2011年01月09日

兎の気持ちを知る(3/3)


さてさて...
重た〜い話もこれが最後です。
興味があっても、読むの疲れちゃいますよね(^^;
ごめんなさいね。ちゃっちゃと書いて脱出しますっ☆

AC(アニマルコミュニケーション)後の質疑応答です。
一般には受け入れがたいような内容も含んでいます。
信じられる方だけ信じて下さい♪

青字…オイラの質問
桃字…LAPISさん
▼…今回の記事で書き加えた部分

若干修正&要約してお送りします。

***

「たった一回だけ言ったことを覚えているのに、
私が何度も伝えた言葉を理解していないのは…なぜ?」


「動物さんは皆、私たちが発している言葉以外の部分を
感じながら生きています。私たち人間は頭(脳)を使い、
言葉で会話していますが、動物さんは、心で会話しています。
だから、少し悲しいことかもしれませんが、人間がどんなに言葉で
語りかけてもその内容を理解してもらえないことがあります。
その代わりに、私たちが心の奥底に潜ませている気持ちを
敏感に察知しているのです。」


▼要するに、心の深い部分と言ってることとが違っていると、
相手には伝わらないということなんですね〜。
気持ちが心底伴っていないと見抜かれちゃうんね。
こわいこわい。。。(^^;

「ココは噛んじゃダメ!歯が悪くなるよ、と怒っていました。
その時のことを今でも覚えていて、いまだに怯えているのでしょうか」


「『過去の出来事を回想するような感覚があった』ことから、
美鈴さんがおっしゃる事を覚えていて、
その出来事を引きずっている可能性は大いにあると思います」


▼もしかすると、動物センターの時のイメージが、
うーに伝達されていた可能性が…あるかもしれない(u_u;

「今では全く怒っていないのに、すごくショックでした。
(諭すように、注意する程度に留めています)
いまだに私のコトを怖いと思っているのは、
小さい時にトラウマを与えてしまったから、ということなのでしょうか」


「トラウマではなく、うーちゃんと美鈴さんの認識や感覚の違いから、
お互いの感じ方にズレが生じているようです。
美鈴さんが注意程度に…と思われて言葉にされていることが、
うーちゃんはすごく厳しく注意されている感覚になっているようです」


▼人間の子供でも、
ちょっと注意されただけで「怒られた」とショゲちゃう子がいたり、
スパルタ系がめっちゃ苦手な子がいますね。。。反省。

「トイレの粗相も、「ま〜た君は〜ぁ」と言いながら拭いておしまい。
うーを咎めていないのに、いつのことを言っているのか。
半年以上前に言われたなら話は解るのですが。。。
過去の話も、まるで今のことのように話すことがあるのでしょうか」


「あります。兎さんは、動物さんの中でも特に霊性が高く、
繊細な生き物だと言われています。霊性が高いこと、
繊細であることは、人間が気づかない潜在的な部分を
見つけることが上手だということでもあります。(中略)

私もうーちゃんがいつの話をしてくれていたのかは分りません。(中略)
うーちゃんと美鈴さんの感覚のズレから生じている
認識の差は大きいと思います。(中略)

動物さんのすごい所は、
飼い主が表面では全く気付いていない深い部分
(潜在的な意識や過去の思い出など)を、
現在、起きていることのように感じ取ることだと思います。
そして彼らには「時間」という概念がないので、
人間の目線では過去の事であっても、彼らの目線で見た時には、
現在進行形の物事であると感じ取っていくのでしょう。(中略)

うーちゃんは、自分に対しての対応の仕方を変えて欲しいのではなく、
美鈴さんがご自身に対して抱えている気持ちを変えて、
美鈴さんに良い方向へ進まれて欲しい…
というような、深いメッセージを発しているのではないかと感じました」


▼動物さんは、目的(学び)を持って、
ある程度の人生を解っているうえで、
自分の意思でそこに降りてきている…と本で読みました。
それならうーは、一体何を学びにオイラの元へ来たのかな?と、
不思議でならなかったのです。
自分嫌いの人間から何を学ぶってぇの?
でも、ACを受けてから数日後、
もしかして…自分嫌いで苦しんでいるオイラを
変えるために来たのか?と思えるようになりました。

「うーは兎の姿なのだけど、
中身は『別のなにか』のような気がするのです」


「いいえ、気のせいではないですよ。^^
私たち人間も『人間の皮(笑)』を被った魂という存在です。
動物さんも『それぞれの身体や被毛』を被った魂という存在ですもの」


▼身体ってのは、魂の入れ物なんですね。
本では読んでましたが、改めて思い知らされました。
それを裏付ける発言が、うーの「そのために私の身体を使ってる」
という一言でした。そこを読んで、Σ(@@; ってなりました。

いま目の前にいる可愛いウサギは、何度も生まれ変わりを経た、
色々な前世の記憶を持っている一つのタマシイである。
人間の目には「可愛いウサギさん」にしか見えないけれど、
その中身をしっかり愛して付き合っていきたいと思いました。
「今」はウサギ。さて、その次は…?またウサギ?(笑)
それとも飛び級して、大きめの動物になるのかな?(^^

ゆくゆくは人間になるんだよね。
それなら、彼らが最終目的にしている「人間」が、
彼らの目の前で後ろ向きで投げやりな状態でいたり、
いつまでも暗い気持ちでいちゃぁ、失礼ってことになっちゃいます。
あれこれ考えながらこの回答に辿りついた時、
オイラは改めて反省させられたのでした。。。(T▽T)

「繁殖の意思がないなら、
なぜ自分の毛を毟って巣作りをするのでしょうか」


「気持ちとその動物の身体が持つ本能が別物だからです。
うさぎという身体のしくみと脳から発せられる神経物質が
偽妊娠を誘発させているだけで、本人の本心と現れる現象は全く別。
こんな話を聞くと、すごく不思議に感じるかもしれませんね」


▼もしかして…と想像しながら、あえて尋ねてみたこの質問。
これがまた、全然不思議なコトじゃないんですよね〜。
今のオイラなら、すんなり受け入れられます♪
「入れ物さん」の本能だから仕方ないことなんですね(^^
疑妊娠してるからって、繁殖の意思があるとは限らない。
目の前に見える現象だけで判断しちゃダメよってことですね。

「兎を通して、
私自身が精神カウンセリングを受けたような気分です。。。」


「アニマルコミュニケーションでは、
時として動物さんたちから飼い主さんへの
精神性に関するメッセージを受け取ることがあります。
このようなセッションに出逢われた飼い主さんは、
すごくラッキーだと私は思っています。ご自身でも気づけない
『何か』を、一番近くにいるその子から聞けること、
一見厳しい言葉のように感じるかもしれないそれは、
その子が『真の愛』を持って伝えてくれていることであり、
自分で気づく必要がある事柄であることがほとんどだからです。
美鈴さんが今回のセッションを申し込まれたこと、
それは美鈴さんご自身の学びにもなり、
うーちゃんの学びにも繋がるのだと思います」


▼ACって、良いことだけ聞けると思っていました。
それが、受けてみたらご覧の通りでございまして…(^^;
色々と散々考えさせられっっっぱなしでした。
良い方向に考えが変わったので良かったんですが、
初めはショゲまくりで憂鬱でしたよ〜。もうっ(笑)

うちも試しに受けてみようかな〜、と思われてる方は、
覚悟を決めて、自分をしっかり持って、心して臨んで下さい(爆)
きっと何かしらステキな発見があるハズです(^^

「ヒトの役にも立たずに、ただダラダラと生きているだけの自分が、
どうにも嫌いでたまりませんでした。
そんな自分嫌いの人間に飼われる兎が不憫であるとも思っていました」


美鈴さんがご自身のことを『好きではない』と思われていたこと、
それをうーちゃんは悲しく感じられているのでしょうね…。
美鈴さんがご自身を愛せるようになること、つまりは
あるがままのご自身の事を受け容れられるようになること、
それが『生きやすさ』へとつながり、
今以上の幸せへと繋がっていくと思います。
そして、それはうーちゃんにとっての幸せにも繋がっていかれるはず…」


▼ホント今まで、めっちゃ生きにくかったです(T_T)
うーがいなかったら、この苦しみはまだ続いていたのかも。
今回、恥を忍んでこの記事を書いたのは、、、
ウサギの飼育で悩みを持った人達への参考文献として、
また、今までの自分を見つめ直すことが目的であります。
そして、自分嫌いを克服すべく、第一歩を踏み出します。

オイラ、秋から学生になります!

それには学費&交通費が70万円くらいかかります。
今までの自分だったら、お金は貯金しておかないと〜。
とか、自分に対してそんなにつぎ込むのはモッタイナイ!
って思ったハズなんだけど(^^;
今は、やりたいんだからやっちゃえ〜、いいよね♪って、
かなり楽観的に考えています。すっごく楽しみです。

勉強の内容は、今はまだ伏せておきますが、
自分を変えて結果が伴ってきたら…
いつかは書ける日が来るかなぁ?(^^;
仕事に直結することでも何でもないです。
あくまでも、ただ興味本位でやってみたいってだけです(爆)

さて、頑張って学費貯金を始めなきゃね。。。
かれこれ2年ほど貯金してない…っていうか、
稼ぎが悪くてマイナスなうえに贅沢なんぞしてるから、
毎月切り崩してんだけど(^^;

なんとかなるのかぁ!?(>_<)

心配な方はポチッ☆
にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ

人気ブログランキングへ
 
さて。これからコメントへのお返事を書いて、
お友達のトコに訪問に行ってきます。
こんな暗ぁい記事を読んで下さって、有難うございました〜(^^;
何かしら、驚きや発見、参考になる部分があったら嬉しいです。  
  
 
posted by Misuzu at 11:40| 埼玉 ☁| Comment(24) | TrackBack(0) | ▼アニマルコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。