2010年01月13日

クラゲ、限界に。。。

クラゲの穴あきは、水質悪化でも起こるようです。

その後、あいた穴も治ってホッとしたのもつかの間。
また穴があいてしまいました。しかも、結構大きめに。
胃の中も見えて、かなり怖い姿です。。

↓11日の様子。中央部分の餌の塊は捨ててしまいました。

DVC00283.JPG

そのあと、順調に摂餌しかたと思ったら、全ての餌を吐き出してしまい、
とうとうクラゲは底に沈んで、ひっくり返ってしまいました。
こりゃ最悪的状態だと、慌てて水替え。

海水は、いつもいつも分けて頂いてばかりでは悪いので、
自分で作ってみようと、人工海水の素を用意していました。
クラゲのための、初めての海水作り。上手くいくかな…。

ところが困ったことに、うちにはメの粗い料理秤しかないので、
10g以下は目検討するしかありません。
もう、カンです。当てずっぽうです。
だいたい、おおよそ、約、、、って感じで、とりあえず投入。

しかしクラゲさん、一瞬浮いたかと思ったら、また沈んでしまいました。
塩分濃度が薄いのかと思って、ちょっと濃い目にしてみたら、
これまた裏目に出てしまったようで、クラゲの傘が開いてしまいました。

↓塩分が濃いと、傘がダラっと開くようです。

DVC00217.JPG

それから、クラゲが浮いてくれるようにと、
何度となく調整を繰り返してみたけれど…うまくいきません。

↓沈んでひっくり返っています。

DVC00265.JPG

やっぱり、目秤の人工海水は上手いこといかないんだなぁ。。。
人工海水は一旦諦めて、分けてもらった残り水で様子を見ることに。
今朝見たら、底にはいれども、頭を上にしてポフポフ動いていました。

ところが、夕方見ると、、、穴が一段とひどくなっています。
穴は二か所で、なんじゃこりゃー!な姿です。

DVC00286.JPG

仕方ない。どっちにしてもダメなら、綺麗な人工海水で様子をみよう。
ということで、ダメモトでクラゲ投入。

、、、クラゲが浮きました(喜)

浮いてくれたのは良いけれど、穴あいてボロ布みたいだし、
足もチンチクリンに短くなっているし、見れたもんじゃありません。
(…とか言いながら公開しちゃってるんですが)
大きさは、うちに来た時の半分になってしまいました。

DVC00288.JPG 

なんとかポフポフ動いてくれていますが、 
無事に治ってくれるといいなぁ。。。 

 
 
posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ミズクラゲ (飼育失敗例) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーと、まじめに書くと、比重ってテキトーじゃ絶対合わない。
1.022〜1.024とか、有効数字1000分の1の桁ですぜ。
比重変わると浸透圧が変わって生体への影響莫大だから、ポタポタと数時間かけて水合わせとかするくらいだし。
テキトーに混ぜて、濃くしたり薄くしたりホイホイ変えるのって、体に水を注入して水ぶくれにしたり、抜き取って半干物にしたりしてるんと同じだぞー。クラゲは知らんけど、エビとかなら一発で昇天レベル。

10g単位の秤でどうにかするなら、ポリタンク用意して20Lくらいいっぺんに海水作っておいて、飼育水を毎日1〜2割ずつ換えるとかすれば良いかもね!
Posted by ごんべえ at 2010年01月14日 02:36
ぎゃ〜っ!(>_<)
Posted by Misuzu at 2010年01月14日 12:48
大分前の記事ですが、クラゲについて調べる際に毎回出てきてイライラします。
こんな適当な飼育方法で面白半分かのように書いたブログ残しておかないで下さい。
Posted by at 2018年07月10日 05:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。