物」扱いになるのと一緒ですね。
動物でも大量に扱ってると「命」の存在を忘れてしまうんですね。

よく「ねずみ実験反対!!」なんて聞きますが、ねずみさんの協力なしでは新しいお薬などの開発が進まない現実がありますね。

うさぎさんもその実験に関わってるんですね。
同じ「うさぎ」に生まれたのに実験に使われる子と、幸せに暮らす子がいる・・・何もできない自分がくやしいですね。

こうやって苦しい思いをして死んでしまううさぎさんのためにも、目の前にいるうさぎさんを幸せに育ててあげようと思いました。

考えさせられるブログですね〜。
Posted by なべちゃん at 2011年01月05日 09:02
あけおめどーん!(今頃)
テンプレも一新したね☆(これも今頃?)

Misuzuさんが「元うさぎ嫌い」と
自称されてた理由がよーく分かりました
悲惨だけどそれが現実だし
貴重な経験をされたと思います

うーちゃんとお二人との微妙な△関係を打破するには
ブマ氏もみんな一緒に暮らすのが一番だね( v^-゚)
(新年早々余計なお世話w)
Posted by donguricco at 2011年01月05日 10:57
なるほど、ウサギ嫌いを標榜するのには訳があったんですね。植物も余り枯らすと苦手になって行きますが、同じ生き物でもそれとはチョット違うか…。
で、皆さんと同様、続きが楽しみです。あと何回かは引っ張れそうですね。
Posted by marunana at 2011年01月05日 17:53
避けてはいけない話ですよね。
それをMisuzuさんは実体験としてされてるんですね。
ウサギ嫌いにもなっちゃうかぁ。
厳しい現実ですもんね。

それでもうーちゃんと暮らしてるMisuzuさん。
拍手です。ホントすごいや。
貴重な体験談をありがとうございました!
Posted by みなぼ〜 at 2011年01月05日 18:48
大変遅くなりましたが・・・
明けましておめでとうござます
今年もよろしくお願いします^^

例え仕事とはいえ、トラウマになりますってば^^;;
そんな理由があったんですね
うさぎって怒ると物凄く怖くなるのは知ってます
(実際に目の当たりにはしてませんが)
Misuzuさんのお話も含めて、うさぎの事を知った上で、お迎えするか判断して欲しいものです
流行や可愛いだけじゃ一緒に生活はできませんから、、、

Misuzuさんちは、3人で仲良しですね^^v
Posted by やんママ at 2011年01月05日 21:37
動物実験かぁ。。

私もパパチ飼うまでは、
動物愛護なんて全く我関せずでしたが。。
飼ってみると自然と自分のクローゼットから
綺麗にファーが消えました

でも、マグロ大好きだし。クジラベーコン大好物だし。
豚も牛も鳥も食べるし。
私も声たからかに動物愛護を叫びきれないひとりです

ただ、人間のエゴで亡くなってしまった動物達の命に
感謝して毎日生きていかなきゃなぁ。。。と
ここ最近の病院かよいで痛感してます

アニコミュ爆弾投下。
ちょっと不謹慎だけど楽しみ(爆)
Posted by moja at 2011年01月05日 23:09
「うさぎって生きるのを自分でやめちゃう事が出来るんですよ」
先代が手術を受ける時の先生の話です
捕食される動物だから 自分でスイッチオフが
出来るんですって
うさぎさんの事で 知らない事っていっぱいあるんですよね
Misuzuさんのお話で知る事もいっぱいあります
うさぎさんの不思議はまだまだありますね
Posted by たろさママ at 2011年01月05日 23:16
あの大学でもそうゆう実験してるんだ(゜□゜)

テレビで腫瘍背中に乗っけたネズミとか実験で変な物注射されたネズミとか見てかわいそうとか思うけど確かにそれのおかげで医療を受けられるんだよね(--;)

暗いウサギの部屋とか、なんかのホラー映画のワンシーンみたいだし聞いただけでゾッとしたよ(-_-;)
たしかにそれはトラウマになるよね。

それでも自分の世界感を変えてくれたウーちゃんに感謝感激雨霰だね(^^)


Posted by よっしー at 2011年01月05日 23:30
元うさぎ嫌い・・・納得です。
動物実験の現場の貴重なお話ありがとう。
何と言っていいやら・・・

Misuzuさんがトラウマを抱えてたのに
それでも手放したくないうーちゃんと
出逢えてよかったね。
ホントよかったよ☆
Posted by ぴいまま at 2011年01月06日 02:03
ものすごい体験をされていたんですね
それでも今うーちゃんを育てていること
すごいことだと思います

私も、子どもの頃、父親の仕事の関係で、実験施設で処分されるうさぎを
父親がうちに連れて帰ってきたことがあるんです、2匹の白い子
実験されてたくさん投薬されてるから、すぐに病気で死んでしまうかも
と父親に言われて、少しでも最後かわいがってあげようと言われて
私は、初めてのうさぎで嬉しくて
でも、すぐにガンになってしまって短い命でした・・・
実験されている子がいるという現実をその時に知ったんです
だからこそ、自分が関わる目の前の命には責任を持とうといつも思っています
いろんな経験や知識があって、その上で覚悟して育てるということは
実はすごく大切なことなのかもしれません
ただ、かわいいとか、そういう思いだけじゃなくて・・・
私はMisuzuさんはとても勇気のある方だと思います
とても尊敬します(^^)
Posted by がじゅう at 2011年01月06日 10:23
大変遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。

貴重な体験談、ありがとうございました。
知るのはつらいけど、でも、現実に目をそむけてはいけないですね。
そんな経験を乗り越えて、うーちゃんに
ありったけの愛情を注いでいらっしゃる
ことに、本当に頭が下がります。
Misuzuさんは、繊細でありつつも
ものすごく勇気があって、
キャパの大きい方だと思います。
Posted by Edy at 2011年01月06日 10:41
初コメです。
昔のお話なので、今とはちょっと現状が違っていた頃なのだとは思うんですけど、「動物実験反対!」って声高らかに叫んで下さい。
「JAVA」というサイトがあるのを御存じですか?
ぜひ一度検索して、左バナーの「MENU」の「動物実験「豆知識」」や「動物実験は必要?」等をぜひ読んで下さい。
今はうーちゃんを大切にされている一飼い主さん。
もう過去の事は忘れてほしいです。
そして、さして意味のない動物実験に反対する立場になってもらいたいと願っています。
貴重な体験、とても勉強になりました。
怖い過去を思い出して辛かったでしょうに、よく書いて下さいました。
ありがとう<(_ _)>
Posted by non at 2011年01月07日 09:18
それはトラウマになるのも無理がないですね。

動物実験の是非については、
私にはどちらが正しいのかわかりません。
動物の命を犠牲にしてまで、
自分自身の命に執着したいとは思っていません。
でも身内が手術不可能なガンを患ったときは、
心の底から治る薬を開発して欲しいと願いました。
当然そのためには動物実験も必要なのでしょう。

ペットウサギの存在自体も、
本当は人間のエゴなんでしょうね。
私には自分の元に来たウサギを、
かわいがって感謝するくらいしかできません。

う〜ん、考えさせられました。

過去の辛い経験を、
シェアしてくれてありがとう。
自分の気持ちを正直に表現できるMisuzuさん、
素敵です。



Posted by ニンゲン at 2011年01月08日 08:16
話には聞いてましたが・・動物実験って我々にとってもツライもんがありますね。
その経験の上で今、ウーちゃんと楽しく?格闘している
色々、考え感じたりするモノがあると思いますが・・それでいいんじゃないでしょうか。
しかし・・ここまで自分を俎上に載せてupできるのは、感服・・ワタスは○○○にバレることを思うと・・コワくてデキマセン。
Posted by haininarumade at 2011年01月08日 10:41
★メリルさん>
かなり壮絶な経験をお持ちでいらっしゃいますね〜(@@;
アニコミュ、夢に出てきちゃいましたか(笑)。けっこう重たい内容だから、読み疲れちゃうと思いますが、一応完結です。
如何でしたか〜?
うーは意外と普通の口調でしたね(^^;
オイラもヤンキーを想像してたのに☆

★のりさん>
二人ともノンビリしてるので、
いつまでもそのまんま〜って感じです。
まさか自分でウサギを飼育することになるなんて、想像もしてなかったけど、飼ってみると楽しいですね♪
アニコミュは…解釈は人それぞれだけど、
得られるものもデッカイですよ(^^

★はなままさん>
ラビファ、きっと誰しも持ってましたって。言わないだけで…(^^;
飼って初めて判ることもありますよね。
いっぱい可愛がってあげましょうね♪

★GONZOさん>
ウサギさんって、可愛いだけじゃないよね〜。慣れないと飼いにくい動物ナリね(T▽T)
色々あるけれど、書けることはガンガン書いてっちゃうよ〜☆
「初心者にとって格好のうさぎ嫌いのトラウマアイテム」…うちも負けないよ〜(おぃっ)

★なべちゃん>
まさにその通り☆
大量に扱うものってそうなっちゃうんです。植物にしてもしかりで、、、(uu;
実験動物さんを目の前で見ちゃったもんで、
いろんな場面でその光景を思い出しちゃうんです。うーちゃんを幸せにするど〜!

★グリコちゃん>
ビックリしちゃった?
書こうと思いながらも、なかなか踏み切れなかったネタでした。アニコミュを受けてからは、躊躇わずに一気に書こうと思えたんだ。
読んでくらい気持ちになっちゃた人多いかな?悪いことしちゃった気分…(^^;

★marunanaさん>
きっと動物さんも植物さんも、同じだと思いますよ。何も違わない気がする(uu;
くらいネタを一気に書いちゃって、オイラなんだか疲れちゃったよ(爆)

★みなぼ〜さん>
有難うって言ってくれて有難う!(T_T)
センターにいる時の自分に言ってやりたいです。いつかアナタはウサギと暮らすんだよって(笑)。絶対信じないだろうな〜(^▽^)

★やんママさん>
ウサギって可愛いだけじゃないですよね〜。
まさかうちに来た子も「きっかない」とは思いませんでした。甘えん坊が良いな〜なんて淡い期待は見事に崩れ去り。。。(^^;
それでも可愛いと思えるのは、うーちゃんだからかな♪

★mojaさん>
動物愛護は、叫びたい人が叫べばよいのです、きっと。無益な殺生はモチロンいけないことだけど、「生きるため」に相手の命を頂くのは、悪いことじゃないんだって思わないと、、、やってらんないもの。
ウサギがとっても美味しいことだって、オイラはよぉく知っています。。。

★たろさママさん>
獣医の先生方も、散々練習して、イヤな思いをしながら知識や技術を得ているんですね。だから「ウサギが自分で死ねる」ことをご存じでいらっしゃる。。。
ただ「ウサギってカワイイ」だけしか知らない人にとっては、衝撃的な内容かと…(TT)
ウサギさんは、ホント奥が深いですよね(笑)

★よっし〜>
あのウサギ部屋、まぢホラー映画っぽかったよ。そうそう。まさに!(>_<)
うーちゃんには感謝してまっす☆

★ぴいままさん>
言葉出ませんよね(^▽^;
何を言ったらいいかわからなくなっちゃうの、よく解ります。
うーちゃんがいなかったら、きっといつまでも引きずってたんでしょうかね、ワシ。。。

★がじゅうさん>
なんてお優しいんでしょう。。。
散々実験されてすぐ死んじゃう子だったら、、、きっとオイラだったら可愛いがれません。でもそれって、死んじゃった後で自分が悲しくてつらい思いをしたくないからだ思う。そう考えると、オイラって弱いですよね。がじゅうさん凄過ぎだよ〜!(TT
その暖かさは、お優しいお父さんの元で育まれたんですね。尊敬します!!!

★Edyさん>
いえいえ、オイラのキャパなんてチッコイもんですよ〜。オイラを良く知っているブマコフが笑ってます(^^
色々経験することは大事だけど、経験しなくていいことは、しないにこしたことないのかも(爆)

★nonさん>
初めまして。こんな辺境の地へようこそ。
ご紹介頂いたバナーの内容、これから心して拝見いたしますね。…泣いちゃうかも(TT
いつまでも引きずってられないので思い切って書いちゃいましたが、、、書いてみて良かったです。有難うございました(^^
ブログにもお邪魔させて頂きますね♪

★ニンゲンさん>
思い切ってぶっちゃけちゃいましたからね〜。ドン引きされた人も多いのではないかと。。。(uu;
人間で実験すりゃいいのに〜とか言うワケにいかないしね。難しい問題ですよね(^^;

ペットさん達も、人間のエゴの産物で。
お金儲けの為に増やして売って…ってしてるんですもんね。それでも買って飼ってるのがワシらなわけです。なんも言えんです。

経緯はともあれ、変なことは考えずに、
自分の手元に来た子に「有難う」を想っていればいいのかもしれませんね。
増やした人がいなかったら、そのコとは会えなかったんだもんね(^^
色んな事に感謝です。。。

★haininarumadeさん>
いろいろあって楽しいです。
自分嫌いを克服するために、あえてこんなことを書き綴ってみました。
傍から見れば自虐的〜?(爆)

ところで、、、
何にバレたら困っちゃうんでしょうか(笑)
Posted by Misuzu at 2011年01月09日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。