2010年05月17日

オスカーに餌をねだらせる

久々に、アルビノオスカーのビッちゃんです。
15cmくらいになりました。

毎日見てると、あまり変わり映えしないように感じてしまいますが、
妹とかがたまに見ると、「うわ、デカくなってる」って言います。

DVC00340.JPG


ぎょちゃん(金魚)がいた頃、彼女は餌が欲しくて、
始終「ちゅばちゅば!」とやっていました。金魚や鯉が得意なアレです。

なんか、バカっぽいし、うるさいんですが、
あぁ、いるんだな〜って感じで好きでした。
「餌が欲しい」とアピールするって、すごくないですか?
「こうすると餌をもらえる」って覚えると、
もっとアピールしようとして、日に日に大きな音になるんです。

もしかしたら、オスカーにも出来るんじゃない?

な〜んて思ってみた私。
「ぎょちゃんみたいにやってごらん」なんて話しかけていましたが、
んなこと、ビッちゃんに解るはずもなく、、、

かーさんに、「なかなかやらないねぇ」と訴えます。
「あれはぎょちゃんの得意技だからねぇ」と言います。

しかし、簡単に諦める私ではありません(笑)
偶然、お腹を空かせたビッちゃんが、何もない水面で、
何もない餌を取ろうとして、「ちゅばっ」ってやったのを機に、
ここぞとばかりに餌をあげました。

「ほら、もっとやってごらん」…って言っても、
何も解っていないビッちゃんは完全無視です。

それでも、根気よく毎日続けてみました。
少しでも「ちゅばっ」という音がしたら、すぐに水槽に向かいます。
食事を中断してでも、何度でも、すぐに行って餌を落としました。

そうしたら、、、

「音を立てる=人が来る=餌をもらえる」と覚えてきました。
だんだんコツを掴んできたのか、音も大きくなってきました。

最初は、覚えさせるために数をこなしてもらおうと、
一回につき一粒しかあげませんでした。

「ちゅば」の後に振り向いて水槽を見ると、
ビッちゃんが「あ、こっちに気がついた!」とばかりに、
尻尾をフリフリして、クレクレダンスを始めます。

だんだんハッキリわかるくらい音も大きくなってきたので、
一回の量を、3〜5粒に増やしました。
毎回食事や作業を中断して、「あ、ビッちゃんが呼んでる!」と
席を立つのは、膝が痛くてしんどくて(笑)

お腹が満たされると呼ばなくなります。
こんな感じで、毎日数回に分けて餌を与えて、
ビッちゃんとのふれあいを楽しんでいます。

魚だって「餌ほしいよ」のアピールが出来るんです。
「大きな音を立てて人に気づいてもらおう」という方法を、
自然と編み出したぎょちゃん。
私が無理矢理ビッちゃんに引き継ぎました(笑)。
 
  
 
posted by Misuzu at 23:16| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | うちの魚たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

さようなら、ヒーター

 
今朝は、いつもの時間にウサギを放牧してから、
体調不良のために、布団でウダウダ寝ていました。
そのまま耳栓ナシで眠り、いつもと違う変わった音が聞こえるたびに、
布団から出てウサギの様子を見に行っています。
今日は、ダンボールの仕切りの破壊活動が激しく。。。

でもまぁ、そんなに簡単には壊せないであろー。
なんて思っていたら、布団にサワサワと動きが伝わってきて…。



わぁぁぁ!
ちょっ、どっから来たぁ!?ってなりました。

ちょうど、ヒーターを置いている方の仕切りに穴を開け、
そこからこっちに来たようでした。
もしかしてコードが危なかったんじゃ、、、
とか不安になりながらも、なんだか怖くて見る気になれず、
まったくもう!と思いつつウサギを帰し、穴をふさいで布団へ。

暫くすると、ゴソゴソと違う音が…。

!!

今度は、仕切りの反対側のほうを押し上げて、
隙間からこっちにやってきました。
まったくもう!と思いつつウサギを帰し、仕切りを戻して布団へ。

暫くすると、ガサガサと違う音が…。

!!!

ちょっと!ビニールなんてどこから!?と見てみると、
仕切りの真ん中(下の方)に、二箇所ポッカリと穴を開け、
こっち側に置いていたゴミ袋を引っ張りこもうとしていました。

やめてよ〜!…泣きが入りました。

完全にウサギが通れるサイズの穴なので、
もうペットボトルで塞ぎきれません。二本立ててもちょっと不安。
一人で遊ばせておけなくなっちゃったので、
ウサギにはケージに戻ってもらって、私は再び布団へ。

そんなこんなで、何度もヒヤリとした日でした。

いま、足元を温めてから眠ろうと、ヒーターのスイッチをON、、、
、、、あれ?電源が入りませんよ?まさか…

今朝の脱走事件の時に齧られたんだ〜。
コードがズタズタに裂けていました。なんて恐ろしい。。。

この噛みっぷり、はたしてウサギは大丈夫だったんだろうか?
今は元気にしてるけど、口の中を火傷とかしていたり、
あとで後遺症が出たりするっていう話もあるし。
すっっっごく心配です。どうしよう。。。(涙)


ヒーターは、昭和63年製で、昨日まで普通に使っていました。
パネルの温度表示が一部壊れていましたが、
それでも働いてくれていました。いつまで使えるかなぁ?
なんて思いながら毎年お世話になっていたんですが、、、

ウサギが来て数日後にコードを齧られ、軽傷だったので、
ビニールテープで保護して、それでもなんとか使えていました。
あぁ、こんな形でサヨナラになるとは思いませんでした。
モノに愛着を持つワタシ。とっても寂しい気持ちでございます。 

とかなんとか言っても、一番はイキモノなわけで、  
ウサギに何も起こらないことを祈るのみです。。。  
 
 
 
posted by Misuzu at 22:34| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎのヒヤリごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

欠損ちゃん、その後

八重山サソリが脱皮不全を起こしてしまい、
(脱皮の途中で、他の子に齧られたのかも?という説もアリ)
ハサミが片方ない状態で三ヶ月経過しました。

この子のことを「欠損ちゃん」と名付けていたりします。
他の方からも、その後どうなりました?と、
ご心配頂いておりますが、、、

こんな感じです。
弱って他の子に食べられてしまったり、
傷口から菌が入って腐ったりすることもなく、
元気に過ごしていたようです。

DSC08713.JPG


ちょっと回復。

DSC08718.JPG


一応、食べれているってことですよね。嬉しいな。

みなさん、欠損ちゃんを応援して下さって有難うございます。
ハサミが完全に元に戻る日は、はたして来るのでしょうか。。。
 
 
posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤエヤマサソリを飼って苦しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

毛繕いしながら●

 
普段はトイレで●できるのに、
毛繕いの時にはその場でしちゃうんですよね〜。なぜなんでしょう?(笑)
そんなうーちゃんに、台詞をつけて遊んでみることにします。


「あっ、、、」

DVC00288.JPG

「恥ずかしい」

DVC00278 (2).JPG

「ゆるして」

DVC00287 (2).JPG


…んなコト思っちゃいないだろうけどね(笑)
 
 
posted by Misuzu at 19:41| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ▼うさぎのトイレ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日が"カクカク祭り"(笑)

うちの猫はヘンタイです。
毎度同じことを言っていますが、どヘンタイです。

レオが小さい頃は、私もレオと仲良く出来ていました。
ですが、ある日を境に、レオは私を大嫌いになりました。
まだチビのくせに、私の足にまたがってヘコヘコと、、、

ちょ、なにやっちゃってんの!?

まだまだチビだと思っていたのに、
イッチョマエなコトし始めたんですねぇ。さすが雄です(笑)。
びっくりして払いのけた私。それからヤツは寄りつきません。

レオは、マウントのターゲットを、即座に母に変えました。
母が布団に寝転がると、左腕にまたがってワッショイし始めます。
優しい人なもんで、やりたいようにやらせてました。
「楽しみはコレしかないんだから仕方ないよ」なんて言いながら。
この寛大さゆえに、毎晩3回くらい襲われることになりました。
夜中に起こされたら無視すれば良いのに…しないんですよねぇ。
オイラには真似できません(笑)

やがてレオは、布団に入る前に風呂に入るのだということを覚えます。
母が風呂に行く支度を始めるとついていきます。
で、風呂から上がって身体を拭くと、
大声で「使用済みのタオルをよこせ」と騒ぎまくります。

奪ったタオルを咥えて引きずりながら布団へ向かい、
アオアオと騒いで母を呼びます。…なんつー猫じゃい!
母がすぐに布団へ行かない時は、諦めてタオルで勝手にワッショイです。

このタオルを取ろうとすると、
まるで虐待にでもあったかのように、もの凄い声で抗議します。
これがまた楽しくて、ついチョッカイをかけたくなるのです。

DVC00295 (2).JPG

でも、それで終わりじゃーなくって、
母が布団へ入れば、大騒ぎで再びワッショイ開始です。
よくヘコに付きあえるよな〜。。。
いつもそう思っています。

うちの猫、母がこの性癖(?)に付き合うお陰もあってか、
その辺で粗相をしたことがありませんでした。
「猫=粗相=臭くて悲惨」の図式を見事にブチ壊してくれた子です。
尿道結石の時は垂れ流しで大変でしたが、それ以外はなかったんです。

こんな生活も10年続いていますが、
レオも歳をとってシモが緩んできたのか、
一人でタオルでワッショイしながらお漏らしをしたり、
庭に来たよその猫に大興奮して、
カーテンにオシッコをかけたりするようになってきました。
その時は、居間中が臭くて大騒ぎでした(涙)。

年々増えていくのかなぁ。
仕方のないことなんでしょうけれど。。。
 
 
posted by Misuzu at 19:31| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | うちのネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くす玉職人失格。3mm角組み付け失敗。。。

一年前から放置していた、3mm角の紙で折ったくす玉のパーツです。

DVC00332.JPG

折るのに苦労はせず、折りあげたのは良いけれど、
「嫌な予感」がしていたので、組み付ける気力がなく、
見て見ないフリをしていたのでした。

最近、仕事や私事でストレスメーターを振り切ってしまい、、、
組み付けにチャレンジしました。

私の場合、根気のいる作業にイライラしながら集中していると、
手元に集中力を一気に注ぎ込むためか、かなりスッキリできます。
人に言うと「おかしい」とか「変!」とか言われますが、
ストレスの解消法は人それぞれです(笑)

大抵の場合は作業も上手くいって、あ〜良く頑張ったぁぁぁ!
とスッキリ出来るんですが、今回はそう上手くはいきませんでした。

「嫌な予感」というのは、折った紙が厚いがために、
相手のポケットに刺さらない…というものでした。
小さいものを折る場合、紙も薄くしなければなりません。
でも、あまりにぺラペラでも、組み付けに失敗します。

トレペは厚かったので、超薄折り紙で折ってみました。
ところがコレは薄くて折りにくい…。
ってことは、組み付けも出来ないということなわけで…。

失敗じゃ〜っ!!!

そんなこんなで、ストレス増大(笑)。
潔く諦めるか否か…現実逃避しながら暫く考えます。。。 
 
posted by Misuzu at 19:00| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 極小くす玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエコの面倒を見られずに…

ウサギが来てからというもの、
イエコ達の世話に手が回らなくなってしまいました。
最初は良かったのですが、、、

イエコハウスに入りたがるウサギ。
齧る・荒すの防御のために、入口を完全に覆ったダンボールのせいで、
世話がしにくくなってしまったのです。
早いとこ改善出来れば良かったんですが…。

水やりタッパーを改良し、手間が省けると思っていたのに、
気がつけば水切れのオンパレード。
先端を玉結びにした包帯が、水を上手く吸い上げていなかったり、
油断していて水が空っぽになっていたり、、、
水を切らせば即死亡!のイエコ達にとって、
それはもう、残酷極まりない状況に陥っていました。

毎日バタバタと死んでいくイエコ達。
とんでもなく可哀想なことをしました。
増えすぎても困るんだけど、生まれてこないのも困りもの。

生き残ったわずかな老イエコも、産卵管が割れてしまっていて、
卵を産める状態ではありませんでした。

また、産卵床をほったらかしにしていた罰として、
トゲダニ類が大発生していました。
こいつらにやられたのかどうなのか、生きている卵はありませんでした。
生きてる小さなイキモノしか捕食しないイメージがあるのだけど。
せっかくだから、これは改めて実験してみる予定です。

そんなこんなで、イエコベビーが完全にゼロになってしまい、
サソリ飼育初期の頃以来、4回もベビーを買うことに。
収入の低いオイラにとって、どエライ出費です(涙)。

ベビーと共に親も買ったので、改めてガンガン繁殖目指します。

毎日のように、ワンサカ生まれていたのになぁ。。。

DVC00320.JPG


ユトリが無くなるって怖いです。。。
 
  
posted by Misuzu at 18:43| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ヤエヤマサソリを飼って苦しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。