2012年09月07日

旅行中、留守番をお願いする。

 
なかなか書けませんでしたが、8/13の晩〜8/16の明け方まで、
新潟のばあちゃん家に行ってきたのです。

うーちゃん(&猫のレオ)を長いこと放置できないので、
出来るだけ短期間で…ということで、このような旅程となりました。

最近のうーちゃんは、
オイラが帰宅してからケージから出て、
朝、会社に行く直前まで、ずっと部屋で遊んでいるのです。
(自室と、自室の隣にある物置部屋とを自由に出入りしています)

そんな生活を送っているうーちゃんが、
ペットホテルでケージの中でジッと過ごせるはずもなく、、、

しかもうーちゃん、数年前にペットホテルで嫌な想いをして、
ゲッソリ痩せて帰ってきたので、
もう預けまい!と心に決めているのです。
(その出来事は、また別の日にかけたら書きます)
たまたま預けた先が悪かっただけなのだけど、
うーちゃんには多大なストレスになるはずで、、、

環境を変えずに、ここでお留守番してもらおう。
うちもペットシッターさんを呼んでみよう♪

でもなぁ?
ペットシッターさんって、
ケージから「部屋」に開放して遊ばせてくれるんだろうか?
可能だったとしても、時間は長くはなさそうだよな〜。
しかも無事にケージに帰せるのかなぁ?
もし、うーちゃんと気の合わない人だったら、
ケージに帰って貰うのは容易じゃないだろうし。。。


そんなこんなで、あれやこれやと
色々考えて行きついたのがブマコフおじさんでした。
(別れた彼氏ってのは、勝手が解ってるから便利だぁね♪)

だけど うーちゃんは、おじさんのことが大っ嫌い!
理由は、かつておじさんがうーちゃんに吐いた暴言のコトを、
いまだに不快に思っているからだそうです。

これじゃ〜さすがに無理っぽい(>△<)
おじさんが部屋に入った途端に足ダンかまして、
猛ダッシュしてどこかに籠って出てこなくなるに違いない。

いやいや、何としてでも説得して理解してもらわねば…。

でもね、なかなか言い辛くって、うーちゃんに言えなかったのです。
事前に言っておかなきゃって、解ってはいるのだけれど、
なかなか告白できなくて、、、
結果的に、お伝えできたのは3日前でした(>_<)

ガバッと顔をあげて、
「えっ!?嫌だよ!」って顔をされました。

出発2日くらい前に、おじさんに一度家に来てもらって、
お世話に関する説明を一通りしたのですが、
案の定、おじさんの姿を見るや否や、猛ダッシュで逃げていき、
物置部屋の奥に籠城したのでした(笑)。
大好きな葛の葉で釣っても出てきやしません。

こりゃ困ったな〜。
遊び場を自室限定にしても、ケージの外に出た瞬間に暴れるだろうし、
ケージに帰させることも、きっと無理だろうなぁ。
ケージの外に出さなければトイレの掃除も出来ないしなぁ。
さてどーすべぇ?と悩んだ結果、あきらめずに説得することにしました。
原始的かつ効果的な方法です。低姿勢でひたすらお願いするのです。


どうしても、田舎のばあちゃん家に行かなければなりません。
うーちゃんには、お留守番をして頂く必要があります。
ペットホテルに預けたり、知らない人に来てもらうことはしません。
生活環境は変わりません。いつものように、ここで過ごして下さい。

とってもイヤなのは解るけど、ものすごくよく解るんだけど、
お願いですから、おじさんのお世話を受けて下さい。
おじさんは、うーちゃんのコトを苛めたりしないと約束します。
私が選任した人なので安心して下さい。
ここには、うーちゃんを苛めたりする人は絶対に来ません。

おじさんからのお世話は2日間です。朝晩二回来てくれます。
うーちゃんが、ちゃんとお留守番できる子なので、安心して出かけられます。
お留守番をお願いします。



マヂで、こう言い聞かせました。
えぇ、言葉に出してです。
はたから見れば、「ウサギ相手に何やってんだ?」
と思われることでも、オイラにとっては真剣だったのでした(^^;

出発直前の22時頃、仕事帰りのおじさんが家に来てくれました。
鍵を渡して、お世話の内容の確認を行いました。
先日は猛ダッシュで逃げたうーちゃんが、
おじさんの姿を見ても部屋から逃げ出しませんでした。
オヤツBOXの陰に隠れたものの、そこからおじさんを見ていました。
おじさんが差し出したオヤツも、手から怖々だけど食べてくれました。
なんとかなりそうかな〜、と一安心。

その晩は放牧しっぱなしで、翌朝来てもらうコトになりました。
Mailでの連絡で、ケージにもちゃんと帰ってくれたそうで、
おじさん、うーちゃん有難う!と嬉しくなりました。

うーちゃんの場合、
「うーちゃん、留守番だよ〜。留守番お願いしま〜す」
と声をかけると、自分からケージに入ってくれます。
その際に、おやつの葉っぱを与えて、そっとケージの扉を閉めるのです。


お世話二日目の朝は、
なかなかケージに帰ってくれなかったそうで、
帰ってくれるのを待っていたら…会社に遅刻したらしい(^^;
社会人として遅刻は言語道断なのだから、
そういう時は強制処置でも仕方ないと思うのだけど、
うーちゃんに無理強いをしなかったことに感謝するとともに、
おじさんも成長したんだな〜と、シミジミ思ったりしたのでした。
(昔は、手でとっ捕まえて強制送還とか平気でしてました)



今回のお話は、

想いは必ず通じます。
動物さんは、人間の言葉を必ず理解します。
諦めないで伝えて下さい。



という一例でした〜213870.gif



お留守番時の「ご不満シッコ」。
そして、それをいまだに掃除していないズボラなワシ…(^^;DVC00033.JPG



ちょー恥さらし。。。
まぁ、クエン酸でなんとかなるであろー。


ハート
anigif.gif



posted by Misuzu at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

藁トンネルの使い方(誤版)

 
頂きものの藁のトンネル、その後です。

最初はたまに潜っていましたが、少し齧ってそのまんま。
せっかくなのだから、もっと遊ぼうよ〜と声をかけていたら、、、

うーちゃん先生ってば何を思ったのか、
ある日、こんな使い方をし始めました。

偶然の産物だろうと思うのだけど、
チャームさんのお買い得牧草「チャック袋250g」を
トンネルにINさせて食っていました213870.gif

その時に取った写真が、都合上PCに移植できないので、
(新しいカメラのメディアがカードリーダに入らない〜)
数日前の写真でご勘弁下され(^^;

DVC00028.JPG


DVC00029.JPG


今までは、ツルツルと袋に逃げられて食べにくそうでしたが、
おかげさまで安定感ばっちりなもんで、
すっかりこのスタイルが定着しています。

もう片方の袋にはアラタさんの牧草が入れてあります。
ブッ散らかしやすくなって、あっという間にご覧のあり様。。。

DVC00030.JPG


相変わらず、知らん顔の うーちゃん先生

DVC00031.JPG


良いのだか悪いのだか。。。295225.gif


こうさん、すんません…(^^;

ハート
anigif.gif



posted by Misuzu at 22:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ▼うさぎ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

本日の『ぶっ散らかしの介』


今朝の様子です213870.gif

DVC00027.JPG



今日も元気♪

ハート
anigif.gif

 
 
 
posted by Misuzu at 22:37| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。