2010年02月25日

レインボースネークヘッドの餌付け方

たまには、レインボースネークヘッドの"スネ"のことでも。

スネは魚食魚なので、生きたもの(しかも動くもの)しか食べません。
なので、カーニバルやキャットには無反応です。
最初はメダカを飼ってきて好き勝手に食わせていましたが、
経済的にちょいとキツイものがあるので考えました。

イエコがいるじゃーん。

イエコに、魚用の餌(色あげ用とか)をたらふく食わせ、
それをスネにあげれば栄養摂れるじゃないか。

最終的には、カーニバルを食べてもらいたいので、
イエコにカーニバル&色あげ用金魚フレークを食べさせ、
さらに、粉状にしたカーニバルをまぶしてからスネに食べさせました。
まずは匂いに慣れてもらおう作戦です。

そのうち、「落ちてきたもの=イエコ」と思いこませ、
フェイントで落としたカーニバルをうっかり食う、、、が目標です。

というわけで、毎日イエコ漬けだったスネですが、
ちゃんと消化出来ているのかいないのか気になっていました。
スネのウンコを、いまだに見たことがありません。。。

フェイントで落とすカーニバルは、ことごとく無視され続けました。
良く見てますね。「動かない=食べ物じゃない」らしいです。
お願いだから早くカーニバル食べてくれ〜。

と思いながら、早数ヶ月が経過。
仕方がないので、次なるステップは空腹作戦です。
イエコを食べさせてから、一日おきます。
お腹がすいたら食べるかな〜という期待を込めて、カーニバル投入。

完全無視です

でも、めげずに気長にやります。

可哀想だけど、もう一日おきます。
スネはイエコが落ちてくるのを待っていますが、あえてカーニバル投入。

で、昨日、、、
うっかり食べてくれました。万歳!

今日もイエコを待っていたスネですが、
カーニバルを2個食べさせました。なんとも可哀想なんですが…。

これからは、カーニバルをメインにして、
色揚げ用の金魚フードを食わせたイエコを、
オヤツとしてあげていく予定です。


↓水替え中。母から「どじょう」と形容されたスネ。  

DVC00075.JPG

↓正面がブサ可愛いんだ、これがまた。

DVC00103.JPG

↓腹側は、青みがあって綺麗なんですが…

DVC00104.JPG
posted by Misuzu at 00:08| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | うちの魚たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

ウサギを飼って苦しむ4

ウサギに一番悩まされていること、それは夜中の騒音です。
人が寝ている時に、もんのすんご〜くウルサイ!

ひとしきりケージの外で暴れまわって、体力を消耗している時は、
消灯して暫くの間はおとなしくなるのですが、0時を過ぎてから、、、

…ガリガリガリ…ドタンドタン!…ガガガッ!
…ゴトッ!…ガリガリガリ…ガンッ!…ガリガリガリガリガリ…

やかましいっ!!!

まったく、ケージの中で何が起きているのやら。
給水器に八つ当たりして、ガツンガツンやってるのは構わんのですが、
ケージ齧りだけは、なんとしても止めさせたい私です。

学生の頃、バイト先で、ケージ齧りがひどくて、
前歯を失っているウサギたちを何羽も見てきたからです。
だからちょっと神経質。

「うるさい!」と怒鳴ればすぐに止むのですが、
暫くたつと、またガリガリガリガリ…

うるさいっつの!

毎晩、寝返りのたびに起きてしまうし、
ちょっとの物音でもすぐに目を覚ましてしまう私。
ホント、いい加減にしてほしいです。うるさすぎてマジ眠れんです。
ウサギを飼う時は、同じ部屋には寝ちゃいけませんね(涙)。

飼ってからというもの、毎晩眠りながら怒鳴っています。
きっと、一晩で10回は怒鳴ってます。
朝4時半を過ぎた頃が最もピークで、助けて〜って感じ。
もしかして、構ってもらえてると勘違いしてるのかな?

↓「あそんでよ〜」

DVC00362.JPG

というわけで、もう半月ほど、まぶたが激しく痙攣しっぱなしなもんで、
先週末、親から耳栓なるものを借りて初めて使ってみました。

すげぇ、なんも聞こえん…

低い物音は、聞こうと思えばかすかに聞こえる程度。
イエコの鳴き声など、甲高い音は全然聞こえません。
こりゃ快適に眠れそう♪なんて期待を込めて、、、

寝過ごしたぁぁぁ...

体の痛みで気がつけば11:30!
休日とはいえ、なんてこったな事態です。
植物の撮影は、日が出ている間しかチャンスがないのに、
こんなに時間を無駄にしてしまうとは。耳栓恐るべし。。。

でも、ものすご〜く良く眠れました。その反面、ちょっと長く眠ると、
背中や腰の痛みがひどくなるんで大変なんですが。ババですねぇ(笑)。


携帯を枕の下に入れておけば、バイブで起きれることが判明。
でも、電磁波は頭に悪いかも。あ、もともと悪いから関係ないか(笑)。

ケージ齧りは、恐らくヒトが不在の時に散々やっているかもしれない。
きっと、夜だけ怒ったって意味がないのかも。
諦めるつもりはないのだけれど、眠りながら何度も怒鳴るのも疲れるし、
ウサギも5年くらいしか生きられないのだし、
出来る限り怒らないで接してあげたい。
というわけで、今日から耳栓使って寝ます〜。。。

  
↓「バカボンのパパなのだ〜」(来て3日目のとき)

DVC00364.JPG
  
posted by Misuzu at 23:04| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

仰向け抱っこ克服

苦しみばかりを立て続けに書いていてもなんなので、
たまには嬉しいコトでも。。。(おとといの晩の話です)

ウサギに頑張ってもらっていた"仰向け抱っこ"ですが、
慣れてきたので、試しに添え手ナシでやってみました。

今までは、わきの下に手を入れて、かるく腕を押さえていたんですが、
ナシでも出来るんじゃないかと思って…
話しかけながらひっくり返してみました。

DVC00079.JPG

本人はキョトンとしていますが、
なんだか人形みたいじゃないですか?

可愛すぎます!

…13秒後に飛び起きました。
すごい進歩です。えらいえらい。
 
 
posted by Misuzu at 22:54| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウサギを飼って苦しむ3

今日は苦しみの3話目です。
長いから「もういいよ〜」って感じですよね。
書くのも大変だけど、さすがに読むのも疲れそうです。。。

ケージの真横に、餌、トイレ砂、チモシーの袋を置いていました。
ウサギを放牧(?)しているとき、これらの袋の角をガリガリ齧るので、
チモシーだけ残して取りあげました。(ケージの上に置くことにした)

そのうち、チモシーの袋を倒し、顔を突っ込んで食べ始めました。
チモシーなら、自由に好き放題食べてもらって構わないし、いっか。
なんて思って放っておいたら、絨毯が牧草のクズでスゴイ状態に!

DVC00013.JPG

最初のうちは、好き勝手食べて、トイレに走っていって、
また戻ってきて食べて…を繰り返していましたが、
そのうち、トイレに戻らずに、その場にウンチをするようになりました。
「まったくも〜」なんてつまみながら、ポイポイ捨てていました。
そんなある日、油断していて、部屋の角にオシッコをされました。

トイレのしつけは完璧だったはずなのに、なんで!?

ちょっと呆然としましたが、
ここで、どうしてウサギが粗相をしてしまったのかを冷静に考えます。

ケージの中では、チモシーを食べながらトイレに座っています。
「チモシーを食べる=ウンチをする」なわけです。

DVC00386.JPG

ケージの外では、遊びながらチモシーを食べることができます。
遊び場の真横には、ケージ越しにトイレがあり、オシッコの匂いがします。
そんでもってうまい具合に、なんの妨げもない"角"がちょうどあって、、、

こりゃー、トイレと間違えるのも無理はない。
ついウッカリの粗相だったのか、勘違いをしたのかは謎ですが、恐らく後者。
とりあえず、遊ばせながらチモシーを食べさせるのはやめました。

しかし、取りあげたら、ものすごい怒っています。
「今までここで遊んでたのに!食べてたのに!」って感じなんでしょう。
でも、トイレ以外の場所でオシッコされると困るんです。

必死に、絨毯についたオシッコの匂いを掃除したけれど、
粗相を再発したらどうしよう?でも、積極的に食べてほしい牧草を
取りあげてしまうのは不憫だ…と考えた末にこうなりました。

↓2/12の様子
「齧りたい・掘りたい」対策に、新聞紙コーナーを設置。

DVC00019.JPG

ここに、ぐしゃぐしゃにしたロール紙と、牧草を投入。
牧草の散らかり防止に、新聞紙の端を少し折って、トレイ状にしてみた。
(ガムテープを使ったら、面白がって齧って飲んだので慌てて剥がした)

部屋の角の部分は、しゃがめないように、新聞紙でコブを作っておいた。
こんな単純なものでも気に入ったようで、大喜びで遊んでいます。
新聞紙をものすごい勢いで豪快にビリビリ破って大はしゃぎ。
たまにチモシーを食べながら休んで、ちゃんとトイレに行って、、、
とりあえず、粗相はしなくなりました。
 
↓2/15の様子

DVC00025.JPG

↓今日の様子 

DVC00084.JPG

さて次は、もっとも苦しんでいるコトについて書きますよ〜。

posted by Misuzu at 22:27| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ウサギを飼って苦しむ2

さて、今日は苦しみの2話目です(笑)。

買った日はおとなしく抱っこされていたうちのウサギですが、
翌日からは、てんでダメになりました。
(最初は、怖くて我慢して様子を見ていただけだったみたいです)
抱き上げようとすると、ひどく暴れて逃げまわります。

ちっとも可愛くないっ

ウサギって、「頭を撫でて」と寄ってくる、
おとなしくって可愛いイキモノじゃーなかったの?
なんか、"ウサギ苦手モード"に一気に戻ってしまいました。

「抱っこは良いこと」と覚えさせると良いと、
marunanaさんから教わったので試してみてもダメ。
そもそもナデナデすらさせてくれません。すぐ逃げます。
自分本意に駆け回って、自分だけで楽しんでいる感じです。

仕方ないよ、慣れてないんだもんね。
自然界ではウサギは捕食される立場のイキモノだし、
「捕まる=食べられる」なんだから、ほんと仕方ないんだよね。

なんて寛大に思っていても、、、
人に触られることに慣れていなかったのか、
人が触った所を全部自分で舐め直す始末。

これ、けっこう腹立たしいもんです。

こりゃいかん。。。

とりあえず、すぐさま「食いつきが良い」というオヤツ
(ミルケットという小さなビスケット)を購入して、
餌づけ作戦を試みることにしました。

↓プラナリアみたいな顔だねぇ。。。

DVC00360.JPG

ところが、、、
中途半端に齧って、すぐさま慌てて逃げ出します。

どこが「食いつきいい」んだよ〜っ

このままオヤツが全部無駄になるんじゃないかと心配しました。
試しに食べてみたけれど、とても美味しいとは思えない味です。
きっと、このウサギには美味しくなかったんだな〜。とか思ったら。
妹のコドモが喜んで食べました。
まだ喋れないくせに、身振り手振りでおかわりを要求します。
妹も、「甘くて結構うまいじゃん」とか言うし…信じられん!

「一回で一個あげちゃうんじゃなくて、
一個を何個かに割って、回数多くした方が効果的じゃね?」
と妹が言うので、早速試してみることに。
本格的に、「抱っこされるとオヤツをもらえる」作戦開始です。

一週間経たないうちに、自分からモモに乗ってくるようになりました。
ですが、問題はここからです。
どうやらヤツは「人んとこ行けばオヤツくれる」と思っているらしい。
で、用は済んだとばかりに、食ったらすぐモモから降りてしまいます。

それじゃいかーん!

というわけで、、、
自分から乗ってきた場合はナデナデのみ。
人から強制的に抱き上げられて、ナデナデに耐えたらオヤツ。
というふうに切り替えてみました。

最初は怒って人の服を噛みまくっていたウサギですが、
なんかだんだん理解できてきたようで、
おとなしく抱き上げられるようになりました。

やればできんじゃん!

だけど相変わらず、食べたらすぐに降りてしまうんですが。
とりあえずはヨシとしてあげよう。

…な〜んて、甘くはないです。

食い終わって降りようとしたら、
すぐさま阻止して、抱き直してナデナデ。
そして、ある程度我慢したら釈放。

そうこうしてるうち、ナデナデ=気持ちが良いと覚えたのか、
自分から要求してくるようになりました。
最初は、ちまっと丸まっているんですが、そのうち頭を床にくっつけて、
ぺちゃ〜んとした状態になってしまいます。可愛いです。
努力が報われて嬉しかった。

↓ナデナデ要求中

DVC00068.JPG

↓ハムスター?(笑)

DVC00064.JPG

↓不細工なウサギ。。。

DVC00065.JPG

↓"ぺっちゃんこ"の例

DVC00035.JPG

それなりに学習能力があると解ったところで、
次は"仰向け抱っこ"の練習に突入です。これまた難易度高し。
嫌がって、暴れて、もがいて、ちっともひっくり返りません。

でも、ここで諦めて放したらオシマイです。
「逃げれば済む」と学習してしまうので、一度捕まえたら放しません。
もし逃げられたら再度捕獲してやり直し。
そして、嫌なことを頑張ったら、ご褒美にオヤツを。

何度、正しいやり方で、ちゃんとした抱き方から
ひっくり返してみてもひどく暴れるもんだから、
アタマにきて、強制的に仰向けにしました(笑)。
ちょっと可哀想なんですが、出来ないとイザという時困るってことで。
これは無理にでも練習して慣れてもらわなければなりません。

一日一回、数日後は二回…とやっていたら、
意外なことに、一週間くらいでちゃんと出来るようになりました。
最初はほんの数秒だけど、こりゃ〜すごい進歩です。

昨日は私も面白がって、5回仰向けにしましたが、
ウサギ的には「オヤツがもらえる」と思っているからか、
おとなしく応じてくれます。
ひっくり返っている時のウサギって、けっこう可愛いです(笑)。

そして、昨日はもっと進歩があって、、、
いつもはオヤツを食い終わったら、さっさと降りてしまうんですが、
自分から体勢を直して、ナデナデモードに入りました。
モモの上で歯ぎしりをしながら、おとなしく撫でられていました。

よ〜しよし!いいこ♪

と、このタイミングで、ボーナスオヤツをあげることにしました。
今日もちゃんとできたので、たて続けにオヤツをもらいました。
仰向け抱っこも2回出来たし、結構食べてます。

といっても、ビスケットは一日2個までと決めているので、
それぞれ4分割して、8回までなんですけどね(笑)。

抱っこは3カ月くらいまでに出来れば良いらしいですが、
いまのところ、仰向け抱っこ含めて3週間でこなしてくれています。
無理矢理ってのは可哀想だし、そこまでする必要あんの?
って自分でも思うんですが、、、なんか微妙な気分です。

近々、爪切りも自分でやってみる予定です。

そんでもって、苦労はこれだけじゃ〜ないんです。
またまた3に続きますよ〜(涙)。

posted by Misuzu at 23:01| 埼玉 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ウサギを飼って苦しむ

というわけで、迎えてからしばらくの間は苦しんでいました(笑)。
最近ユトリが出てきたので、ちょっと纏めて書いてみようと思います。

初日は、猫を被ったように大人しかったんですが、
2日目以降は環境に慣れたのか、だいぶ動き回るようになりました。
一日中、狭いケージに閉じ込められっぱなしで可愛そうなので、
まずは室内を自由に歩かせてみました。そうしたら、、、
「あっちに行きたい、こっちに行きたい」と、
色々な隙間をみつけては潜りこみ、その先にあるコード類に齧りつき…

もう、やーめーてー!の連続。

きりがないから、部屋の3分の1くらいダンボールで仕切って、
自由に動いても良いスペースを与えてみました。
が、そこにはイエコハウスがあります。
あろうことか、イエコハウスの下3〜4cmの隙間を、あっさり潜っていきます。
そしてそこには、イエコ達のためのヒーターのコードが…。

DANGER!

というわけで、潜りこめないように詰め物をするも、
それをどかそうと、掘ったり齧ったりするので、目が離せません。
ある日、隙をついてイエコハウスの中に侵入したこともあったりして、
パネルヒーターで火傷しやしないか、冷や汗が出ました。
イエコハウスの横にあるちょっとした隙間も、
ビニールを押しのけて進んでしまい、裏側に潜って出てこない、とか。
何度ダメだと言ったところで聞くわけもなく。。。

ウサギってバカなんだと、本気で思いました。

でも、「掘る・潜る・齧る」は、本能だから仕方ありません。
それをやめろと言ったところでムリな話です。
人間のほうが知恵を絞って、齧られてはいけないものは守り、
掘られてはいけないところは掘れないように工夫すればいい…
いうわけで、イエコハウスの下部はダンボールで覆いをして、
水の入ったペットボトルを横にして置きました。
ハウス横の隙間も、ペットボトルを立てておいたら、効果てきめん。
ペットボトルには歯がたたないので、簡単に諦めました。

すると、ダンボールの仕切りにターゲットを変え、
ビリビリにし始めました。

DVC00004.JPG


こんどはそっちかよ!

仕切りに穴があいたら大変です。
というわけで、そのポイントには、追加のダンボールで補強。
すると、掘る・齧るポイントは別の場所に…と切り替わっていきます。
八つ当たりをして、ティッシュが掘られたことも。。。

DVC00354.JPG

そんなに噛みたいならと、リンリンボールなるものを与えてみた。
が、たいして遊ばず…紐を壊してオシマイ。
この子の母親は、ものの数時間で破壊するというのに。。。

DVC00346.JPG

何か新しいものを置くと、すぐに興味を示して近づいてきます。
それなら、別なものを置いて興味を引けばいい。
ということで、ロール紙をぐしゃぐしゃにしたものを置いてみた。
これも効果てきめん。すぐに噛み始めました。

DVC00027.JPG

うちのウサギは、ガサガサと音のするものが大好きなようで、
紙にまみれて元気に遊んでいます。
ビニール袋も大好きで、トイレの掃除の時には寄ってきて、
しつこいくらい纏わりついて、カジカジ始めるので大変です。


と、、、苦労はこれだけじゃーないので、2へ続きますよ〜。
 
 
posted by Misuzu at 23:14| 埼玉 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ▼うさぎのしつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

こんにちは、新しいCyber-shot

ついに、新しいデジカメを買っちゃいました。

Cyber-shot DSC-F505は、10年間よく頑張ってくれました。
とっても使い勝手が良かったので気に入っていたのですが、、、
いまどき200万画素ってどーなのよ!?と悩んでいたのでした。

買って数年は綺麗と絶賛されていたけれど、いまや激しく時代遅れ。
作成中のピグミーの写真集の仕上がりが非常に気になります。
10年間の集大成がコレってどーなのよ!?と落ち込みたくない(笑)

そんでもって、「鮮明な写真をお願いします」と、
大阪屋さんからのコメントもあって、こりゃ近々買おう!と決意。
でも、最近の機種って全然わかんないし、というか、
10年間まったく未チェックだったもんで、、、
いざ買ってみて使えなかったらどうしよう?と、かなりの恐怖。

今日は池袋に、お気に入りの紅茶(マリアージュフレール)と、
銀のぶどうの"炎のチョコレート"(激うま!)を買いに出てたついでに、
ヤマダ電機でデジカメのリサーチを…と、かるっと寄ってみました。

売り場で手に取ってみたら案の定、

使い方が全くわかんないし!

店員さんにあれこれ散々聞きながら、
ちょっとずつ、なんとなく慣れてきました。

お気に入りの機能も備わっているし、接写にも強くなっているし、
連写もできるし、夜景にも強く、etc...というわけで、速攻購入決定。
リサーチだけのハズだったんですけどね(笑)。

Cyber-shot DSC-HX1

さいばー.jpg

また10年使えるかなぁ?
楽しく嬉しく使っていきたいです。

ところで、画素数がめっちゃ良くなった分、
容量をどれくらい食うのだか、全く勝手がわかりません。
HPに載せる場合とかも、リサイズとかが面倒臭そうです。。。
 

ピグミーの写真集の最後のページは、
10年間頑張ってくれたカメラの写真で締めたいと考えています。
 
   
タグ:Cyber-Shot
posted by Misuzu at 23:44| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

魚の餌を部屋にぶち撒く

久々のおばかネタです。

いつかはやると思っていました。
で、先ほど、見事にやっちまいました。。。

魚の餌をぶち撒いちゃったよ

よりによって、高いところから…。

惨状.jpg


イエコのために砕いた鯉の餌で、ほとんど粉状です。
イエコの世話をしている途中、蓋を開けたまま机の上に仮置きし、
調べごとを始めてしまい、、、ひっかけました。

この時間じゃ掃除機に働いてもらうわけにもいかず…。
臭いんだけど、朝までこのまま我慢します。。。(号泣)
 

え、部屋が汚いって!?
あぁ、これ…オンナの部屋じゃーないからっ(^^;

今週末、岡山からピグミー仲間が遊びに来てくれるので、
それまでにキレイに片付けます。はい。。。
 
  
posted by Misuzu at 23:38| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | おばか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ピグミーの写真集を作ってみる

 
「纏めます、纏めます」と言い続けて、何年経つのかな。
モノグサが祟って、画像を撮りためたまま、HPも放置プレイで。

画像の整理はおおかたできたので、せっかくだから、
この際、写真集でも作ってみようと思って、只今編集中です。

でも、、、

レイアウト苦手!大嫌い!

だもんで、躓いてて全っっっ然先に進まないんですけど〜(涙)

無題.jpg

…やっぱし、こーゆーことは向いてないなぁ。
はたして、無謀な夢は叶うのやら?(笑)
 
 
posted by Misuzu at 19:22| 埼玉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ピグミードロセラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

ヤエヤマサソリの脱皮不全

 
ついに、恐れていた脱皮不全が起きてしまいました。

いつまでも脱皮殻をつけて歩いているのがいて、
気になって、そっと取ってみたら…鋏がありません。

片手だけで食べていけるんでしょうか。
さすがに心配です。。。

DVC00311.JPG


posted by Misuzu at 20:24| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ヤエヤマサソリを飼って苦しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。