2010年07月08日

ウサギに薬を飲ませるのは一苦労


飲み薬を処方されてからというもの、、、
毎朝毎晩、ウサギと格闘です。ウサギも人間も、かなり疲れます。
ウサギは死にもの狂いで抵抗するし、何が何でも飲ませようとする私。
激怒してナデナデさせてくれないし、すっごく寂しい気持ちになります。

↓超絶不機嫌中。近づくと「ぶーぶー!」

ふてくされ.jpg


「うーちゃんのお友達」は、すんなり飲ませることが出来ます。

くすり.jpg


爪切りも、ウサギを上手に抑え込んでサクサクできます。

爪切り.jpg


飼い主である私が満足にできないのに…(悔)
きっと、ヤツの力が強いので、暴れても無駄だと悟るからなのでしょう。

私が真似しようとしても、何度も逃げられてしまいます。
ウサギが暴れ疲れて大人しくなってから、
やっっっとマトモに飲ませられるって感じでした。

日に日にコツを得てきたと思っていたところ、
「仰向けでの飲ませ方は、器官に入る恐れがあって危ない」と、
何ヵ所かのブログで読みました。

う〜ん、それなら!
と、ウサギが腹ばいになっている時に、モモの内側で抑え込み、
上から頭を押さえつけて飲ませようとしてみました。

が、、、

もがくもがく!(笑)

シリンジを口に当てようものなら、首をブンブン振るもんで、
目や歯ぐきを傷つけそうで、怖くて怖くて…(>_<)

これなら、いつものように仰向けにして、
暴れるのを抑えながら飲ませたほうが早いんじゃ、、、
と思って、この一回だけで諦めました(笑)

そして、私も「仰向けの刑」を覚悟してケージの前に座り、
まずはウサギにシリンジを見ませました。

怒る怒る!もう、見ただけで…(^^;

ケージから出てくるのも拒否って「ぶーぶー」言い始め…。
困り果てながら、でも、ちょっとだけ期待を込めながら、
ケージの隙間からシリンジを差し込んでみました。
案の定、シリンジに敵意むき出しで口から近づいてくるウサギ。

うわっ、ちょっ、噛まないでぇぇぇ(@@;

とか思ったら、ぺろぺろと舐めはじめました。ナイスうーちゃん!
ウサギをホメながら、そのまま少しずつシリンジを押して、
嫌がることなく飲ませることに成功しました♪

その後、これを3回続けてやってくれているので、
精神的にも肉体的にも、ウサギもヒトも疲労せずに済んでいます(^^
ナデナデも喜んで受けてくれるし、やっと仲直りできた気分です。
 
…でも今日の夕方は、ズルして途中で飲むのを止めちゃった。
ウンコも大量に出るようになってきたから、きっとウサギにとっては、
ヒトが作った薬なんてものは、もう必要ないのかも。。。 
 
 
posted by Misuzu at 22:12| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎの不具合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、押さえつけられること自体が嫌だったのでしょうか。とりあえず、ストレスなく飲ませられるようになって良かったですね。
Posted by ihatov1001 at 2010年07月09日 00:38
プロの人っていとも簡単に仰向け抱っこして口の中を見たりしますよね。今日、月一回の定期通院だったのですが、前歯切り、奥歯切り、爪切りと、ものの数分でやってくれました。本当にあっさりです。で、その後も怒ったりしないのが不思議でなりません。車で往復2時間もかかるんですが…。
Posted by marunana at 2010年07月10日 20:42
ihatovさん>
良い感じだったハズなのに…。
今日は再度病院に連れていかれて不機嫌になり、振り出しに戻ってしまいました(涙)

marunanaさん>
うちも今日再診の日だったんですが、このウサギは先生を手こずらせていました(笑)。
飼い主の管理能力が露見しますね。。。(^^;
Posted by Misuzu at 2010年07月10日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。