2010年06月13日

ウサギの暑さ対策

夏は毎年、人が居られないくらい暑くなる私の部屋。
この部屋で過ごすことは、かなり拷問です。
隣の温室の植物達に、いつも申し訳なく思っています。

それでも植物は、夜温を下げてあげることで乗り切れるのですが、
人間や動物は、そういうわけにはいきません(^^;

夏の昼間は、エアコンが殆ど効きません。
そんな部屋だもんで、これからの季節、
ウサギをどうしたらいいか、とても頭を悩めています。

凍らせたペットボトルにタオルを巻いたものを与えても、
警戒しているのかなんなのか、近寄りもしません(涙)。

先日、こんなものをみつけて買ってみました。
もちろん、予備も兼ねて2つ。

DVC00055.JPG

「10時間冷え冷え」が売りのこの商品。
しかし、暑〜い部屋では、もちろん長時間持ちません。
そのうえ、直接冷たいのがイヤなのか、上に乗ってくれません。

仕方がないので、アルミプレートを一緒に入れて、
間接的に冷たくしてあげています。

DVC00053.JPG

DVC00054.JPG


この冷涼ボードは、そのまま使うと、中が露だくで大変なことになります。
なので、ハンカチでかるく包んでからケースに入れています。

DVC00056.JPG


ボードをケージ内に設置して、
更にケージの上に凍らせたペットボトルを乗せています。
こんなに単純な方法でも、意外と効果的なようで、
気持ち良さそうにその下で過ごしています。


で、ですね、、、

ココから先を書くのは躊躇ったんですが、
正直に書いておきます。

昨日は一等暑かったんですが、私の部屋は、
窓を全開にしていても、部屋の入口を開放していても、
17:20の時点で、33.8度を記録していました。
母が家にいたので、凍ったペットボトルを2回乗せ換えてもらって。
(母はケージの中のボードの交換は出来ないのです)
気が気じゃなくて、会社から家に何度も電話しました。

ウサギの適温は26度あたりだそうですが、
うちのウサギが、よく熱中症にならなかったなと驚きます。

今日も、私と一緒に29℃の部屋で過ごしていましたが、
息も上がらず、おかしな様子もなく、普通に元気にしています。

ブリーダーさんの家でも、真夏の昼間や暑すぎる時以外は、
エアコンを入れないようなことを言っていましたが、
代々慣れて、適応温度の範囲は広くなるものなんでしょうか。

とにかく、今の環境をなんとかしないとウサギが死んじゃう。
一階に下ろしてくるのは大反対されているのでダメだし、
日中、部屋を締め切ってエアコンを入れていても、
停電に遭ったりしたらどうしたら…?
とか恐ろしいことまで考えちゃう。

最近、自分のことより、ウサギのことばっかり考えてて、
すご〜〜〜く頭を悩ませています。
今まで、植物達にだってココまで神経を使わなかったのに、
こんな自分が不思議です。。。
 
 
posted by Misuzu at 19:44| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小動物の温度管理はホント大変ですよね。

ちなみに、一昨年の秋にヨークシャテリアを保護し、ウチの子として飼い始めてから、エアコンはほぼ1年中フル回転状態になり、電気代が跳ね上がりました...(T_T)

ウサギやリスを飼っていた時は、夏の対策としてはMISUZUさんと同じで、保冷剤を大量に使っていました。
ペット専用のでなくても(高いので...)アイスノン枕を使っても効果的ですよ。
とはいっても、ペットを飼うのは何だかんだで結構お金掛かりますよね...
Posted by Taco社長 at 2010年06月16日 10:59
リスも飼われてたんですか。いろいろ経験されてらっしゃいますねぇ。
シュウちゃん元気なんですね。良かったです。
(ブログ楽しみにしてますよ〜)
気になっていたんですが、怖くて尋ねられなかったのでした(^^;

イキモノに…というより、ウサギにお金がかかりすぎていて、もう大変です。あとで、この件の記事を書きまーす。
Posted by Misuzu at 2010年06月16日 18:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。