2010年06月08日

ある日の植え替え品

兜というサボテンが大好きです。
棘はなく、ふわふわの丸い毛が生えている可愛い球体です。

でも、、、

10年前は大嫌いでした

なんかこの、ぶつぶつ…キモイぢゃん!って感じで、
オフ会なんかで皆で本を見ていて、ヤツの写真が出てくるたびに、
鳥肌を立てながら「ぎゃ〜」って言って逃げていたくらいです。

それが、、、

なぜか、なんでか、いつの間にか好きになっていました。

嫌よ嫌よも好きのうちってやつでしょうか(笑)

愛する兜を、知人から貰ったり、ネットで買ったり…。
受粉させたらタネが出来ちゃって、蒔いてみたら上手くいっちゃって。

そんな軽いノリで増えちゃいました。
あまり良い兜ではないけれど、種から育てると可愛さもヒトシオです。

そんなこんなで、
兜の他にいる植物=ドルステニア フォエチダも、何株もいたりします。。。
 
DVC00312.JPG

一番でっかい球体(兜)は親株。
残念ながら、もう片方の親株は腐って死んでしまいました。
小さい子達が実生苗です。面白くらい顔がまったく違います。
星も少なくて駄作と言われる株だろうけど、
どれもこれも、自分にとっては可愛い我が子たちです。。。
 
  
ラベル:
posted by Misuzu at 21:50| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たかが一匹、されど一匹。

イエコがたまに、私の部屋から脱走します。
成体でも、なぜか、どうしてか、一体どうやっているのだか、
うまいこと脱出に成功して、その辺を徘徊しています。

一匹(♂)が、一週間ほど前から冷蔵庫の下に住んでいます。

鳴き始めた初日。
母は、イエコの泣き声(音)に苦しめられました。
「一晩中鳴いてて、うるさくて寝れないよ!捕まえてよ〜」と訴えます。

とはいえ、いまから捕まえてケージに戻しても、
きっと水切れにあっているだろうから、下痢して死んじゃうだけかも。
それならいっそ、そのままソコで鳴いててくれたまえ。
…な〜んてサラリと思っていた私。

さんざん大量に脱走されまくっているので、
いまや一匹二匹逃げたくらいで、「捕まえなきゃ」とは思えません。

母は、ウルサイと文句を言うわりにはイエコに優しくて、
「水がないと死んじゃうんでしょ?近くに置いといてあげなさいよ」
「お腹空いてるんじゃないの?ご飯置いといてあげなさいっ」
とか、世話を焼いてきます。…半ば強制的に動かされました。

それから毎日、夜になってイエコが鳴き始めるたびに、
「あ、今日も鳴きはじめたよ」と嬉しそうに言っています。

今日の昼間、イエコが玄関にいたらしく、
もしかしたら冷蔵庫の下から出てきたのかも…?と思って、
捕まえようとしたら隙間に逃げられ、慌てて追ったら、
傍にあったノコギリに指をひっかけてしまい、血を流したそうです。
そこまでして保護したイエコは、冷蔵庫の下の子ではなく、別の♂でした。

今日も冷蔵庫の下で元気に鳴きはじめた例の♂。
虫カゴに保護した♂は全く鳴きません。
「傍に置いたら感化されて鳴きはじめるかな」
とか言いながら、虫カゴを冷蔵庫の傍に運んでいました(笑)。

「コオロギ専用のご飯はないの?持ってきてあげてよ」
今日のそんな要求を、これから聞いてあげるところです(笑)。

たかが一匹…と、冷たくなっていた自分が恥ずかしいです。。。






posted by Misuzu at 21:23| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ヨーロッパイエコオロギ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

怒りんぼなウサギ

残念ながらウサギって、可愛いだけじゃーありません。
すんごい怒りんぼなイキモノです(笑)

きっと原因はオイラにあるに違いないんですが。
ちょっとほったらかされたとか、怒られてイヤだったとか、
遊んでほしかったのにPCに向かっちゃった、とかとか、、、

ケージの隅で、「ぷーぷーぷーぷー」と鼻を鳴らしながら身を屈めて、
攻撃態勢に入ります。

え、さっきまで機嫌良く遊んでいたハズなのに、急にどうした…?
と思うことがしょっちゅうです(困)

こんな状態の時に手を出すと、
噛まれるか、前足でウサキックが炸裂するか、
狂ったように逃げまわるか、とにかく面白いことになってしまいます。

今朝は、起きてすぐ放牧してあげようとケージに近づいたら、
「ぷーぷーぷーぷー」言い始めました。ちょ…何もしてないのにっ!

「なんもしてないでしょ〜?怖くないよ」って言ってみてもダメ。
一度このモードに入ってしまうと、まったく聞く耳を持ちません。
でっかい良い耳を持ってるくせにねぇ(笑)

こんな時は、ひたすら放置プレイすると(人も動物もコレが一番)、
いつのまにか機嫌がなおっていたりして、
「ぶぅぶぅ」言いながら、ぐるぐる駆けまわったりします。

が、、、

今朝はムッときたので、捕まえてひっくり返して、目を見て説教(笑)。
「大丈夫だから落ち着いて」と、イイコイイコして、自由にしました。

困ったことに、どうにもこうにも機嫌がなおりません。オヤツでもだめ。
「この怒りんぼっ!もー知らん!」…こっちまで超不機嫌に。

モヤモヤした気分で仕事して、帰ってもまだ怒ってたらどうしよう?
なんて胃を痛めながら悩んでいたら、ウサギはすっかりケロリとしていて、
頭をつき出してきて、ナデナデを要求してきました。
良かった、いつもの う〜ちゃん に戻ったぁぁぁ(嬉)

まるで、喧嘩中の家族と仲直りできた時のような感じです。

こんな感じで、うさぎはワケ解らないことも多いですが、
こういう状態の時も含めて楽しんでいます♪

↓今朝の抵抗の痕。
 傷つくのは別に嫌じゃーないので、これくらいはヘッチャラ。

DVC00068.JPG

DVC00067.JPG


今日はこのまま会社に行きました(笑)


ちなみに、これは別の日。
茶色くなった傷跡と、新しくこさえた、ミミズ腫れ十字架バージョン。

DVC00065.JPG


暴れウサギを押さえつける時に、
両手首に横方向に傷ができるもんで…、

リストカット症候群

なんて間違われたりするとイヤだな〜(^^;
って、常々思ってたんですが、先日、ペットコーナーの店長さんも
おんなじコトを言っていたので、すっげーウケたのでした。。。
 
 
posted by Misuzu at 20:26| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎとケンカする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。