2010年03月02日

ウサギを飼って苦しむ5

最近、ブログが更新できなかったり、メールの返信が遅いのは、
ウサギで困っているからです(涙)。いま、一番の苦しみです。
今回は一気に愚痴ります。読むの疲れますよ〜(笑)。

「ウサギがワガママになるから、時間を決めて遊ばせる」

というのが正しいようですが、私が部屋にいる間は、
極力ケージの外に出して遊ばせてあげています。
一日中狭いケージに閉じ込められているのだし、
ニンゲンの都合だけを押しつけたら可哀想だと思うからです。
ウサギに嫌なコトを強いている代わりに、
遊べる時はいっぱい遊ばせてあげようという考えです。

そんなわけで、ウサギをケージの外でヒトリで自由に遊ばせながら、
仕切りの向こうでPCに向かって作業する私。
そんな私が気に入らないのか、遊ぶのをやめてケージに戻り、
ジッとこっちを見つめています。

DVC00114.JPG

そんな可愛い姿を見ると、傍に行ってあげたくなります。
「きっと寂しいんだよね、ごめんね」と傍に行くと、
また急にヒトリで活発に遊び始めます。
呼んでも無視して遊んでいるし、傍にいても意味ないんじゃ…。
と思ってPCに向かうと、またおとなしくなって見ています。

要するに、きっと小さい子と同じなのかも?
「マ〜マ〜!みーてーてー!」って感じなのかも?
と解釈して、ウサギの傍について、遊びを見守ることにしました。

やがて、70cmある仕切りを飛び越えてくるようになりました。
まだ生後二カ月なのに!走り回っているので、筋力がついたのでしょう。
それはそれで良いことだけど、越えてきてもらっちゃ困るのよ。
寂しいとからいうより、イエコハウスの裏や下で遊びたいので、
「ココを飛び越えれば遊びに行ける」と解っているのです。

前科2犯です。
晩飯を摂っている間に放牧しておいて、仕切りを飛び越えられ、
イエコハウスのコード類をガジガジやられました。

私が傍についていても飛び越えようとすることが増えたので、
全く油断ができません。私も跨ぐのが毎回ひと苦労なのに。。。

そんなこんなで、結局ウサギの傍にいることが多かった私ですが、
しかし、そればっかりやってられんのです(涙)。
ピグミー本の作成も期限が迫っていたし、色々な問題があって滞るわで。
可哀想だけど、つきっきりではいられませんでした。
ときどき傍に行って撫でたり、抱っこの練習でオヤツをあげたりと、
完全放置ではなかったんですが…。

3日くらい前から、連続で粗相をするようになりました。
最初は怒っていましたが、なんか無駄っぽいので、怒るのをやめて、
粗相をしたらすぐにケージに戻すことにしました。
消臭剤で匂いを消しても、外に出せば必ずそこにオシッコをします。

これはきっと、寂しいことへの抗議なのかも。。。
と思い、今日はずっと傍にいてあげていました。ところが。
新聞紙は、しゃがみ難いようにボコボコに山を作っていたにもかかわらず、
ちょっとの窪みにしゃがんだ瞬間にオシッコをチビ、、、

またかよっ!

慌てて抱えてトイレに戻すも、続きのオシッコをしようとしません。
あくまでも、ケージの外の新聞紙の中がトイレなのだと言わんばかり。

今までちゃんと出来ていたのに、
どうして急にダメになってしまったのか解りません。

新しい新聞紙でもダメ。
トイレの匂いが周囲に籠っているからかも?と、
掃除をしてから出してみてもダメ。新聞紙に凹凸の細工をしてもダメ。
あらかじめ、新聞紙に消臭スプレーをかけてもダメ。

縄張り主張のマーキングなんでしょうか。
生後三か月たらずのメスなのに。

トイレには新聞紙をひいているので、
「おんなじ匂いがする=トイレ」なのかもしれないので、
遊び場の紙を、他のものに替えてみることにします。

第二の外用トイレを設置しておけば良いのでしょうけど、
ちゃんと決まったトコロでしてほしいので、
とりあえず設置は見送っています。
 
粗相さえなければなぁ。。。

DVC00108.JPG 
 
 
posted by Misuzu at 00:02| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もウサギを飼っている時、トイレ教育には苦労しました。
本を読んでも、「根気よく...」と書いてあるので、辛抱強く躾けてゆくしかないようです。

トイレ以外で粗相をしたら、ひたすら無視しましょう。
「もう!またやったな!」と反応していると、オシッコをする=かまってくれる、とインプットされてしまいます。

逆に、トイレでオシッコをしたときは、おやつをあげたり、めちゃくちゃ褒めたり遊んだりして、
”ここでオシッコをするといいことが起こる”
とインプットしてあげましょう。

外用トイレ(新聞紙)を中と同じように複数用意しておいて、新聞紙の上にオシッコをしたらほめる、を続けながら、トイレの数を少しずつ減らしてゆき、最後は中のトイレだけにする、という方法もあります。

犬のトイレ教育が参考になるかどうかわかりませんが、私の家の犬の場合は、この方法が一番安全で楽でした。

時間はかかりますが、必ず覚えてくれるようになりますから、気長に躾けていってください。

がんばって!
Posted by Taco社長 at 2010年03月02日 14:02
Taco社長>
アドバイス有難うございます〜。

試しに、イジワルして新聞紙を撤去してみたのですが、翌日見張っている最中にやられました。ダメだぞと威嚇しても効果ナシ。怒られてイヤだとインプットされないのが不思議です(笑)。

「褒め褒め作戦」を実行したくても、最近、私が部屋にいる間は、トイレでオシッコしてくれません。ケージの外に出す前に、用を済ませてほしくて待っていても、頑としてしません。3〜4時間ヘッチャラで我慢してます。どうしても外でしたいらしいです。う〜ん。。。

うちのウサギはものすごく頑固です。
まったく、誰に似たのだか…(涙)
Posted by Misuzu at 2010年03月05日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。