2011年11月27日

うさフェスタ2011


うさフェスに参加された皆さま、
お疲れさまでした。
今年も仲良くして頂いて有難うございました。
とても楽しい時間を過ごせました♪

先週の日曜日は、課外授業で横浜の動物園へ。
金曜日は歓迎会のため定時で上り、
家に車を置いて、駅まで猛ダッシュで電車に乗って会場へ。
22:30位に帰宅してから植物の発送準備やらに追われ…。

うさフェス当日は、相変わらず時間が足りなくなり、
髪が濡れたままの状態で駅まで猛ダッシュし、
電車の中でまつ毛を上げるという恥ずかしい行為を、
初めて行う羽目になりました(T△T)
もっと時間が欲しいなぁ。。。

無事に開場入りして福袋をGetして。
アーティストさん達の商品を物色しようにも、
おしくらまんじゅう状態で殆ど見られず。

2011-1.JPG

2011-2.jpg


Woolyさんの楽しい「うんちの館」がなくなっちゃったので、
社長に話を伺ってみると、
「こっちは真剣に話してんのにさー、
"でもうちはこーだから"とか、"だって○○だから"
とかいって聞かねーんだもん。疲れちったー」だそうです(^^;
残念〜。是非またやって下さいね。

オリミツさんのブースで、
新しく発売されるペレットを試食させて頂きました。
オイラの場合、まず自分が食べてみることが大事なのですが、
ここでもやっぱし変な顔をされました(^^;
そのペレットは小麦粉を使っておらず牧草主体で、
口の中に残る繊維の量も半端ない。
これはイイ製品だと思うので、発売されたら絶対買います。
ペレット食うわ、無理矢理サンプル貰うわ、
ウソ八百こきまくるわで、一緒に周っていたらすっちが
本当は心の底でドン引きしていなかったか心配です(笑)


うさ友さんとランチを楽しみ、
また会場内を一巡し、買い物をして散財し、
いったい幾ら使っちゃったの!?って感じ。
オイラはウサギが好きなのではなくって、
うーちゃんが好きなんじゃ〜!それなのに…うさグッズ(>△<)
(今計算してみたら、福袋を入れて13000円でした。ちーん…)


今回はあまり多くの方とは出会えず残念でしたが、
楽しい時間は、あっという間に時間は過ぎていきました。
うさフェスだと全然話し足りないので、オフ会してぇなぁ。


帰りは、でっかい米袋やら頂き物やらで増えた荷物を抱え、
周囲から感じる冷やかな視線に気づかぬフリをしながら、
ぎゅうぎゅうの電車を乗り継いで、必死こいて帰ってきました。
駅から家までは歩き。超絶辛かったっす。肩こった(T▽T)

この荷物 + 自分のバッグ。
米袋は、ホームや電車内では足の間に挟んでいました(笑)

2011-3.JPG

2011-4.JPG

2011-5.JPG


開梱中、目ざとくお土産袋を漁る兎様。。。

20111-7.JPG


そして、勝手にひったくって逃げていく(笑)

20111-8.JPG


頂いたお名刺&お土産を楽しく眺めていると…

20111-9.JPG


やってきて"がうがう"されます。
ほんっとに、なんてがっついてる兎なんでしょ。
おまえウサギじゃなくって、ホントはマーラだろ(>△<)

20111-10.JPG

20111-11.JPG


今年の兎魂の名刺はスゲーぞ!
角度を変えると絵柄が変わるんだぜ。

ぷぷぷっ。。。

20111-12.jpg

GONZOよスマヌ。


今年の福袋の中身はこんな感じでした。

ペレット牧草(草)(葉)、糠よろこび、
牧草、おためし牧草(麦)(イタリアングラス)
(チモシーヤング)(チモシーミディアムソフト)、
アクティブ・E、乳酸菌。

nakami.jpg


会場内でペレット牧草(ノーマル)を買い、
新製品の「草バージョン」と「葉バージョン」を見て、
殆どの植物が手に入るから、うちには必要ねーなぁ。
なーんて思っていたのに。まさか両方福袋に入ってるとは〜(T▽T)

ペレットばっかし、こんなに要らね〜よ(>△<)

はい、これを見た人。
3000円で買って良かったと思いますか?それとも…?


入っていたおためし牧草を開けてみると、
顔を突っ込んでイイ食いっぷり(^^

20111-13.JPG


せっかくだから、
4種類全部開けて好きなものを食べてもらうことに。
うーちゃんの好みがわかるしね。

袋の開け口が乱雑で、粗暴な性格が露見してます。。。

20111-14.JPG


中でも、青海苔のような芳ばしい芳香を放つ
イタリアングラスがお気に召したようだけど、
麦には全く興味ナシ。
頼むから美味い牧草の味しめないでね(^^;


朝起きたら、スゴイことになっていました。
おためし牧草ってショートタイプだから、
ものすごく散らかるんですね〜。

20111-15.JPG


オマケ。

会場内で、ヌイグルミのように可愛い
ホトの福次郎君に会いました。
ホト好きのオイラはすっかりハマってしまい、
終には頭に載せられてしまいました。

んなトコロに正座までして、
いったいなんのプレイなんでございましょ。。。(^^;

20111-16.jpg


はてさて、どんな目で見られていたのやら…?

ハート
anigif.gif

 
 
 
posted by Misuzu at 19:03| 埼玉 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

うーちゃんの辛い過去世


楽しみにして下さっていた皆様、
昨日は書けなくて本当にごめんなさい。

今日も時間がなくて駆け足ですが、
いよいよ、うーちゃんの辛い過去世のお話を綴ります。

どうして「噛みウサギ」になったのか(…もう過去の話ですが)。
その謎が明らかになります。。。

***

うーちゃんは(当時はオス兎)、1998〜2003年まで、
中国のふれあい動物園にいました。

抱かれることも嫌がらず、みんなから愛されていましたが、
心ない乱暴な男の人から、
首根っこを掴まれたり耳を持たれたりされたため、
触られたり抱かれたりするのを、
次第に嫌がるようになりました。

何も知らない子供達に追い回されたり抱かれたりしている中、
「やめて」と逃げ回っても解って貰えず、
とある子供に首を締めながら持ち上げられたため、
息が苦しくなって”噛む”という行為に出てしまい…。

「去勢したらおとなしくなるんちゃう?」なんて言われて、
「はいそーですか」ってワケにもいかず、、、

「嫌な想いをさせられるのなら、
威嚇したり噛んだりすればやめてもらえるハズ」
と考えて、ますます攻撃的に。

「こいつは出しておけん!」ってコトになって、
ケージに隔離されてしまいます。

飼育員の女性は「自分のせいだ」と落ち込みましたが、
ケージの兎に対して言葉には出さずとも心の中では、
「この役立たず。早くいなくなってしまえばいいのに」
などと考えていたことがうーちゃんにも伝わり、、、

彼女がケージに手を入れると噛んでしまい、
終には、水と餌の世話をするだけで、
まったく関心を向けてもらえなくなってしまい、、、

「そんなつもりじゃない、イヤなことをされたくないだけ」
と声にならない声で訴えても誰にも聞こえず、理解もされず、
《噛みつくウサギ》と烙印を押されたうーちゃんは、
その後、飼育員が変わっても、誰からも愛されぬまま、
寂しく辛い人生を終えるのでした。。。

***

もうね、号泣です。
最初これを口頭で聞かされるんですが、
悲しくて悲しくて…(T▽T)
鼻をズビズビしながらお話ししました。

おいおい、過去世そのまんまじゃん!

って思っちゃいましたよ(笑)。

今世のうーちゃんは、ふれあい動物園のように、
不特定多数との人との関わりをもつのではなく、
「一人の人とだけ絆を深める」ことを
目的としているそうです。

かなりヒヤッとしたんですが、
一歩間違えればオイラ自身も、
その女性の飼育員さん第二号になってしまうところでした。

噛みウサギになってしまったうーちゃんに、
どう接していいか解らなくて困り果て、内心、
「なんて可愛くないウサギ。こんなウサギいやだな。
飼わなきゃよかった。この先どう接すればいいんだろう…」
とか考えて過ごした日々もありました。

ケージに手を入れようとすると激しく威嚇され、
どう世話をしたらいいのか悩んだこともありました。

噛むなら噛むぞ!噛まれたら痛いんだぞ!
と、マジで喧嘩してウサギを噛んだこともありました。

昨年の11月くらいだったでしょうか?
お布団のお齧りを注意したら突然噛まれ、
ケージに入れたまま完全シカトを決め込んだ日もありました。

今にして思えば、うーちゃんには、
過去世での辛い経験を繰り返させていたんですね。

オイラがうーちゃんのことを噛んでいなかったら、、、
きっと今の自分は絶対にいなかっただろうし、
関係が回復していたとしても、きっと、
「可愛いペット」としか見ていなかったと思います。

今はペットでもウサギでもありません。
ブログ上ではウサギと書いていても、
自身の中では違う形態&間柄なのです。

色々な経験を経たからこそ、
そこから得た「気付き」も大きく、
深いものだったのだろうと思っています。
最終的に、コミュニケーションをして関係回復を図り、
カウンセリングを受け、過去世を知り、今に至っています。

誰かの、何かしらの参考になればと思い、
包み隠さずに色々なコトを素直に曝け出していますから、
反感を覚える人だっていたとしたって、
そりゃ〜まったく不思議なことじゃありません。
色々な考え方があったっていいんです。

一つ、自分が自信を持って言えることは、
「噛みっぱなしじゃない。やれるだけのことはやっている」
ただこれだけです。


猫と話せた人曰く、
「きっとうーちゃん自身もさぁ、
”このままじゃいけない。また同じこと繰り返しちゃう。
自分も変わらなきゃ”って思って努力してるんじゃない?」
と言ってくれました。

オイラもうーちゃんも、
きっとお互いに頑張っているんだと思います。



感の良い人、お気づきでしょうか?
うーちゃんが亡くなってから生まれ変わるまでに…
5年くらいしか経っていないんですよ(^^

ちなみに動物さんは、
生まれ変わっても過去世の記憶を持っていますので、
嫌なコトも嬉しいことも、覚えているらしいです。
てなわけで、うーちゃんが抱っこされることや、
首元を触られるのを嫌だる理由も解ったし、
あとはこのネガティブなプログラムをどう解いていくか?
何年かかかるかもしれない。
けれどこのネガを解いてあげることが、オイラの使命です。

「うーちゃんの場合は、この紫は突然消えるものではなく、
徐々に薄くなっていくタイプだと思います」とのこと。

ちなみに、動物さんのオーラ図からは、
飼い主さんのオーラも読めるのだそうです。
「自分はうーちゃんと良く似ていると自覚しています」
と伝えると、「えぇ、そうでしょう?良く似ていると思いますよ」
と笑われてしまいました(>▽<)

うーちゃんが首を嫌がるのは、自分が躾を誤ったからだ。
そう自分を責め続けてきたけれど、
それをされるとうーちゃんが辛いのだそうだ。
この点についても、もう大丈夫。


そうそう、、、
どうして「今は言いたくない」だったのか。

その理由は至極簡単で、
「関係を築けていない人に、今話しちゃって大丈夫なのか」
ということだったらしいです。人間でも同じこと。
相手と通じ合えたら…話せる時が来たら話しますよね。


過去世を知ることって、とても大切なのだと痛感しました。
動物の過去世なんて知って何になるの!?
なんて言っていた二ヵ月くらい前までの自分が
超絶恥ずかしいッス!(>_<)


ここまで読んで下さった方、お疲れさまでした。
急いで書いたから超グダグダ。
書き漏らしていることも、きっとたくさん。
それでも、ためになったよ〜って方は応援宜しくです。。


ハート
anigif.gif


GONZOさん>
各色には、ポジティブな意味とネガティブな意味があります。
紫のポジが「高貴、高次との繋がり、精神性の高さ」などを
表すのに対し、ネガは「敏感さ、不安」等の意味を持っています。
難しいよね。必死に(嘘)勉強中だよ〜(>_<)

posted by Misuzu at 01:10| 埼玉 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

うーちゃんのオーラ


今日も多忙でヘトヘトです。
でも、、、

うさフェスまで間もないので、
書けるだけ書いてしまいたいと思います。

今日も寝不足ダァ。。。(T△T)

前回ちょっと書き漏らしてしまって、
かなり解りにくかったと思うので補足しときますと、
アニマルカウンセリング(スペシャル)は5万円台、
過去世リーディング(直近の三世代)は8万円台、
学割がきいて、合計(約)12万円…って感じです。

私の過去世リーディングは今月末の予定なので、
結果を聞くのが今からとってもドキドキしています(>▽<)

***

さて、、、
カウンセリングの流れは都合上端折ります。

まず、うーちゃんのオーラリーディングの解析から始まったのですが、
オーラ図を見た瞬間「なんじゃこりゃー!」って言っちゃいました。
もうね、完全によろしくない禍々しい雰囲気が、
ド素人のオイラにもまるわかりで、、、

図の掲載は禁じられているのでお見せできませんが、
(とっても素敵な絵なんですよ〜)
特に気になる一部分「だけ」を抜き出して、
簡単に書くとこんな感じでした。
(本当はこの他にも色々なカラーで彩られています)

超絶時間がないもんで、いつも以上に大雑把すぎ…(-_-;
絵心がナイのがもろバレっすね。
なんとなくニュアンスは伝わるでしょうか?

おーら.jpg


4方向から締め付けている紫のネガティブなプログラム、、、
紫色の持つ意味があまり良くないのは直感で解りました。
この精神層にある紫のプログラムが肉体層にも入り込んでいて、
強いストレスが加わると、喉とお腹に来るのだそうです。

前回Lapisさんにお話して頂いた時に、
こんな気になる記述がありましたよね?


(ここで、身体、特に頭から首の辺りに衝撃が走りました。
うーちゃんの記憶が掘り起こされたような感覚、
何かを思い出すような、過去の出来事を回想するような
感覚があり、音、怒鳴り声のような強いエネルギー、
全身で感じる恐怖感、ビリビリとした雷のような衝撃、
緊張で息が詰まるような感覚、
それらが一気噴火するように私に押しせてきました。)

*恐怖を感じるような出来事があったのですか?

【うん。でも、オネエチャンはわかってくれていない…。】

*どのような出来事だったのか、教えて頂くことはできますか?

【今は、言いたくない。】



このやり取りが、ずぅぅぅっと引っ掛かっていたのです。

この子が首や喉元をとっても嫌がるのは、
オイラが小さい時に怒りすぎたせい!?
いままで自分で自分を責め続け、
ずっと懺悔の気持ちを引きずっていたのです。
でも、それは違っていました。。。

これは過去世での経験に基づくものだったのです。
では、過去世でうーちゃんに何があったのでしょうか…!?


明日に続きます。


時間が全然足りないよ〜(T△T)
駆け足でダイナシですが勘弁して下さい。。。


ハート
anigif.gif


 
 
posted by Misuzu at 00:01| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

アニマルカウンセリングの経緯


昨年アニマルコミュ二ケーションを初めて受け、
兎様の気持ちを知ってから、お互いの関係は大きく変わりました。
(話を進めていく上で触れるので、今はスルーします)

「(ある目的を果たすためにも)、
一度アニマルカウンセリングを受けておくことをお勧めします」
「気付きを与えてくれた動物さんのためにも…」

などなど、授業で何度か言われたけれど、、、

カウンセリング代はめっちゃお高いし、
うーちゃんはすっかりイイコだし、
素直だし、もの解りも良くて素晴らしいし、
問題なんて何一つないから、うちは必要ないや〜。
それに、動物の過去世なんて知って何になるのかねぇ?(-_-)

とかとか思っていたわけです。

それが、、、

その日の帰りに、とある方と話をすることによって、
これは受けなければならない!と思わされたのです。
簡単に言うとこんな感じです。

以下、その日の帰りに携帯にMEMOったもの。


★動物が飼い主さんと一緒にいるのは、
持っている目的(課題)が近い者同士が
引かれ合っている場合が多い。
(お互いの課題が近いからクリア出来そうって感じで)

★アニマルカウンセリングを受けることで、
自分の今世の課題も解る場合がある。

★複雑な仕組みのもとに動物は来る。
どういうイキサツだろうと、
兎様がうちに来るのだと決めて送りこまれてきた。
(兎様の介助者がいるらしい)

★動物さんが、その家に来た経緯が解る。

★飼い主が動物さんの写真をコミュニケーターに送った時点で、
彼らはそのエネルギーを感じ取っている。
話を本気で聞いてもらえるんだ!と喜び、
話を聞いてもらえたことで、動物さんの行動が変化する。

★過去世から、問題の原因が解る。

★気付きを得られる。

(この辺で、自分の性格についての話になり…中略)

★(人間の)過去世を知ることで、
自分自身が良い方向に変わるし、自分の課題が解るし、
(アニマルカウンセリングでは)動物の課題も知れるし、
お互いの課題を果たすためには、人も動物さんも、
どちらの過去世も見てみることが必要。

そしてトドメの一言。

人生変わるよ〜(^^


なーんて言われたもんだから、さ〜大変!(笑)
相手は商売かもしれん。だけど乗ってみない手はない。
一生モノの大きな気付きを与えてくれた大切な兎様の為に、
いっちょ受けてやろうじゃないか。

お互いの課題を知って、
出来るだけクリアしような、うーちゃん。

そう思って申込時に金額を聞いてオッタマゲタよ。

ふたり合わせて12万いぇん

ほとんど一月分の給料があっさりブッ飛ぶことになるもんで、
もう頭の中がぐるぐるぐるぐる。。。
兎様の分はともかく、自分に対してそんな大金は出せん!
ただでさえ学費も散々悩んだってぇのに。

「どうする?やめておく?別に構わないよ。
強制じゃないんだし、お金が出来たらその時受ければいいんだし」

いやいや、ここは是非とも受けて知っておかないと。
自分を変えるためなら受けないと。
過去世なんて怖いから知りたくないケド…(^^;

とかいう経緯で、ぽぽぽぽ〜ん…と、
話は纏まってしまったのでありました(−▽−;

高いから受ける気なんて、これっぽっちもなかったんすよ〜。
それなのにそれなのに?

何が起こるか解らないもんです。。。



次はアニマルカウンセリングの内容について書いてみます。
明日は4時半起きなのに、まだ寝てないオイラ。
…明日ダイジョブか!?

あっ、もう日付変わっちゃってるし〜(@@;


ハート
anigif.gif
posted by Misuzu at 00:07| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

知人のウサギさん、その後。

記事を楽しみにして下っている皆さま。
多忙で更新できず本当にゴメンナサイ(>_<)

ついに某植物の季節に突入し、
この土日は、買い出しやら蒔き床作りやら、
分譲やらに追われておりましてヘトヘトです。

アニコミュの件は、ウサフェス前までには必ずやUPします。
書きたいことが多すぎて全く纏まらず、
どう端折ろうか?と悩んでいます。


てなわけで、まずは先にこれを書かせて下さい。
先日、会社の人の父親の飼っている兎さんのコトに
ついて書きましたが…その後です。

数日前の昼休み、
何気なくその社員さんを呼び止めて、
牧草はどんなものをあげているのか聞いてみました。
別に聞かなくてもいいようなコトなんですが、
なんとなく聞いてみたかっただけだったんです。

「良く解らない」というのが答えでしたが、
「最近うちのウサギ変なんですよ〜」というので、
どう変なのか突っ込んでみると、
「なんかウンコが柔らかめなんですよねー。
オヤジも様子見ようって言ってるんで」

って、、、

様子なんて見てないで、
はよ病院連れてけよ!


ウサギが下痢をするということが、
どれだけ怖いかを全然知らないようでした。
もう2羽も見送ってるハズなのに(-_-;

先日、親兎用のペレットに買い替え、
適正量を与えているかと思いきや、
「まだ前のがあるから」と言って切り替えておらず、
それだけならまだしも「まだあげ放題している」と、、、

アホですか!

ヘタすると死んじゃうから、すぐに医者に連れていくように伝え、
オセッカイだけど、兎を診れる動物病院
(幸い会社の近所にある)の地図を
会社で印刷して(悪…)渡しました。

「今日は残業で帰れない〜、どうしよう〜」と言っていた彼は、
心配顔で定時で上り、ウサギを医者に連れていきました。

翌朝、様子を訊いてみると、
「昨日帰ったらヤバかったですよ。いつもならケージ開けると
飛び出してくるのに、グッタリ伏せて動かなくて。
医者からは、餌のあげ方が問題だと言われました」とのこと。
(ちなみにネザー♀で1.9kgらしい)
薬をもらって元気になったようだけど、
オヤジのアホさ加減にはウンザリきているようで、、、

「獣医がダメだって言ってるのに、
うちのオヤジ全然聞かないんですよ〜。
今日も朝見たらドバッと入れてあって…。
3日分まとめてあげてるんだから、これで良いんだ!って…」

あぁ、何を考えているのか。。。

呆れます。
餌の面倒をみるのが面倒なら飼うなよ。

「苦しめたいのかなぁ。虐待としか思えない…。あのオヤジ、もうヤダ」
そういう息子さんの表情も切なくて。

それから数日経った今日。
餌は相変わらずドバッとくれているようです。
見つけ次第撤収しているようですが、イタチゴッコかなぁ。
薬をもらっている間は何とかなっているんでしょうけれど、
薬が切れて飲まなくなったら?きっと下痢するんでしょうね。

餌やりを息子の係にしたら?
と提案してみましたが、はたしてどうなることやら。。。(-_-)


ちなみにこのオヤジ、医者らしいです。
息子曰く、何かの先生かは知らないらしいけど…。



さて。次回こそアニコミュの話を書きますよ〜。
もう少し時間を下しゃい…
(T▽T)


ハート
anigif.gif

posted by Misuzu at 23:16| 埼玉 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。