2010年02月16日

ウサギを飼って苦しむ2

さて、今日は苦しみの2話目です(笑)。

買った日はおとなしく抱っこされていたうちのウサギですが、
翌日からは、てんでダメになりました。
(最初は、怖くて我慢して様子を見ていただけだったみたいです)
抱き上げようとすると、ひどく暴れて逃げまわります。

ちっとも可愛くないっ

ウサギって、「頭を撫でて」と寄ってくる、
おとなしくって可愛いイキモノじゃーなかったの?
なんか、"ウサギ苦手モード"に一気に戻ってしまいました。

「抱っこは良いこと」と覚えさせると良いと、
marunanaさんから教わったので試してみてもダメ。
そもそもナデナデすらさせてくれません。すぐ逃げます。
自分本意に駆け回って、自分だけで楽しんでいる感じです。

仕方ないよ、慣れてないんだもんね。
自然界ではウサギは捕食される立場のイキモノだし、
「捕まる=食べられる」なんだから、ほんと仕方ないんだよね。

なんて寛大に思っていても、、、
人に触られることに慣れていなかったのか、
人が触った所を全部自分で舐め直す始末。

これ、けっこう腹立たしいもんです。

こりゃいかん。。。

とりあえず、すぐさま「食いつきが良い」というオヤツ
(ミルケットという小さなビスケット)を購入して、
餌づけ作戦を試みることにしました。

↓プラナリアみたいな顔だねぇ。。。

DVC00360.JPG

ところが、、、
中途半端に齧って、すぐさま慌てて逃げ出します。

どこが「食いつきいい」んだよ〜っ

このままオヤツが全部無駄になるんじゃないかと心配しました。
試しに食べてみたけれど、とても美味しいとは思えない味です。
きっと、このウサギには美味しくなかったんだな〜。とか思ったら。
妹のコドモが喜んで食べました。
まだ喋れないくせに、身振り手振りでおかわりを要求します。
妹も、「甘くて結構うまいじゃん」とか言うし…信じられん!

「一回で一個あげちゃうんじゃなくて、
一個を何個かに割って、回数多くした方が効果的じゃね?」
と妹が言うので、早速試してみることに。
本格的に、「抱っこされるとオヤツをもらえる」作戦開始です。

一週間経たないうちに、自分からモモに乗ってくるようになりました。
ですが、問題はここからです。
どうやらヤツは「人んとこ行けばオヤツくれる」と思っているらしい。
で、用は済んだとばかりに、食ったらすぐモモから降りてしまいます。

それじゃいかーん!

というわけで、、、
自分から乗ってきた場合はナデナデのみ。
人から強制的に抱き上げられて、ナデナデに耐えたらオヤツ。
というふうに切り替えてみました。

最初は怒って人の服を噛みまくっていたウサギですが、
なんかだんだん理解できてきたようで、
おとなしく抱き上げられるようになりました。

やればできんじゃん!

だけど相変わらず、食べたらすぐに降りてしまうんですが。
とりあえずはヨシとしてあげよう。

…な〜んて、甘くはないです。

食い終わって降りようとしたら、
すぐさま阻止して、抱き直してナデナデ。
そして、ある程度我慢したら釈放。

そうこうしてるうち、ナデナデ=気持ちが良いと覚えたのか、
自分から要求してくるようになりました。
最初は、ちまっと丸まっているんですが、そのうち頭を床にくっつけて、
ぺちゃ〜んとした状態になってしまいます。可愛いです。
努力が報われて嬉しかった。

↓ナデナデ要求中

DVC00068.JPG

↓ハムスター?(笑)

DVC00064.JPG

↓不細工なウサギ。。。

DVC00065.JPG

↓"ぺっちゃんこ"の例

DVC00035.JPG

それなりに学習能力があると解ったところで、
次は"仰向け抱っこ"の練習に突入です。これまた難易度高し。
嫌がって、暴れて、もがいて、ちっともひっくり返りません。

でも、ここで諦めて放したらオシマイです。
「逃げれば済む」と学習してしまうので、一度捕まえたら放しません。
もし逃げられたら再度捕獲してやり直し。
そして、嫌なことを頑張ったら、ご褒美にオヤツを。

何度、正しいやり方で、ちゃんとした抱き方から
ひっくり返してみてもひどく暴れるもんだから、
アタマにきて、強制的に仰向けにしました(笑)。
ちょっと可哀想なんですが、出来ないとイザという時困るってことで。
これは無理にでも練習して慣れてもらわなければなりません。

一日一回、数日後は二回…とやっていたら、
意外なことに、一週間くらいでちゃんと出来るようになりました。
最初はほんの数秒だけど、こりゃ〜すごい進歩です。

昨日は私も面白がって、5回仰向けにしましたが、
ウサギ的には「オヤツがもらえる」と思っているからか、
おとなしく応じてくれます。
ひっくり返っている時のウサギって、けっこう可愛いです(笑)。

そして、昨日はもっと進歩があって、、、
いつもはオヤツを食い終わったら、さっさと降りてしまうんですが、
自分から体勢を直して、ナデナデモードに入りました。
モモの上で歯ぎしりをしながら、おとなしく撫でられていました。

よ〜しよし!いいこ♪

と、このタイミングで、ボーナスオヤツをあげることにしました。
今日もちゃんとできたので、たて続けにオヤツをもらいました。
仰向け抱っこも2回出来たし、結構食べてます。

といっても、ビスケットは一日2個までと決めているので、
それぞれ4分割して、8回までなんですけどね(笑)。

抱っこは3カ月くらいまでに出来れば良いらしいですが、
いまのところ、仰向け抱っこ含めて3週間でこなしてくれています。
無理矢理ってのは可哀想だし、そこまでする必要あんの?
って自分でも思うんですが、、、なんか微妙な気分です。

近々、爪切りも自分でやってみる予定です。

そんでもって、苦労はこれだけじゃ〜ないんです。
またまた3に続きますよ〜(涙)。

posted by Misuzu at 23:01| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 うーさんとの格闘、お疲れ様です。
 結構頭いいんですよ、うさぎって。縄張り地図、頭に入ってます。常に、縄張り拡大を画策して、隙間潜り、ジャンプ(体が伸びた時の高さ以上の時もある)、障害物かじり&掘りetc.なんでもやります。
 だからこそ、懐いた時はお世辞抜きでかわいい。そんな生き物です。
 頭を床につけてペッタンコでなでなでをせがんだり、突然どさっと音を立ててひっくり返って寝てしまったり、気に入った人が床で寝転んでると、足なめたり、顔なめたり(これは、味がするからという説も…ということは…以下省略)、で、ちゃんと人を見分けてます。
 うーさんの気持を汲みつつ、仲良しになってくれることを期待してまーす。これからも楽しみにしています。がんばってくださいねー。
Posted by marunana at 2010年02月17日 00:13
 あ、一つ忘れました。歯ぎしりは、とっても気持ちいい時のサインです。いやな時は、体や床をなめて、落ち着こうとしてます。
Posted by marunana at 2010年02月17日 00:18
奮闘記、楽しく読ませていただきました。
漫画「グーグーだって猫である」のウサギ版みたいですね。

所で例の絵本「ビロードのウサギ」を読みました。
大の大人が図書館の絵本コーナーに陣取って、絵本読んでいるのは何だかこっぱずかしいものがありましたが、いい話でした。
Posted by ihatov1001 at 2010年02月17日 00:29
長いな〜・・・。

この日記を読んでわかったことは、やはりウサギは単純な動物だ・・・、と言うことですね。
まあ、そのほうが簡単で良いでしょうね〜・・・。

頑張って手なずけてください。f^_^;...
Posted by 大阪屋 at 2010年02月17日 22:07
marunanaさん>
仕切りを飛び越えるようになりました。
もう、次から次へと、、、気が抜けないよぉ(笑)
毛づくろいしてる時が多いんですが、何かイヤなんでしょうか。心配です。。。

ihatovさん>
そうか、これ、奮闘って表現すれば良かったんだ…。(笑)
あの絵本、最後の部分はなんだかとって付けたような感じですが、もしあれがなかったら、救いようのない話で終わりでしたよね。

大阪屋さん>
はい。長いですね〜。読むほうも疲れますよね(笑)
飼うと決めたからには、諦めないで頑張りますよぉ♪
Posted by Misuzu at 2010年02月19日 22:38
毛づくろいは、きれい好きの習性です。
ほかの匂いがついてもやりますが、普通のことだから大丈夫ですよ。
 でも、換毛期はこまめにブラッシングしてあげないと、全部なめて飲んじゃうんで、お腹にたまってしまいますので、お気をつけあれ。。。。
Posted by marunana at 2010年02月20日 06:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。