2010年06月11日

脱、ダンボール仕切り

この間の日曜日、やっっっと仕切りを変えました。
今までお金をかけずにダンボールで我慢していましたが、
ダンボールでは、あっさりポッカリ穴を開けてしまうし、
80cmの高さでも飛び越えちゃうので仕方なく…。

ホームセンターでメッシュネットを買ってきて連結させました。
本当ならキッチンなどで活躍するであろう、コレです。

DVC00064.JPG

ついに、こんな感じにりました〜。
みすぼらしさがなくなりました。万歳っ!

90cmなら飛び越えられまい。ふっふっふ。。。

DVC00059 (3).JPG

扉式にするのが面倒だったので、一部だけ連結させずに、
こんな感じに開くようにしました。

DVC00060 (3).JPG

閉めたら、ちょっと重ねて、ナスカンで留めます。
ウサギが隙間を潜ってきちゃう恐れがあるので、
できるだけ下の方に留めています。

DVC00061 (2).JPG

でも、ケージ齧りと同じように、
メッシュネットを激しくガタガタやるですよ(泣) 
自分が行けない向こう側が丸見えで、気になって仕方ないのかも。
ガタガタするたびヤメさせてますが、邪魔されてウサギも怒ります(笑)。
 
  
posted by Misuzu at 20:36| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯ぎしりの姿勢

ウサギは、ナデナデが気持ちいいと歯ぎしりを始めます。
どうして歯ぎしりなの?って思うけど、歯ぎしりなんです(笑)

↓これこれ。まるっとしてて可愛いんです。

DVC00210.JPG

そのうち、前足をちょこっと出して、毛もボーボーバッサバサで、
もっさ〜くなります。この姿がとっても大好きです。
この姿勢の時が、一番歯ぎしりがスゴイです。

DVC00294.JPG

そのうち、顔をぺったりと下につけちゃいます。
この姿勢の時は、あまり歯ぎしりしません。

DVC00293.JPG

スゴイ顔してますねぇ。。。

DVC00290.JPG

↓「きゅっ」…ぷっ。。。

DVC00291.JPG

↓麻呂ちゃん

DVC00289.JPG


いつも思うんだけど、うちのウサギって、、、
一般的に「可愛い」とは言えない顔をしているよなぁ…(笑)

DVC00304.JPG
 
…飼い主にとっては「可愛い」んだけどね(^^; 
 
 
posted by Misuzu at 20:07| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギで遊ぶ(笑)

ウサギと、の間違いじゃないんですか?
いいえ違うんです。ウサギで、です(笑)

うちのウサギは、小さい頃から頭の一か所の毛が変です。
なぜかココだけ短いんですよね。。。

DVC00227.JPG

DVC00229.JPG

↓面白いので、ココを基準にツムジにしてみます。渦巻き。

DVC00226.JPG

↓キューピー

DVC00231.JPG

↓とっちゃんボーヤ

DVC00232.JPG

↓モヒカン風

DVC00233.JPG

↓じーちゃん

DVC00236.JPG

↓七三風

DVC00237.JPG

↓エルビスプレスリー風

DVC00239.JPG

↓落ち武者

DVC00243.JPG


されるがままです(笑)

…可愛いでしょ?
 
 
posted by Misuzu at 19:48| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエコの孵化(脱皮)を助ける

イエコの産卵床を観察していると、色々な発見があったりします。
イエコ達は、面白いくらい、にゅる〜っと出てきます。
どうやって出てくるのかと不思議に思います。

でもたまに、、、
海老フライのようなものが、のたうち回っているコトがあります。

DSCN2148.JPG

卵の殻から出てきた前幼虫が、
一齢幼虫になりきれずにもがいているんです。

卵から出てきたら即、一齢幼虫になるのだと思っていたので、
最初はなんだか良く解らず「?」だらけでした。

卵から出てくるときは「孵化」で、
更にもう一枚皮を脱いで一齢幼虫になる時って、
「脱皮」っていうんでしょうか?
ムシムシ好きでも、こういうことには疎い私です。

この、孵化?脱皮?を助ける様子を、HPに載せてみました。
どう表現するのが正しいのか解りませんので、
もし間違えていたらご指摘ください…(^^;

Happy Growing
興味がある方はご覧下さいね


***

2012年7月27日追記。
HPをヤメちゃったので、こちらにUPし直します。


「ヨーロッパイエコオロギの脱皮を助ける」

空になった卵の殻の先端には、
ぐちゃぐちゃっとした白いものが付いてます。

dappi1.jpg

これってどーういうこと?二回脱いでるの?
最初はワケがわかりませんでした。

調べてみたところ、コオロギにも前幼虫なる段階があったんですね。。。
卵から出たら、その時点で一齢幼虫になるのだと思っていた私です(恥)。

普通は、卵の殻から出る時に、薄い皮をほぼ同時に脱いで出てくるようです。
が、この薄い皮を被ったまま卵から出て、
海老フライのような姿でのたうち回っているヤツがたまにいます。

この薄皮から出られずに死んでいくわけですが、
ためしに、この薄皮を取ってあげる手助けをしてみました。

↓ 頭に卵の殻が付いているので、まずこれを取り除きます。

dappi2.jpg

↓ 半・海老フライ状態

dappi3.jpg

↓ 極細のピンセットの先端で取り除いていきます。
神経を使う作業です。

dappi4.jpg

↓ …希望が見えた感じがしました。

dappi5.jpg

↓ はれて「海老フライ」な姿になりました。
このときは全然知りませんでしたが、これが「前幼虫」ってやつなんですね。。。

dappi6.jpg

↓ 頑張って、更なる皮から出てこようとしています。

dappi7.jpg

↓ 頑張れ〜!
…力を使い果たしたのか、イエコはこのまま諦めてしまいました。
仕方がないので、再びピンセットで皮を取り除きます。

dappi8.jpg

↓ 一歩間違えば潰してしまいます。
これ以上ないってくらい、かなり神経を使いました。

dappi9.jpg

↓ 無事に一齢幼虫になりました。

dappi10.jpg

けれど、、、
孵化に長時間かかってしまったので、
身体がくの字に固まってしまっています。
足を伸ばすことだってできません。

自力で短時間で出てこられなければ死が待っています。
わかりきっていたことですが、
でも、なんとかしてあげたかった。。。



 
posted by Misuzu at 19:22| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ヨーロッパイエコオロギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。